2024年のパキスタン情勢に関する報道

  2023年の報道  2022年の報道
     2021年の報道  2020年の報道     2019年の報道  2018年の報道   2017年の報道  2016年の報道
  2015年の報道  2014年の報道   2013年の報道  2012年の報道   2011年の報道  2010年の報道
  2009年の報道  2008年の報道   2007年の報道  2006年の報道   2005年の報道  2004年以前の報道

年 月 日
出   典
標       題
要             旨
2024.04.15
 16:25
時事通信

(Yahoo)

パキスタン南西部で続くテロ バスを止めて乗客を拉致殺害 <2405-041507>
 パキスタン警察が、同国南西部のバルチスタン州の幹線道路でバスを止め、乗客8人を拉致・殺害した武装4人組を捜索している。 警察によると、同じ4人組はこれより先にも車を止めて、2人を殺害、6人に負傷を負わせている。
 事件が発生したのは4月12日で、現場となった独立を求める分離主義者による反政府運動の舞台となってきたバルチスタン州である。
 警察は犯行現場から5kmほど先の橋の下で、8人の遺体を発見・収容した。
 バロチスタン州では、武装グループは警察や軍隊、インフラを攻撃目標にしており、拉致や誘拐はむしろ稀だという。
【関連記事:2404-032708 (AP 2024.03.27)】
2024.04.10
 11:51
The News Lens

(Yahoo)

中国からの借金1位はあの国 トップ20上位はアフリカ勢もずらり <2405-041014>
 中国が推し進めてきた巨大経済圏構想「一帯一路」に参加した途上国が、インフラ開発などのために中国から巨額の資金を借り入れ、膨れ上がった対中債務の問題が指摘されて久しい。
 その融資残高の総額は、元金だけで$11T(約166兆円)とも推測されている。
 そんな中、米投資情報サイト
Insider Monkeyが、対中債務残高が多い国トップ20をまとめた。
 ・20位 アルゼンチン  $2.86B
 ・19位 モンゴル    $3.02B
 ・18位 ブラジル    $3.38B
 ・17位 コンゴ共和国  $3.42B
 ・16位 南アフリカ   $3.43B
 ・15位 カメルーン   $3.78B
 ・14位 コートジボワール$3.85B
 ・13位 ベラルーシ   $3.92B
 ・12位 カンボジア   $4.01B
 ・11位 エルアドル   $4.14B
 ・10位 ナイジェリア  $4.29B
 ・ 9位 エジプト    $5.21B
 ・ 8位 ラオス     $5.25B
 ・ 7位 バングラデシュ $6.05B
 ・ 6位 ザンビア    $6.08B
 ・ 5位 ケニア     $6.69B(1兆 142億円
 ・ 4位 エチオピア   $6.82B(1兆 339億円
 ・ 3位 スリランカ   $8.84B(1兆3,402億円
 ・ 2位 アンゴラ    $20.98B(3兆1,807億円
 ・ 1位 パキスタン   $26.60B(4兆 328億円
2024.03.27
 12:43
AP News

(Yahoo)

中国人労働者狙った自爆テロ バルチスタン解放軍関連か <2404-032708>
 パキスタン北西部カイバル・パクトゥンクワ州山岳道路で3月26日、中国人建設関係者5人が乗った車両爆薬を積んだ車が激突し、関係者全員とパキスタン人運転手1人が死亡した。 テロ事件が起きたのは同州シャングラで、死亡した中国人はパキスタン最大のダス水力発電用ダム建設に携わる作業員と技術者だった。 アフガニスタンと国境を接するこの地域では、ここ数年パキスタンのタリバンがテロ活動を活発化させている。
 このテロ事件より一週間前、南西部バルチスタン州にある中国資本で建設されたグワダル港付近で、パキスタンからの独立を目指すバルチスタン解放軍の過激派8人が、中国人を乗せた車列を銃撃し、過激派はパキスタン治安部隊に殺害された。
 シャングラでは、数千人の中国人が道路建設、発電所、農業など多数の中国・パキスタン経済回廊関連のプロジェクトに従事している。
 中国・パキスタン経済回廊は中国の一帯一路構想の一部であり、現在最悪の経済危機に直面している資金難のパキスタン政府にとっては生命線であるが、経済回廊関連のプロジェクトで働く中国人に対するテロ活動が増加している。
 パキスタン南西部でイラン、アフガニスタンと接するバローチー語を話すバローチ人が暮らすバルチスタンは、パキスタン国土の4割を占めるが人口は5%に過ぎないものの、石炭、天然ガス、クロムなど豊富な資源に恵まれており、バルチスタンのバルーチ人はパキスタンと中国に富を収奪されているという意識を持っている。
 インド・パキスタン地域では1840年にイギリス軍が侵攻し、バルチスタン地域は1854年に条約を結んでギリス保護領バルーチスターンとなった。
 1947年にイギリスのインド統治が終了すると、元々インドの一部ではないのでインドやパキスタンには参加せず、イギリスやパキスタンもカラート藩王国の独立を認め、1952年にバルーチスターン藩王国連合として独立させ、議会や内閣を設置した。 しかしパキスタンの軍事的圧迫(バルーチスターン紛争)に抗すことができず、藩王は併合条約に調印し、パキスタンに併合された。
 その後もしばらく内政自治は続いていたが権限は大幅に縮小され、1955年には藩王国自体が名目上も消滅させられた。
2024.01.28
 04:59
共同通信

(Yahoo)

イランでパキスタン人9人殺害 南東部国境近く、犯人逃走 <2402-012801>
 イラン国営通信が、パキスタンとの国境に近いイラン南東部シスタンバルチェスタン州パキスタン人の居住地サラバンで27日、銃で武装した3人がパキスタン人に向けて発砲し、9人が死亡、3人が負傷したと報じた。 犯人は逃亡した。
Saravan の位置 (Google Map)】
 イランとパキスタンは今月中旬、互いの領内の反政府武装勢力を攻撃したが、パキスタンが召還した駐イラン大使が任地に戻るなど緊張緩和が進んでおり、イランのアブドラヒアン外相は29日にパキスタンを訪問することになっていた。
2024.01.19
 05:24
ロイタ通信

(Yahoo)

イラン、パキスタンと良好な関係を保つと確約 ロシアなど自制呼びかけ <2402-011906>
 イラン外務省が18日にパキスタンと良好な隣人関係を保つ確約する声明を発表した。 しかし同時に、パキスタンがイラン領内にテロリストの拠点を設置することを阻止する必要があると強調した。
 イランが16日にパキスタン領内の武装組織拠点を攻撃したことを受け、パキスタンが18日にイランのシスタンバルチェスタン州で武装勢力を目標に攻撃を行ったと表明したのを受け、ロシアが両国に対し最大限の自制を示し外交を通じて意見の相違を解決するよう要請した。 ザハロワ外務省報道官は、両国が共に地域協力組織上海協力機構 (
SCO) の加盟国であるとして「パートナーシップ関係を発展させている友好的なSCO加盟国の間でこうした事態になっていることは遺憾だ」と述べた。
 トルコもイランとパキスタンに加え、イラクに自制と良識を示すよう呼びかけている。
2024.01.19
 05:03
Defense News Pakistan’s Air Force says it has a hypersonic-capable missile <2402-011905>
 パキスタン空軍が極超音速ミサイル能力の存在を明らかにし、極超音速ミサイルは進化する脅威に対抗するためのより広範な近代化の取り組みの一環であるとした。  これについて
IISSの軍事専門家ライト氏は、パキスタンの極超音速ミサイルは新兵器ではなく、同国が5年前にJF-17用に入手したCM-400AKGである可能性が高いと述べた。
 CM-400AKGを製造した中国航空工業集団公司によると、CM-400AKGはMach 5以上の極超音速で飛翔できるという。
2024.01.18
 13:27
時事通信

(Yahoo)

パキスタン、イラン領内を攻撃 9人死亡、越境攻撃の報復か <2402-011808>
 パキスタン外務省が18日、パキスタン軍が同日朝に隣国イラン南東部シスタンバルチェスタン州を攻撃し、複数人を殺害したと発表した。 イランメディアによると複数回爆発があり、少なくとも9人が死亡した。
 イラン革命防衛軍が16日にパキスタンを越境攻撃したことへの報復とみられる。
2024.01.18
 06:53
時事通信

(Yahoo)

イラン革命防衛隊大佐、射殺される スンニ派武装勢力が犯行主張 <2402-011804>
 イラン国営メディアによると、革命防衛軍の大佐が17日に南東部シスタン・バルチスタン州で何者かに射殺された。 イランのイスラム教スンニ派反政府武装組織Jaish al-Adlが犯行を主張している。
 イランが16日にパキスタンにある同組織の拠点をミサイルやUAVで攻撃したことへの報復とみられる。
2024.01.17
 06:18
時事通信

(Yahoo)

イラン革命防衛隊、パキスタンも攻撃 子供5人死傷 <2402-011705>
 イラン革命防衛軍 (
IRGC) に近いTasnim通信が、IRGCが16日にパキスタンの南西部バルチスタン州にあるテロ組織の拠点2ヵ所をミサイルやUAVで攻撃したと報じた。
 イラン南東部ラスクで2023年12月に警察署が襲撃され、警官11人が死亡したことへの報復攻撃とみられる。
 パキスタン外務省は17日付の声明で、攻撃で子供2人が死亡し、3人が負傷したと発表し、「イランによる領空侵犯を強く非難する。 主権の侵害は受け入れられない」と反発した。