2024年の極東ロシアに関する報道

  2023年の報道   2022年の報道  2021年の報道
  2020年の報道  2019年の報道   2018年の報道  2017年の報道   2016年の報道  2015年の報道
  2014年の報道  2013年の報道   2012年の報道  2011年の報道   2010年の報道  2009年の報道
  2008年の報道  2007年の報道   2006年の報道  2005年の報道   2004年の報道  2003年の報道

年 月 日
出   典
標       題
要             旨
2024.07.12
 18:35
時事通信

(Yahoo)

中ロ軍が合同演習 「海の脅威に共同対処」 <2408-071215>
 中国国防省が12日、ロシア軍との合同演習「海上連合2024」7月中旬まで実施すると発表した。 同省報道官は、年次計画に基づく演習で「海洋安全保障上の脅威への共同対処能力」を示すことが目的と説明した。
 演習場所は広東省周辺の海空域としている。
2024.07.09
 14:39
Reuters 通信

(Yahoo)

ロシアと中国の軍艦がフィリピン海で不審船検査の訓練=タス通信 <2408-070913>
 ロシア国営TASS通信が、ロシア太平洋艦隊のコルベット艦Sovershennyと中国艦フィリピン海での哨戒中訓練を行ったと発表したことを明らかにした。
 Sovershennyが中国海軍の分遣隊とともにフィリピン海の共同哨戒中に不審船を検査する訓練を行った」としている。 不審船についての詳細は明らかにされていない。
2024.06.19
 23:02
FNN Prime News

(Yahoo)

ロシア軍艦艇が津軽海峡を通過し太平洋へ 駆逐艦と戦車揚陸艦の計3隻 自衛隊は警戒監視 <2407-061920>
 防衛省が19日、ロシア艦3隻が津軽海峡を太平洋に向けて通過したことを確認したと発表した。
 防衛省によると、18日07:00頃に海上自衛隊が北海道の渡島大島の南西50kmの海域で、東に向かって進むロシア海軍の駆逐艦1隻と、LST 2隻の計3隻を確認した。 その後、3隻は北海道と青森県の間の津軽海峡を通過し、太平洋へ向けて航行した。
 ロシア国防省は18日、日本海や太平洋、オホーツク海で演習を28日まで実施すると発表していて、水上艦や潜水艦など約40隻と航空機20機余りが参加して潜水艦への対応を想定した訓練を実施する他、ミサイルの発射やUAV攻撃の撃退など、実践的な戦闘訓練を行うとしている。
2024.06.19
 05:18
毎日新聞

(Yahoo)

ロシア、日本海で演習 艦船40隻など参加 <2407-061903>
 ロシア国防省が18日、太平洋艦隊太平洋と日本海、オホーツク海で計画されている演習を開始したと発表し、同艦隊が司令部を置く極東ウラジオストクの港から艦船が演習を行う海域に出港する様子の動画も公開した。 演習は28日まで続く。
 艦船約40隻や、長距離対潜哨戒機Tu-142MZなどの航空機やヘリコプター約20機のほか、
ASCM BalやBastionの部隊も参加して、対潜水艦作戦や、海上での船の護衛、模擬敵へのミサイル攻撃、UAV攻撃撃退といった訓練をするという。
2024.05.04
 18:03
讀賣新聞

(Yahoo)

北方領土と千島列島に監視拠点を建設…ロシアが沿岸部の通信能力強化、日米の連携を意識か <2406-050411>
 TASS通信が、ショイグ露国防相が3日の露軍の会議で、クリル諸島(北方領土と千島列島)に複数の監視拠点を建設していると明らかにしたと報じた。 海軍の対処能力向上のため、露軍は沿岸部の通信施設の能力向上を進めており、その一環というが詳細は明らかにしなかった。
 ショイグ国防相は、ウクライナ侵略で黒海艦隊が同様の施設で情報収集し、UAVの撃墜につなげていると説明した。
 自衛隊と米軍の連携強化を意識した動きである可能性がある。
2024.04.02
 21:38
共同通信

(Yahoo)

日本海上空を10時間飛行 ロシアの戦略爆撃機 <2405-040221>
 InterFax通信がロシア国防省が2日、Tu-95MS 2機が日本海の公海上を約10時間哨戒飛行したと発表したと報じた。 複数のSu-30が随伴したという。
 Tu-95MSは1月にも日本海上空を長時間飛行している。
2024.03.20
 16:36
Reuter 通信

(Yahoo)

ロシア軍太平洋艦隊、日本海で演習実施 <2404-032010>
 InterFax通信が、ロシア海軍太平洋艦隊が20日に極東沖のピョートル大帝湾日本海演習を実施したと発表したと報じた。 演習が実施された時期や期間は不明である。
 コルベット艦アルダル・ツィデンジャポフグロムキーソベルシェンヌイなどが参加し、USVやUAVによる攻撃を撃退する訓練を行った。
【註】
 この記事で3隻をコルベット艦としているが、露海軍ではProject 20381警備艦としており、Wikipediaではフリゲート艦として扱っている。
2024.01.30
 08:23
ロイタ通信

(Yahoo)

ロシア軍艦、南シナ海で対潜水艦訓練を実施=通信社 <2402-013007>
 ロシアの通信社が、ロシア太平洋艦隊のフリゲート艦Marshal Shaposhnikov南シナ海で対潜水艦訓練を行ったと報じた。
 Marshal Shaposhnikov巡洋艦Varyagなど太平洋艦隊艦は、アジア太平洋地域を含む長距離航海に出ているという。 国営ロシア通信 (RIA) は、これらの艦船が22日にウラジオストクの港を出港したと報じた。
【註】
 この記事ではMarshal Shaposhnikovをフリゲート艦としているが、Marshal Shaposhnikovなど満載時排水量7,570tのUdaloy級は駆逐艦とされている。
2024.01.17
 14:02
讀賣新聞

(Yahoo)

ロシアの戦略爆撃機、日本海公海上を7時間飛ぶ…国防省「国際規則に厳密に従った」 <2402-011714>
 TASS通信などによると、ロシア国防省が16日に、露航空宇宙軍のTu-95MS 2機が、日本海の公海上を7時間にわたって飛行したと発表した。 Tu-95MSにはSu-35SとSu-30SMが護衛についたという。
 同省は「国際規則に厳密に従って行われた」として、定期的な飛行だと主張した。