安全保障に関する最近の報道

= 本資料はあくまでも記事紹介のダイジェストです。 引用等をされる方は必ず原典で 本文をご確認下さい。

アクセスカウンター
年 月 日
出   典
標       題
要             旨
2021.08.01 産経新聞

(Yahoo)

日米空挺部隊がグアムで共同訓練 国内発→海外への直接降下は初 <2109-080104>
 陸上自衛隊第1空挺団が7月29~30日に、沖縄に駐留する米陸軍特殊部隊と米領グアムのAndersen AFBで空挺降下する共同訓練を実施した。 空挺団が米軍機で国内を出発し、そのまま直接海外で空から降下するのは初めてである。 訓練は敵の島嶼部への侵攻に対処する想定で、中国が活動を活発化させている南西地域の態勢を強化するため、日米の即応力を強める目的がある。
 第1空挺団の部隊は29日深夜に横田基地を米輸送機2機で出発して、飛行場を確保するという想定で30日早朝にAndersen AFB上空数百米から降下し、一連の行動を確認した。
 空挺団はアラスカ州で米陸軍と行ったArctic Auroraに参加して海外での降下経験を積んでいるが、その際は現地で航空機を乗り換えている。
2021.08.01 FNN Prime

(Yahoo)

週明け 英 最新空母と共同訓練 日米英豪 日本南方海域で <2109-080103>
 防衛省関係者によると、海上自衛隊が英空母Queen Elizabethと共に米英豪と週明けから日本の南方海域共同演習を行う。
 また8月下旬には、航空自衛隊那覇基地のF-15とQueen Elizabeth搭載F-35Bなどによる日米英3ヵ国の訓練が、沖縄周辺の空域で行われる。
 英空母展開に合わせた一連の訓練は、海洋進出を図る中国を牽制する狙いもあるとみられる。
2021.08.01 Taiwan News

(Yahoo)

Taiwan military to design new armored vehicle <2109-080102>
 台湾国防省装備局が7月31日、105mm砲搭載の
ACVを開発する計画であると発表した。
 陸軍は当初、120mm砲搭載ACVを要求していたが、120mm砲搭載ACVは世界でも開発中で、105mm砲が広く採用されていることから105mm砲搭載に決まった。
 国防省は3月に、NCSISTが研究開発の参考として米国からM68A2戦車砲2門を購入したことを明らかにしている。
【註】
 M68A2は英Royal Ordnance社が開発したL7 105mm戦車砲で、世界中でMBTの主砲に採用されている。 因みに我が国の74式戦車もL7A1を採用し、16式機動戦闘車の砲もL7を元にしている。
2021.08.01 共同通信

(Yahoo)

米国務長官、ASEAN会議へ 中国・ミャンマー巡り応酬も <2109-080101>
 米国務省が7月31日、ブリンケン長官が8月2日から始まるASEAN関連のオンライン会合に出席すると発表した。 中国やミャンマー情勢などで、激しいやりとりとなる可能性がある。
 バイデン米政権は民主主義の重要性を掲げ、中国など専制主義国家と対峙する上で東南アジアやインドを重視する姿勢を鮮明にしている。 ただ、ASEANはミャンマーや軍政の流れをくむタイ、社会主義のベトナムなど多様な国家を擁し、加盟国ごとに米国との間に大きな温度差がある。
2021.07.31 時事通信

(Yahoo)

米、対北朝鮮密輸タンカー接収 シンガポール人所有 <2108-073101>
 米司法省が30日、北朝鮮への石油製品密輸に関わったとして、シンガポール人の男が所有するタンカーを接収したことを明らかにした。 タンカーは国連安保理の北朝鮮制裁決議に違反し瀬取りを行っていたという。 カンボジア当局が2020年3月に米国の差し押さえ状に従ってタンカーを拿捕していた。 米当局はシンガポール人の男を訴追し行方を追っている。
 司法省によると、タンカーは2019年8月~12月にかけ、位置情報の伝達装置を違法に止め、$1.5M相当以上の石油を瀬取りで制裁対象の北朝鮮の船に移した。
2021.07.30 Stars & Stripes Pair of Royal Navy warships will begin patrolling Indo-Pacific region this summer <2108-073007>
 英国防省が7月21日、8月からアジア太平洋にRiver級外洋哨戒艦2隻を常駐させることを明らかにした。 派遣されるのはPortsmouthを母港とするSpeyTamarで、派遣間は日豪及びシンガポールから支援を受けるという。
 全長300呎弱、速力24kt、航続距離5,500nmのRiver級はOerlikon社製30mm砲1門、Oerlikon社製KAA200 20mm機関砲1門を装備するほかMerlinへり1機の着艦ができ、乗組員40名のほかに海兵隊員50名を乗艦させることができる。
2021.07.30 Inside Defense Lawmakers want MDA plan to accelerate AN/TPY-2 modernization <2108-073006>
 米議会下院軍事委員会戦略部隊小委員会がFY22の審議の中でMDAに対し、サウジアラビアへTHAADの一部として輸出されるAN/TPY-2レーダの能力向上を計画して報告するよう求めている。
2021.07.30 ロイタ通信

(Yahoo)

サモア新首相、中国支援の港湾開発の中止を正式表明 <2108-073005>
 サモアのマタアファ新首相が、中国が支援する$100Mの港湾開発事業取りやめる考えを正式に表明した。 サモアが抱える対外債務の内、対中債務は$160Mで全体の4割ほどを占めている。
 マタアファ新首相は5月にロイタに対して、既に多額の対中負債を抱えるサモアにとって過剰なプロジェクトだとし、同事業を見直す方針を示していた。
2021.07.30 共同通信

(Yahoo)

米比の地位協定は維持 両国防相、中国にらみ <2108-073004>
 フィリピン訪問中のオースティン米国防長官が30日にロレンザーナ国防相と会談し、フィリピンが破棄を一方的に通告していた同国での米兵の法的地位を定めた訪問軍地位協定について、今後も維持されると会談後の記者会見で明らかにした。
 地位協定はドゥテルテ政権が昨年2月に破棄を一方的に通告したが、最終的な破棄決定は保留していた。
2021.07.30 WoW! Korea

(Yahoo)

米韓合同軍事演習の「中断・縮小論」に…韓国国防省は 繰り返し「米国と協議中」 <2108-073003>
 南北通信線の回復により 来月行われる米韓合同軍事演習の実施が注目される中、韓国国防部は米国と緊密に協議中という立場を繰り返している。
 韓国国防部報道官は29日、南北間の通信線再稼働による演習の中断や縮小を観測している報道についての質問に対し、下半期の合同指揮所訓練の時期、規模、方式はまだ確定されていないと答え、COVID-19感染の拡散状況、連合防衛態勢の維持や戦時作戦統制権についての調整、朝鮮半島非核化と恒久的平和定着のための外交的努力支援などを総合的に考慮して、米韓間で緊密に協議していると強調した。
 北朝鮮が昨年6月 一方的に遮断した南北間の通信回線が13ヵ月ぶりに回復したことで、軍の内外では北朝鮮が反対している米韓合同演習の延期や規模の縮小の可能性が取りざたされている。
2021.07.30 産経新聞

(Yahoo)

ドイツ、南シナ海にフリゲート艦派遣発表 8月出航 <2108-073002>
 ドイツ国防省が29日、フリゲート艦Bayernを8月2日にインド太平洋に派遣すると発表した。 発表によるとBayernはビルヘルムスハーヘンを出港し、2月22日まで航海を続ける。
 中国の軍事拠点化が進む南シナ海を航行するほか、日米やオーストラリア、シンガポールとの合同訓練を予定している。 中国への寄港を検討していると報じられていたが、発表文には記されていない。
 インド太平洋では合同訓練のほか、国連安保理決議に基づき、北朝鮮船の違法な瀬取りに対する監視活動を行う。 ドイツは昨年、インド太平洋戦略を策定しており、艦船派遣には、地域の安全保障に関与する姿勢を示す狙いがある。
2021.07.30 時事通信

(Yahoo)

英空母打撃群、南シナ海入り 同盟諸国と訓練へ 国防省 <2108-073001>
 国防省が29日、東アジアに向けて航行中の英空母Queen Elizabeth
CSG南シナ海に入ったことを確認した。
 同省報道官は時事通信に、CSGは合法的に南シナ海を航行しており、フィリピン海で同盟諸国やパートナー国と訓練を行うため、公海上の最も直近の航路を通っていると表明した。 
2021.07.29 Inside Defense House subcommittee wants continued study of layered homeland defense <2108-072907>
 米議会下院軍事委員会戦略兵力小委員会がFY22予算審議で国防総省に対し、SM-3 Block ⅡA米本土BMDへの活用について検討を続けるよう要求している。
2021.07.29 RKB 毎日放送

(Yahoo)

南シナ海規範、一部で暫定合意 「懸念」は維持 ASEAN会議声明案 <2108-072906>
 北九州空港にある第7管区海上保安本部航空基地に、全長約20mのFalcon 2000新型ジェット機が配備された。 航続距離が長く高性能レーダで広い範囲を監視することができるため、災害時の情報収集などの活躍が期待されている。 海上保安庁の航空基地は昨年4月に福岡空港から24時間体制で運用可能北九州空港に移転し、現在ジェット機2機を含む11機が配備されていて、那覇航空基地とともに中国が活動を活発化させる東シナ海を警戒する2大拠点にする。
2021.07.29 時事通信

(Yahoo)

南シナ海規範、一部で暫定合意 「懸念」は維持 ASEAN会議声明案 <2108-072905>
 ASEANが8月2日にTV会議形式で開く外相会議共同声明案が29日に明らかになった。 中国とASEANが策定中の行動規範について、序文は暫定合意に達したと記し、交渉の進展を強調している。
 一方で、地域の平和と安定を損ないかねない土地の埋め立てや深刻な出来事に対し、一部閣僚が懸念を表明と明記して懸念の表現を引き続き盛り込み、名指しは避けながらも海洋進出を強める中国を牽制している。
 行動規範をめぐってはCOVID-19感染拡大で交渉が遅れ、中国が目標として掲げた今年中の妥結は困難との見方も広がる。
2021.07.29 毎日新聞

(Yahoo)

中国とタリバンが接近 米軍撤収後のアフガンに向け思惑一致か <2108-072904>
 アフガニスタンから8月末で米軍が完全撤収するのを前に力タリバンと中国が接近している。 28日には中国の王毅国務委員兼外相がタリバン幹部と天津で会談し、アフガン情勢の安定などについて意見交換した。
 タリバンがアフガン政府に攻勢をかけて支配地域を拡大するなか、米軍撤収後のアフガンでの影響力拡大を図りたい中国側と、中国からの支援を引き出したいタリバン側の思惑が一致した。
 会談で王外相は、タリバンはアフガンで決定的な力を持つ軍事、政治勢力であり、アフガンの和平、復興の過程で重要な役割を発揮することが見込まれると評価した。
2021.07.29 Focus 台湾

(Yahoo)

台湾を中国の一部とする地図を禁止 米下院、国務省歳出法案可決 <2108-072903>
 米下院が28日、FY22の国務省対外活動関連計画歳出法案を可決した。 同法案は賛成217、反対212で可決され、今後上院に送られて可決されればバイデン大統領の署名を経て成立する。
 この日の議会では、共和党のティファニー議員やシャボット議員ら親台派議員5人が法案に、政府に対して台湾を中国の一部とした地図の作成などを禁止する修正案を提出した。 修正案は口頭による採決の方式で全会一致で可決され、歳出法案に盛り込まれることが決まった。
2021.07.29 時事通信

(Yahoo)

米軍艦、台湾海峡を通航 <2108-072902>
 米海軍第7艦隊が28日、駆逐艦Benfoldが同日に国際法に基づいて台湾海峡を通航したと発表した。
2021.07.29 時事通信

(Yahoo)

モザンビークへ派兵 過激派組織との戦い支援 南ア <2108-072901>
 南アフリカ国会が28日発表した声明によると、ラマポーザ大統領がテロ活動と暴力的な過激派組織との戦いを支援するためモザンビークへ1,500名の部隊派遣を認めた。
 モザンビークでは2017年からイスラム過激派組織による反政府活動が活発化、米NGOによると3,100人超が死亡し、近年は北部で攻撃が激化して近隣各国へ飛び火する恐れが高まっている。
2021.07.28 Defense News Ukrainian official reveals number of Ada-class corvettes on order from Turkey <2108-072812>
 ウクライナとトルコは2020年12月にトルコ製コルベット艦2隻をウクライナに売却することで合意しているが、駐イスタンブールのウクライナ総領事がトルコのTV番組で、売却されるのはAda級コルベット艦で、一番艦は2023年中に引き渡されると述べた。
 契約額は€200M ($236M) であるが、ワークシェアや搭載装備によっては変動する可能性があるという。
 全長99.44m、速力29ktのAda級コルベット艦はS70 Seahawkヘリを2機搭載でき、3Dレーダ、EOセンサ、
ESM装置、レーザ警報装置、魚雷探知/破壊装置、12.7mm機銃2丁を装備する。
 2018年7月にパキスタンから4隻を受注し、1月には4隻目の起工式が行われている。 4隻のうち2隻をトルコで、2隻をパキスタンで建造する。
【註】
 Ada級コルベット艦は2011年に就役した排水量2,300t、CODAG推進、速力31kt(Wikipediaによる)で、主砲はOTO Meralla社製76mm Super Rapid、レーダはSMART-S Mk.2 1基を装備している。
2021.07.28 時事通信

(Yahoo)

日米豪印の枠組み深化を 米印外相が会談 <2108-072811>
 インドを訪問中のブリンケン米国務長官が28日にジャイシャンカル外相らと会談し、対中牽制を念頭にした米印日豪の連携枠組み (Quad) での協力を深化させることを確認した。
 また、8月末の米軍完全撤収を前に激化するアフガニスタン情勢についても協議した。
2021.07.28 讀賣新聞

(Yahoo)

中国軍が南シナ海で軍事演習、英海軍の最新鋭空母をけん制 <2108-072810>
 中国共産党機関紙傘下の環球時報が28日、中国軍南シナ海の二つの海域演習を実施していると報じた。 また、中国広東省の海事当局は23日と26日、同省沖合の南シナ海海域で実弾射撃訓練などを26~28日と27~29日に実施するため、指定海域での航行を禁じる通達を出していた。
 英国が派遣した空母Queen Elizabethを牽制する狙いがあるとみられる。
2021.07.28 時事通信

(Yahoo)

アルメニア兵3人死亡 アゼルバイジャンと交戦 <2108-072809>
 アルメニア国防省によると、アゼルバイジャンとの国境で28日両国軍が交戦し、アルメニア兵3名が死亡した。 アゼルバイジャン側にも負傷者が出た。 ロシアの平和維持部隊の仲介で戦闘は停止されたという。
 アルメニアとアゼルバイジャンは昨年、係争地ナゴルノカラバフをめぐり軍事衝突してアルメニアが敗北したが、ロシアの仲介で停戦合意したものの、緊張が続いている。
2021.07.28 毎日新聞

(Yahoo)

太平洋諸島、先行き不透明 5ヵ国が PIF 脱退表明、存在感増す中国 <2108-072808>
 太平洋18ヵ国と地域で作る地域協力機構の太平洋諸島フォーラム (
PIF) からパラオなどミクロネシア地域の5ヵ国が脱退を表明し、関係国などと協議が続いている。 台湾と断交し中国と国交を樹立する国が増えているなか、この5カ国のうち3ヵ国は台湾と外交関係を維持しているが、脱退が現実となれば太平洋地域でのインフラ整備などを通じた中国の影響力がさらに増す可能性がある。
 PIFは1971年に結成され、オーストラリアやニュージーランドのほか太平洋の島嶼国家などが加盟して域内をまとめる一定の役割を担ってきたが、近年はフィジーにある事務局や大国である豪州の発言力が強まり、加盟国内でより小さい地域単位での経済・地域統合を目指す動きも出ていた。
2021.07.28 産経新聞

(Yahoo)

初の日米台戦略対話、29日開催で調整 対中結束強化へ <2108-072807>
 日米台の有力国会議員による初の日米台戦略対話が29日にウエブ会議形式で開かれる方向で調整されている。 当初は昨年5月の蔡総統の就任式に合わせて台湾で対面方式で行う予定だったが、COVID-19蔓延で断念していた。
 戦略対話は安倍前首相が顧問を務める超党派の日華議員懇談会が主催し、初会合では今後の議題について話し合われる予定で、安全保障、半導体などのサプライチェーン確保、国際機関への台湾の参加などを目指している。 日華懇関係者は、正式な外交関係がない台湾とは政府の活動に限界があるため、議員外交でサポートしたいと話している。
2021.07.28 産経新聞

(Yahoo)

メキシコがキューバに支援物資 米制裁を「非人道的」と批判 <2108-072806>
 メキシコ左派政権を率いるオブラドール大統領が27日、COVID-19危機で電力や食料、医薬品が不足し困窮するキューバへの人道支援を本格化したと発表し、ロイタ通信によると軽油10万バレルを積んだメキシコ国営石油会社の船が26日にハバナ港に到着した。 27、28両日もメキシコのカリブ海に面したベラクルス港から食料品や酸素ボンベ、医薬品を積んだ船が出発するという。
 オブラドール大統領は米国によるキューバへの経済制裁を非人道的と批判した。
2021.07.28 ロイタ通信

(Yahoo)

米へのサイバー攻撃、武力戦争の引き金となる可能性も=バイデン氏 <2108-072805>
 バイデン米大統領が27日、主要国と本物の武力戦争が起きるとすれば、米国に対する大規模サイバ攻撃が引き金となる可能性があると述べ、ロシアと中国がもたらす脅威が拡大しているとの米政府の見解を強調した。
 米情報機関を統括する国家情報長官室 (
ODNI) の幹部および職員向けの演説で、甚大な影響があるサイバ攻撃が起きる可能性は「劇的に高まっている」と指摘した。
2021.07.28 時事通信

(Yahoo)

離島警備隊の訓練施設整備へ 沖縄、尖閣上陸に対処 警察庁 <2108-072804>
 警察庁が令和4年度以降、尖閣諸島への不法上陸事案などに対処するため沖縄県警に昨年発足した国境離島警備隊訓練施設県内に整備する方針を固めた。 施設の設計費約5億円を既に今年度予算に計上しており、災害発生時に救助に当たる機動隊なども活用する予定で、完成には数年かかるとみられる。
 警備隊は2020年4月に武装集団らによる不法上陸を想定し、警視庁など他の都道府県警からの出向者を含む総勢150名で発足した。 自動小銃を装備し、20名程度を輸送できる大型ヘリ沖縄、福岡両県警に計2機配備した。
 尖閣諸島の警備は警察官も乗船する海上保安庁の巡視船が担っており、不法上陸が図られた場合には海上では海保が阻止し、島に上陸した際は警備隊が検挙するなどする。 集団が威力の強い銃器で武装するなど警察の対処能力を超えるケースでは自衛隊が対応する。
2021.07.28 時事通信

(Yahoo)

経済安保、一括法制定へ 半導体など供給網も強化 来年の国会提出で調整・政府 <2108-072803>
 政府が安全保障上重要な産業や技術への監督を強化するため、経済安全保障一括法の制定に向け調整に入った。 一括法は、外資による重要企業への1%以上の出資を事前審査する外為法を基盤とする方向で、内閣官房が原案策定を開始。 外為法を所管する財務、経済産業両省のほか、個別企業を監督する総務、国土交通、金融など各省庁も協議に加わる。 放送や通信、銀行などへの外資の出資やシステム整備を、経済安全保障の視点で監督できる仕組みを整える。
 外国資本による国内企業への出資を規制する外為法を軸に、放送、航空など個別業種に関連する法律の外資対応などを集約するもので、半導体をはじめとする戦略4品目の供給網強化策なども盛り込み、来年の通常国会への法案提出を目指す。
2021.07.28 TBS News

(Yahoo)

中国が中央アジアへの外交攻勢活発化 その狙いは <2108-072802>
 タジキスタンを訪問している中国の魏国防相が27日にラフモン大統領と会談し、アフガン情勢について、テロ対応で連携することを確認した。 中国は王毅外相も今月、タジキスタンなどを訪問するなど、中央アジアの国々への外交攻勢を活発化させている。
 中国は、米軍の撤退完了が来月末に迫るアフガンでの存在感を高めるとともに、国境を接する新疆ウイグル自治区に反政府勢力タリバンの影響力が波及するのを防ぎたい考えがあるとみられる。
2021.07.28 讀賣新聞

(Yahoo)

中国、ICBM 施設を増強か…ウイグル自治区に計110か所 <2108-072801>
 New York Times紙が26日、米専門家が民間衛星の画像を分析した結果、中国がICBM用とみられる地下施設新疆ウイグル自治区の砂漠地帯に110ヶ所建設していることが分かったと報じた。 建設は3月に始まったという。
 専門家は、サイロの建設はこれまでで最大の核兵器増強とみなされると指摘しているが、別の専門家によると米軍の攻撃に備え、囮も含めミサイルの数以上のサイロを作っている可能性もあるという。
 6月には米国の別の研究機関による衛星写真の分析で、甘粛省でサイロとみられる施設が約120ヶ所建設されていることが判明している。 米国防総省は昨年発表した年次報告書で、中国のICBM保有数を約100基と推計している。
2021.07.27 Inside Defense House authorizers seek details on weapons testing infrastructure needed for GBSD, LRSO <2108-072707>
 米議会下院軍事委員会戦略兵力小委員会が今週、国防総省の
GBSDLRSOHM防衛及びその他の兵器に関するインフラ整備としてFY22に要求している予算について、更に詳細な資料の提出を要求した。
2021.07.27 Inside Defense House panel recommends provision to reinstate MDA laser projects <2108-072706>
 米議会下院軍事委員会が、MDAがBMや
HM迎撃用のレーザ開発予算2件をFY22で復活させようとしている。
 国防総省は2年前にこの種開発を行わないと決めていた。
2021.07.27 Jane's 360 Taiwanese navy receives first improved Tuo Chiang-class corvette <2108-072705>
 台湾宜蘭県の龍德造船が7月27日、沱江(改)型高速コルベット艦塔江を公式に海軍へ納入した。 塔江は2020年12月15日に進水し、8月には就役する予定である。
 ウォータージェットで推進する双胴型ステルス形状の沱江(改)型高速コルベット艦は2023年までに6隻建造されるが、その後更に5隻の建造が計画されている。
【関連記事:2103-010608 (JDW 2021.01.06)】
2021.07.27 共同通信

(Yahoo)

サモア、23年ぶりに政権交代 女性首相、総選挙の勝利確定 <2108-072704>
 南太平洋サモアで4月行われた総選挙で明確な勝敗がつかずツイラエパ首相が退陣を拒否していた問題で、女性のマタアファ元副首相率いる野党FAST党の勝利がこのほど確定し、約23年ぶりの政権交代が実現した。 フィアメ氏は27日に政府庁舎に入り新政権を本格始動させた。
 サモアでは、ツイラエパ前政権がつくった対中国の巨額債務が問題化し、フィアメ新首相は中国が支援する$100M規模の港湾開発計画を棚上げする方針を表明している。
2021.07.27 讀賣新聞

(Yahoo)

「空母化」進める護衛艦いずも、米「F35B」発着訓練を年内実施へ…中国けん制の狙い <2108-072703>
 政府は、空母化に向けた改修を進める海上自衛隊の護衛艦いずもで、米海兵隊のF-35Bによる離着艦訓練年内にも実施する方向で検討に入った。
 米軍との共同作戦を想定したもので、東シナ海や太平洋への進出を強める中国を牽制する狙いがある。
2021.07.27 NHK フィリピン大統領 国際的な仲裁裁判の判断価値認めず <2108-072702>
 ドゥテルテ比大統領が26日に議会下院で6年間の任期中最後となる施政方針演説を行い、南シナ海問題で中国の主張を全面的に否定した国際仲裁裁判の判断についてその価値を認めない考えを最後まで強調した。
 この中でドゥテルテ大統領は、南シナ海問題で中国の主張を全面的に否定した国際的な仲裁裁判の判断について、国際法の一部で妥協の余地はないと述べ、中国を牽制したが、その後は一転して「こんな拘束力のない文書で、私にどうしろというのか。 本当の意味での仲裁裁判など存在しない」などとして、判断の価値を認めない考えを任期の最後まで強調した。
2021.07.27 日経新聞

台湾周辺の中国軍機侵入、過去3ヵカ月で半減 <2108-072701>
 中国軍機による台湾の防空識別圏(ADIZ)内を飛行した数は、4月16日の日米首脳会談を境に大きく減少した。 日経新聞の調べによると、過去100日間で台湾のADIZに侵入した中国軍機は延べ112機にとどまり、それ以前の3ヵ月間と比べて半分以下に減った。
 中国軍機が台湾の防空識別圏に侵入した数は、4月16日の日米首脳会談を境に大きく減少した。 会談後に出た共同声明では、52年ぶりに「台湾海峡の平和」が明記され、米国による台湾問題への関与の意思が明示されたため中国の反発も予想されたが、これまで抑制的な傾向が続いている。
 今年1月7日から4月16日までの100日間に中国軍機が台湾のADIZに侵入した日は70日を数え、10日間のうち7日間侵入するハイペースで、侵入した軍機も延べ248機を数えた。 一方、4月17日から直近の7月25日までの過去100日間でみると、中国軍機が侵入した日数は30%減の49日と大きく減少し、延べ機数も55%減の112機と大幅に減った。
2021.07.26 Jane's 360 Georgia outlines defence procurement priorities <2108-072611>
 ジョージア国防相が7月22日、2030年を目指した国防調達の優先事業計画"Action Plan of the Georgian Defence Force 2020-30"を公表した。 計画では2021年に米国からJavelin
ATGMを導入すると共に、優先度の高い事業としてUAV新型砲兵システムのほか、軍事インフラの整備を挙げている。
 またポーランド南アフリカ企業と国防省直営Delta STC社とで合弁企業を2022年に設立し、小型から大型までのUAVを生産してISTAR能力の向上を機刈るという。
2021.07.26 Jane's 360 Baykar Makina unveils MIUS UCAV concept <2108-072610>
 トルコBaykar Makina社MIUS
UCAV構想を公表した。
 機体は一対のカナード翼を持つが垂直尾翼を持たないV字尾翼と胴体一体の主翼を持つ形状でステルス性を強め、武器は機内弾庫に搭載する。
 搭載能力は1,500kgで、AAM、ASMのほかALCMも搭載できる。
2021.07.26 Defense News Turkey delivers first armed drone to Ukrainian Navy, much to Russia's ire <2108-072609>
 ウクライナ海軍トルコBaykar社から購入したBayraktar TB2 UAVが初めて納入された。 Bayraktar TB2は2019年に6機が$69Mで発注されていた。 ウクライナ海軍参謀長によるとTB2は2021年内に配備され、黒海やアゾフ海での任務に就く。
 ウクライナとトルコは2014年3月のロシアによるクリミア半島併合以来軍事的結びつきを強め、ウクライナのMotor Sich社トルコ軍のT129 Atakヘリ用エンジンを提供しているほか、トルコがI級フリゲート艦への装備を計画していたGE社製LM2500ガスタービンエンジンが米国の制裁で入手できなくなったことから、ウクライナZorya-Mashproekt社製のエンジンを搭載している。
2021.07.26 ロイタ通信

(Yahoo)

米中、首脳会談巡り協議せず 国務副長官が王外相と会談 <2108-072608>
 シャーマン米国務副長官が26日に天津で中国の王毅外相らと会談を行った。 米政府当局者によると、会談は4時間にわたったものの米中首脳会談の実現の可能性は議題として取り上げられず、具体的な合意は何も得られなかった。
 米政府当局者によると、副長官は会談で、香港、新疆ウイグル自治区、チベットなどにおける中国の行動のほか、サイバ攻撃などを巡る懸念を表明し、世界保健機関 (WH) が計画している2回目のCOVID-19起源調査に中国が協力的でないことに懸念を示した。
2021.07.26 共同通信

(Yahoo)

イラクで戦闘任務終了へ 年内に米軍、IS掃討 <2108-072607>
 米政府が26日、イラク駐留米軍年内に戦闘任務を終え、イラク軍などの訓練や助言に専念する見通しを明らかにした。 バイデン大統領とイラクのカディミ首相による26日の会談で合意する。
 米軍はアフガニスタンからの撤退も進めており、バイデン政権は長期化した米軍の国外駐留に終止符を打つことをアピールしたい考えで、10月のイラク議会選をにらんで米軍駐留に反対する世論を踏まえ戦闘任務終了を成果にしたいカディミ氏と思惑が一致した。
2021.07.26 産経新聞

(Yahoo)

露、北方領土の無関税特区検討 首相が択捉島で表明 <2108-072606>
 2019年8月のメドベージェフ前首相の択捉島訪問以来2年ぶりに択捉島を訪問したミシュスチン首相が26日、北方領土への投資呼び込みに向け各種税の減免無関税地区の設置を検討すると明らかにした。 首相は、今後プーチン大統領と協議し、案の具体化作業に入るとした。
 ロシアは2017年に色丹島に経済特区を設置しており、この案は特区を拡大するものである可能性がある。
2021.07.26 テレ朝 News

(Yahoo)

ロシアが北方領土での射撃訓練を通告 日本が抗議 <2108-072605>
 加藤官房長官が、ロシア政府が国後島周辺海域で6月27日から射撃訓練を実施するとした通告があったことを認めたうえで、ロシア側に抗議をしたことを明らかにした。 日本政府によると、ロシア政府は27日から7月末にかけて断続的に国後島周辺の海域で射撃訓練を実施すると通告してきたという。
 ロシア軍は今年2月と6月にも北方領土で大規模な軍事演習を行うなど、実効支配に向けた動きを強めている。
2021.07.26 共同通信

(Yahoo)

ロ首相、北方四島開発へ特区構想 各国投資を誘致、日本は苦境に <2108-072604>
 択捉島を訪問したロシアのミシュスチン首相が26日、ロシアが実効支配する北方四島に欧米なども含めた外国投資を誘致するため関税を免除する特別区を設置する構想を示し、現地の経済開発に本腰を入れる姿勢を鮮明にした。 プーチン大統領は首相の択捉島訪問に先立ち、構想を評価する考えを示していた。
 領土返還を求める日本にとって第三国の投資流入は問題を複雑化させ、解決を困難にする恐れがある。
2021.07.26 日刊工業新聞

(Yahoo)

国産・低価格で防衛庁に売り込み。3000kmの長距離を飛行できる無人機開発へ <2108-072603>
 フジ・インバック社が、航続距離3,000km滞空能力30時間UAVを2021年末までに開発する。 翼端長5m、重量45kg程度、価格は海外製に比べて安価な1億5,000万円程度に抑え、安価と国産を売りに防衛省など官公庁に売り込む。
 同社は2008年に世界で初めて南極でのUAV飛行に成功し、東日本大震災での福島第一原子力発電所上空からの空撮飛行したり、西之島火山観測の空撮飛行やJAXAの依頼による「はやぶさ2カプセル回収プロジェクト」参加など、数多くの無人機開発実績がある。
 同社は航続距離2,500km滞空能力24時間、搭載能力50kgのUAVは製作済みで、到達高度5,700mの記録を達成している。 この技術や経験を基に機体を軽量化してエンジンも改良して実現を目指す。
2021.07.26 時事通信

(Yahoo)

イスラエル、ガザを空爆 風船爆弾への報復か <2108-072602>
 パレスチナ治安当局筋が、イスラエル軍が25日にガザの北部と南部を空爆したことを明らかにした。
 ガザから飛ばされた発火装置付きの風船爆弾への報復とみられる。 双方で死傷者は報告されていない。
2021.07.26 中央日報

(Yahoo)

英最新鋭空母が南シナ海へ…韓国と日本に寄港予定 <2108-072601>
 英空母Queen Elizabeth
CSGが南シナ海に入った。
 中国環球網が26日、衛星が25日11:57にマラッカ海峡付近でQueen Elizabeth CSGの信号をとらえたことから、南シナ海の方向に航行中である点を勘案するとCSGは既に南シナ海に達したとみられると報じた。
2021.07.24 MDA HP MDA test intercepts target <2108-072403>
 米MDAが7月24日にハワイ北方洋上で海軍と、Aegis Weapon Systemの迎撃試験FTM-33を実施した。 FTM-33の目標は2発のSRBM標的4発のSM-6 Dual Ⅱで迎撃するものであった。
 SM-6 Dual ⅡはSRBM及びMRBMを終末段階で迎撃するミサイルで、初期の分析で1発目の標的を撃墜したことが確認されたが、2発目の迎撃は確認できていない
 試験は駆逐艦DDG 114 Ralph Johnsonで行われた。 Aegis艦が行うSM-6 Dual Ⅱによる迎撃試験は3回目になる。
【註】
 SM-6による複数標的迎撃試験は5月にも実施されているが迎撃に成功していなかった。
【関連記事:2106-052905 (MDA HP 2021.05.29)】
2021.07.24 朝日新聞

(Yahoo)

防衛協力進む日仏 首脳がインド太平洋での連携強化確認 <2108-072402>
 菅首相が24日、五輪開会式に出席するため来日したマクロン仏大統領と都内で会談し、自衛隊と仏軍の共同訓練など両国の協力が進む現状を共有したうえで、インド太平洋地域での連携強化を確認した。
 菅首相は、陸上自衛隊と仏陸軍が5月に九州で共同訓練を行うなど、安全保障面での連携が進んでいることを念頭に日仏間の具体的協力が行われていることを歓迎し、引き続き強化していきたいとの考えを示した。
2021.07.24 ITmedia News

(Yahoo)

開会式で地球をかたどったドローンは1824台のIntel製「Shooting Star」 <2108-072401>
 7月23日に行われた五輪開会式上空1.824機のUAVが市松模様のエンブレムを形成し、地球の形に変わるパフォーマンスを示したが、使われたUAVはIntel社のShooting Starであった。 Shooting Starは2018年の平昌五輪でも活躍したが、このときは1,218機であった。
 Shooting Starは重量330g、ロータ径15cmクアッドmicro UAVで、LED灯の組み合わせで40億以上の色の光を表現でき、PC 1基で数千機のUAV群を制御する。
 Intel社によると、現在は2種類のUAVがあるが、開会式で公開された動画を見ると使われたのはClassic Droneのようである。
2021.07.22 Breaking Defense Russia's new SU-75 Checkmate promises a lot. can it deliver? <2108-072205>
 ロシア
UAC (OAK) がMAKS航空展でSukhoi社と共同で、新型単発ステルス軽戦闘機Su-75 Checkmateを公表した。 Su-75は同級のJAS-39E/F Gripen、F-35、J-35等と競合することになると見られる。
 ロシアは双発の第五世代戦闘機Su-57を開発したが採用しているのはロシア空軍だけで、それも78機に過ぎない。 こうしたことからロシアは2017年にUAEに対しSu-75の共同開発を持ちかけていた。
【関連記事:1703-022001 (DN 2017.02.20)】
 Su-75は機内弾庫にミサイルを収納でき、搭載能力は16,300-lbという。 推力重量比は1.00以上で機内燃料だけでの航続距離は1,800哩という。
2021.07.22 Defense News Indonesia will buy more KAI trainer jets <2108-072204>
 KAI社が7月20日、タイに続いてインドネシアがT-50i 6機を$240Mで追加発注したと発表した。
 インドネシアは2012年に16機を購入しているため、今回の発注で20機を保有することになる。
2021.07.22 AFP=時事

(Yahoo)

トルコ大統領、南北キプロスの「2国家共存」主張 欧米や国連は批判 <2108-072203>
 トルコのエルドアン大統領が20日、ギリシャ系住民とトルコ系住民の対立から南北に分断されているキプロス島について2国家共存を唱え、欧米諸国の激しい批判を招いている。 米国は国連安保理での対応を要請する方針を示した。
 キプロス島は、1974年に当時のギリシャ軍事政権がキプロス併合を狙って画策したクーデターを機にトルコ軍が侵攻して以来、ギリシャ系住民の多い南部のEU加盟国であるキプロス共和国と、世界でトルコのみが承認している北キプロス(註:北キプロス・トルコ共和国)に分断されている。
2021.07.22 ロイタ通信

(Yahoo)

米独、ノルドストリーム2問題で合意 ロシア牽制 <2108-072202>
 米国とドイツが21日、Nordstreem 2を巡る合意を発表した。 ロシアがウクライナや中東欧諸国に打撃を与えるためにエネルギーを武器として利用した場合、ドイツは独自の対応を行うほか、EUに対し制裁導入を働き掛ける。
 98%がすでに完成したNordstreem 2はロシア北極圏からバルト海を通してドイツに天然ガスを供給するもので、米国はこの計画に反対していたがバイデン政権は制裁措置で計画を完全に頓挫させない道を選んだ。
2021.07.22 ロイタ通信

(Yahoo)

米、対トルコ制裁維持にコミット ロシア製ミサイル購入巡り <>2108-072201>
 ヌーランド米国務次官が21日に議会で証言し、バイデン米大統領トルコのS-400購入に対して米国の敵対者に対する制裁措置法 (
CAATSA) に基づく対トルコ制裁を維持することにコミットしていることを明らかにした。
 さらに、トルコ政府がロシアから主要な武器システムの一段の購入に動けば、米国はトルコに追加制裁を科すとも表明した。
2021.07.21 Taiwan News Taiwan's first indigenous submarine to launch in 2023 <2108-072106>
 台湾が昨年建造を開始した国産潜水艦は、当初2024年上半期に初航海、2025年に就役の計画であったが、2023年初航海に計画が早まった
2021.07.21 時事通信

(Yahoo)

米豪、軍事協力強化か 中国念頭に新たな演習検討 地元紙 <2108-072105>
 Australian紙が21日、オーストラリアと米国軍事協力の強化に向けて豪州での新たな軍事演習を計画していると報じた。 報道によると、検討しているのは米陸軍との合同演習で、米海兵隊が豪北部ダーウィンに毎年巡回駐留するのをモデルとし、豪北部などの軍事訓練地域を利用することを想定している。
 米豪の制服組トップらが参加して8月に米ワシントンで開かれる会合を前に、協議が進んでいるという。
2021.07.21 AP 通信

(Yahoo)

S-500弾道標的の撃墜に成功 ロシアの最新防空システム <2108-072104>
 ロシア国防省が、7月20日に同国南部カストラハン州カプースチン・ヤールの演習場でS-500の発射試験を行い、高速BM標的の撃墜に成功したと発表した。
 同国防省の発表では、射程600kmのS-500は、射程と速度にかかわらず、既存のいかなるBMの撃破も可能という。
2021.07.21 時事通信

(Yahoo)

米軍、ソマリアで空爆 バイデン政権で初 <2108-072103>
 米国防総省が20日、ソマリアでイスラム過激派アルシャバーブに空爆を加えたと発表した。 空爆はソマリア中部ガルカイヨ近郊で行われた。
 ソマリアでの空爆はバイデン米政権発足後初めてである。
2021.07.21 JSF

(Yahoo)

ロシア新型ステルス戦闘機「LTSチェックメイト」公開 <2108-072102>
 7月20日にロシアのモスクワで開幕したMAKS2021航空展で、ロシアが新型戦闘機LTS Checkmateを公開した。 開発を担当したのはRostech傘下UACのSukhou設計部門が担当した単発エンジンの軽量戦闘機輸出を意識している。
 公開されているスペックは大まかなもので、戦闘行動半径1,500km7t以上の搭載能力、優秀な推力重量比、短い離着陸距離とされている。
 空気取り入れ口は機首下方にあるが開口部が側面まで回り込む珍しい形状で、過去に米軍の試作戦闘機X-32が似たような空気取り入れ口を持っていた。
2021.07.21 共同通信

(Yahoo)

尖閣周辺での中国船の連続航行途切れる <2108-072101>
 第11管区海上保安本部への取材で21日、20日に尖閣諸島周辺で中国海警局艦の航行が確認されなかったことが分かった。
 最長更新を続けてきた周辺海域での連続航行日数は157日で途切れた。
2021.07.20 Stars & Stripes Russia reports successful test launch of hypersonic missile <2108-072007>
 ロシア国防省が、7月19日に新型超高速CM Zirconの発射試験に成功したと発表した。 Zirconは白海でフリゲート艦Admiral Groshkovから発射され、350km以上飛翔した後にバレンツ回海岸の標的に命中したという。
 プーチン大統領は2020年10月にZirconについて射程1,000kmで最大速度Mach 9と述べている。
2021.07.20 Jane's 360 Thailand confirms plan to buy additional T-50TH aircraft <2108-072006>
 韓国KAI社が7月20日、タイ国空軍がKAI社製T-50TH高等練習機を2機をTHB2.36B ($72M) で追加購入すると発表した。
 これによりタイ空軍のT-50TH保有数は14機になる。
2021.07.20 TBS News

(Yahoo)

台湾のリトアニアへの代表機関設置に中国政府強く反発 <>2108-072005>
 台湾が20日、リトアニアの首都ビリニュスに代表機関である台湾代表処を開設すると発表した。 台湾外交部は、両者は民主主義体制を守る戦略上の前線にいるとして友好関係をアピールした。
 リトアニアはこれに先立ち、台湾に代表機関を設置する方針を発表したほか、台湾に対しCOVID-19ワクチン2万回分の提供を表明するなど、国交を結ぶ中国と距離を置く姿勢を鮮明にしている。
 これに対し、リトアニアと国交のある中国政府は、いかなる形であれ台湾との公式往来には断固反対だと強く反発している。
2021.07.20 読売新聞

(Yahoo)

中国念頭、英がインド太平洋に哨戒艦2隻常駐へ…国防相「数年後に沿岸即応部隊を展開」 <2108-072004>
 岸防衛相が20日に防衛省でウォレス英国防相と会談した。 両相は海洋進出を強める中国を念頭に、東・南シナ海における力による一方的な現状変更の試みについて強く反対するとの認識で一致した。
 英国は同地域への関与を強化する方針を打ち出しており、両氏は日英の防衛交流が新たな段階に入ったとの考えで一致した。 ウォレス国防相は数年後には沿岸即応部隊が展開されるとも述べ、同地域を重視する姿勢を強調した。 また年内にインド太平洋地域に哨戒艦2隻を常駐させる考えを初めて明らかにした。
2021.07.20 共同通信

(Yahoo)

シリア政権軍、攻撃再開 北西部、戦闘本格化の恐れ <2108-072003>
 シリアのアサド政権軍が反体制派の最終拠点であるイドリブ県への攻撃を再開した。 17日にイドリブ県で政権軍の砲撃があり、シリア人権監視団によると少なくとも11人が死亡した。
 長期化した内戦は戦線が膠着し、イドリブ県では昨年3月から停戦が機能していたが、7月に入り政権軍の砲撃で民間人の死傷者が増加しており、国連は本格的な戦闘が再燃する兆候だと懸念している。
2021.07.20 ロイタ通信

(Yahoo)

イスラエルにレバノンからロケット弾、被害なし=イスラエル軍 <2108-072002>
 イスラエル軍によると、同国で20日未明にレバノンからロケット弾2発が撃ち込まれ、迫撃砲で応戦した。 ロケット弾1発は迎撃され、もう1発は無人地帯に着弾したため被害はなく、負傷者も出ていないという。
 イスラエルはレバノンの武装組織ヒズボラと2006年に交戦しているが、その後は国境地帯ではおおむね平和が維持されているが、レバノン国内のパレスチナ組織がイスラエルに向け砲撃することが過去に何度も起きている。
2021.07.20 朝鮮日報

(Yahoo)

米・EU・英・日・NATOが中国のサイバー攻撃を批判…韓国は加わらず <2108-072001>
 米、EU、NATO、英、日などが中国の情報機関である国家安全部によるサイバ攻撃をほぼ同時に一斉批判した。 米大統領府は19日、3月に公表されたMicrosoftエクスチェンジ・サーバの脆弱性を利用したサイバ攻撃などの背後に中国国家安全部が関与しているとしたFact Sheetを公表し、EUやNATOなども同じ内容の発表を行った。 NATOが中国のサイバ攻撃を批判するのは今回が初めてである。
 米英からなる情報共有の枠組みFive Eyesをはじめとして、世界中の米国の同盟国も今回の批判に参加したが、韓国は参加しなかった
2021.07.19 Stars & Stripes US military flexes its strategic muscles during summer of Pacific exercises <2108-071908>
 米陸海空軍が7月に、グアム、北マリアナ、オーストラリアを舞台に2件の大規模演習を繰り広げている。
 Pacific Iron 2021演習にはアラスカ、アイダホ、ハワイ、日本から35機以上がグアムとテニアンに集結して7月12日から行われている。 この演習にはアイダホ州Mountain Horme AFBかせF-15E 10機、横田基地からC-130J 2機のほか、アラスカ州Elmendorf-Richardson AFBとハワイ州Parl Harbor基地の州兵空軍からF-22合わせて25機も参加している。
 一方Tarisman Sabre演習は7月14日から米豪日韓、及びニュージーランドから17,000名がオーストラリアに集まり、16日にはShoalwater湾演習場で沖縄の1-1ADA大隊が標的機に対するミサイルの射撃を行った。
2021.07.19 Jane's 360 DroneShield to supply RfOne MKⅡ direction finders to Australian Army <2108-071907>
 オーストラリアDroneShield社が7月19日、豪陸軍のC-UAV能力を高めるRfOne MKⅡ UAV方探
RF装置を受注したと発表した。
 RfOne MKⅡはISM周波数帯を使用した探知性能は8kmの方探装置で、偵察警戒車であるASLAV双輪装甲車に搭載される。
【註】
 ISM周波数帯(産業科学医療用バンド)とは国際電気通信連合(ITU)によって国際的に確保されている周波数帯で、WiFiやコードレスマウスなどで一般に使われている2.4GHz帯や5GHz帯もこれにあたる。
2021.07.19 ロイタ通信

(Yahoo)

ロシア、極超音速巡航ミサイルの試射成功 国防省が発表 <2108-071906>
 ロシア国防省が19日、Zircon超高速CMの発射試験に成功したと発表した。 声明によるとZirconはバレンツ海最南部の白海艦船から発射されMach 7で飛行し沿岸の標的に命中したという。
 プーチン大統領は2018年に超高速の新兵器群を発表し、2019年には米国が中距離核兵器を欧州に配備すれば、超高速兵器を水上艦や潜水艦に搭載すると警告していた。
2021.07.19 時事通信

(Yahoo)

台湾周辺で上陸演習実施 侵攻想定、回数増加 中国 <2108-071905>
 中国共産党機関紙人民日報系の環球時報が19日、中国軍が台湾に近い福建省の沿岸地域上陸作戦を想定した実弾演習を16日に行ったと報じた。 演習は陸軍と海軍が合同で実施し、揚陸艦で運ばれた多数の水陸両用装甲車沿岸を攻撃した。 演習は夜間にも行われたという。
 同紙はこの演習で米国や台湾独立派に対する警告を発したという専門家の見方を載せた。
2021.07.19 ロイタ通信

(Yahoo)

ウィーン駐在の米要員、「ハバナ症候群」と同様の症状 <2108-071904>
 ウィーンに駐在する米国の外交官や情報機関当局者など政府要員のうち今年に入って二十数人ハバナ症候群と同様の原因不明の症状を報告していることを2人の情報筋が明らかにした。 影響が出た要員の一部はウィーンから空路で搬送しなければならず、現在は米国で治療を受けているという。
 こうした新たな報告が示しているのは、バイデン米政権の安全保障チームが原因究明へ取り組みを強化しているものの、原因不明の症状が現在も起きているということである。
2021.07.19 東京新聞 エストニアの「北方領土問題」返還議論が再燃…秋の大統領選へ「奪還」掲げる新人候補が登場 <2108-071903>
 エストニアで、秋の大統領選を前にロシアからの領土奪還新人候補が訴えている。 エストニアは日本と同じく、ロシアとの国境線が画定していない。
 第一次大戦直後の1920年に社会主義国家となっていたソ連がエストニアの独立を承認しタルトゥ平和条約で国境画定したことにより、現在ロシア領となっているペチョールイ区の大部分と湖の北は、エストニア領となった。
 ところが1940年にソ連はエストニアを含むバルト三国をナチス・ドイツとの密約に基づき併合したためタルトゥ条約は無効になったとして、1991年に独立したエストニアに対しペチョールイ区などを返さなかった。 これに対し、エストニア大統領選に出馬予定のプッルアース元議長は6月、犯罪的な占領と非難して領土奪還を訴えている。
2021.07.19 ロイタ通信

(Yahoo)

ペルー急進左派カスティジョ氏、大統領就任見据え中国大使館訪問 <2108-071902>
 ペルー大統領選で勝利宣言した急進左派のカスティジョ氏が、15日に中国との関係強化に向け大使館を訪問し、COVID-19ワクチンの供給ペースを加速するよう求めた。
 6月6日の決選投票で過半数の票を得たカスティジョ氏は次期大統領として正式に確認されるのを待っている状態で、僅差で敗れた対立候補の中道右派ケイコ・フジモリ氏は結果に異議を唱えているものの、覆る可能性は薄いとみられている。
2021.07.19 共同通信

(Yahoo)

エルサレム聖地でまた衝突 ユダヤ人礼拝に反発広がる <2108-071901>
 エルサレムにあるイスラム教とユダヤ教双方の聖地神殿の丘で18日、パレスチナ人とイスラエル警察が衝突し、複数のパレスチナ人が軽傷を負った。
 1967年の第3次中東戦争で神殿の丘のある東エルサレムはイスラエルに占領されたが、それまで統治していたヨルダン政府との取り決めで、現在も神殿の丘での礼拝はイスラム教徒に限定されているが、この日はユダヤ教の祝日で、極右主義者らが警察に警護され神殿の丘を訪問した。
 イスラエル首相府は「礼拝の自由がある」と発表したが、イスラム諸国に反発が広がっている。
2021.07.18 共同通信

(Yahoo)

4首脳会合、9月開催を打診 米、中国にらみ日豪印に <2108-071803>
 複数の日米外交筋が18日、バイデン米政権が日本、オーストラリア、インドに対し、4ヵ国首脳による初めての直接会合9月下旬に首都ワシントンで開くよう打診していることを明らかにした。
 バイデン大統領は専制主義と位置付ける中国の習近平国家主席と年内の直接会談を模索しており、これをにらんで民主主義陣営の結束強化を図る。
2021.07.18 共同通信

(Yahoo)

英空母打撃群、9月に日本寄港 4地域分散、防衛相会談で確認へ <2108-071802>
 日本政府関係者が18日、日英両政府が英空母打撃群9月に日本へ寄港させる方向で調整に入ったことを明らかにした。 寄港地を国内4ヶ所に分け空母Queen Elizabethは米海軍横須賀基地に入港する見通しで、20日に東京で開催予定の岸防衛相とウォレス英国防相の会談で確認する。
 Queen Elizabeth
CSGには米国とオランダの艦艇も同行し編成が大規模なため、海上自衛隊横須賀基地舞鶴基地呉基地米海軍佐世保基地への分散寄港を検討している。
2021.07.18 共同通信

(Yahoo)

イラン、核協議中断認める 穏健派政権の高官 <2108-071801>
 イラン外務次官が17日、イラン核合意の再建に向けた米国との間接協議の再開について「8月に発足する反米保守強硬派の次期政権を待たなければならない」とツイッターに投稿し、穏健派ロウハニ政権が間接協議を中断して任期中の交渉妥結を断念したことを初めて公に認めた。 次官は、4月にウィーンで始まった間接協議でのイラン交渉団トップだが、イランは7月14日に協議を仲介するEUに中断の方針を通告していた。
 核合意は、トランプ前米政権の一方的離脱と制裁強化、イランの合意破りによって深刻な機能不全に陥っている。
2021.07.17 Stars & Stripes Russia to unveil new fighter jet at Moscow’s air show <2108-071701>
 ロシアがモスクワ港外のZhukovsky空港で7月20日から開かれるMAKS-2021国際航空宇宙展に新型戦闘機を展示する模様である。 新型戦闘機はカバーを掛けた状態で姿を現した。
 新型戦闘機はSukhoi社製の単発軽戦闘機とみられ、重戦闘機のSu-57が米国のF-22への対抗を狙ったのに対し、新型軽戦闘機はF-35に対抗しようとするもののようである。
2021.07.16 Stars & Stripes B-52 bombers, Army I Corps on Guam to support dual training exercises <2108-071606>
 米陸軍と空軍の演習グアムを拠点にして同時に行われる。
 空軍はノースダコタ州Minot AFBから複数機のB-52が飛来し、4月から駐留しているルイジアナ州Barksdale AFBからのB-52 4機合流してTalisman Sabre演習に参加する。
 ワシントン州のLewis-McChord基地の陸軍第1軍団は、8月6日に始まるForager 21演習をグアムで主導する。 この演習には第82空挺師団陸上自衛隊部隊が第1特殊作戦群と共に降下する。 またApache攻撃ヘリ、Stryker、Avenger、
HIMARS4,000名の将兵が参加する。
2021.07.16 Stars & Stripes Moving missiles: Army shuttles Patriot batteries around the Pacific in message to adversaries <2108-071605>
 米陸軍が7月14日に開始されたTalisman Sabre演習にPatriot 1個中隊を投入し、16日にオーストラリア・クイーンズランド州Shoalwater湾演習場で標的機2機に対して射撃を実施した。
 6月24日~7月9日に行われたOrient Shield年次演習ではPatriot 1個中隊が奄美大島に展開すると共に、
HIMARS 1両が北海道に展開し、駐日米軍基地に対する脅威への備えを確認した。
 オーストラリアに展開したPatriotと65名の将兵は相模補給廠の第38防空砲兵旅団嘉手納基地の1-1ADA大隊から派遣された。
2021.07.16 National Defense Space Force has high hopes for new missile warning satellites <2108-071604>
 バイデン政権は、
SBIRSに代わる早期警戒衛星として米宇宙軍が計画している次世代OPIRへのFY22での支出を、トランプ政権が計画していた額より$132M増額した$2.45B要求している。
 次世代OPIRは最初の1基を2025年に打ち上げ、2030年までに5基全てを打ち上げる計画である。
2021.07.16 Breaking Defense NTS-3, aiming to improve on GPS, starts integration tests tn August <2108-071603>
 米空軍研究所 (
AFRL) が2023年始めの打ち上げを目指して開発を進めているGPSに代わる次世代PNTシステムであるNTS-3のシステムを繋いだ地上試験end-to-end System Integration Test8月に開始される。
 NTS-3の打ち上げは宇宙軍のSMCが担当する。
2021.07.16 Jane's 360 South Korean air force retires last MIM-23 HAWK SAM systems <2108-071602>
 韓国国防省のクッバン日報紙が7月7日、韓国空軍のMIM-23 HAWKシステム公式に退役天弓 Block 1に引き継がれたと報じた。 最後までHAWKシステムを装備していたのは1983年以来39年間HAWKとAN/TSQ-73防空指揮装置を装備していた第1防空旅団の第2970部隊(大隊)である。 
DAPAは2020年4月に天弓 Block 1の配備を完了したと発表している。
 2011年に開発を完了して2013年に量産を開始し、2015年から装備している天弓 Block 1は全長4.6mのコールドロンチ式垂直発射ミサイルで、最高速度Mach 4.5、最大射程40km射高15~20kmの性能を持つ。
 中隊は指揮装置1基、MFR 1基、8発搭載TEL 4両からなり、全てが8×8車に搭載されている。
【註】
 コールドロンチとは、ミサイルを火薬または圧搾空気等で発射機から放出し、空中でロケットモータに点火する発射方式で、S-400を始めとするロシアの中大型SAMシステムで一般的に使われている。
2021.07.16 時事通信

(Yahoo)

中国、東シナ海で「武器使用訓練」 <2108-071601>
 中国海事局が16日、武器を使用した演習を行うため、同日から21日まで東シナ海の広い海域航行禁止区域に指定した。 区域は浙江省温州市から寧波市までの沖合で、最も南の地点は台湾から250kmである。
 訓練の詳細は不明だが、台湾の蔡政権を牽制するため夜間も含め実戦的な演習を行う可能性がある。
2021.07.15 Insid Defense Army IBCS wraps up developmental test plan with cruise missile target intercept <2108-071502>
 米陸軍が7月15日に
IBCSの6回目にして最終となる試験を完了した。 最終試験は15日にWSMRでCMを模した標的に対して行われた。
 $7.9Bかけて開発したIBCSのIOTは今秋行われる。
2021.07.15 時事通信

(Yahoo)

日米豪印集結し合同演習 中国が偵察、にらみ合い <2108-071501>
 オーストラリア東部の沖合などを舞台とした隔年実施米豪軍事演習Talisman Sabreが14日に始まった。 演習には日本も自衛隊を派遣、インドはオブザーバーで参加し、日米豪印の協力枠組みQuadを形成する4ヵ国が集結している。 今月末まで続く演習は今回が9回目で、陸海空に加えてサイバ空間で相互運用性を高める狙いがある。 演習にはオブザーバーも含めて全部で11ヵ国から17,000名が参加し、日本からは陸上自衛隊から水陸機動団が参加している。
 豪公共放送ABCによれば、中国の情報収集艦が付近の海域に向けて航行している。 中国は過去2回の演習でも同種の艦船を送った。 ダットン豪国防相はこの動きを確認し、活動の一環として監視していると語った。
2021.07.14 Stars & Stripes US Army to fire Patriot missile for first time in Australia during Talisman Sabre <2108-071410>
 米、豪、英、日、韓、ニュージーランドから17,000名が参加する隔年演習Talisman Sabreが7月14日に開始された。 この演習には佐世保を基地とする米海軍強襲揚陸艦Americaから
ESG固定翼機70機ヘリコプタ50機が参加する。
 また相模原補給処の米陸軍第38防空砲兵旅団からPatriot部隊が参加し、16日にShoalwater湾で2機の標的機に対しオーストラリアで初めての射撃を行う。
2021.07.14 Stars & Stripes F-22 Raptors to fly in large numbers for exercise in the Western Pacific <2108-071409>
 米空軍が7月12日、7月に実施するPacific Iron 2021演習でハワイ州兵空軍アラスカからF-22 25機西太平洋に展開することを明らかにした。
 この演習にはF-22 25機のほかF-15E 10機とC-130J 2機も参加し、グアムの滑走路3本と北マーシャル諸島テニアン島の1本に展開する。
2021.07.14 Jane's 360 EU's operational headquarters looks set, finally, to declare FOC by end of 2021 <2108-071408>
 EUの指揮機能
MPCC のPhase 1 FOCが、年内にも2度に渡る延期で1年遅れで宣言される。
【註】
 MPCCはブリュッセルに本部を置く、EUの共通安全保障防衛政策の一部となる最大2,500名の部隊の作戦本部で、2017年の設立以来アフリカで3件の訓練活動を指揮してきた。
2021.07.14 Jane's 360 Final assembly under way of four US Army ERCA platforms <2108-071407>
 米陸軍
LRPF-CFT長のラファティー准将が7月9日、ニュージャージー州のPicatinny造兵廠でM109A7 Paladin 155mm SPH 4門の砲身を30ft、58口径に交換して射程70kmのXM1299 ERCA試作0型に改造する作業が行われており、このうちの少なくとも1門がProject Convergencr 2021演習に参加すると述べた。
 陸軍は23発の自動装填機を改良して更に発射速度を上げるなどの能力向上を進めるという。
2021.07.14 Jane's 360 RAF to expand swarming drone capabilities <2108-071406>
 英空軍参謀総長のウィグストン大将が7月14日にロンドンで開かれた空軍協会のセミナで、英空軍は将来UAV群を配備すると述べた。
 UAV群の試験は第216飛行隊が担当しており、同隊は20機以上のUAV群の制御を試みている。
2021.07.14 日テレ News

(Yahoo)

海保 インドネシア職員にオンライン指導 <2108-071405>
 海上保安庁が14日、インドネシアの海上保安機構Bakamlaの職員に不審者の制圧方法などを指導するオンライン研修を実施した。 研修では、密漁者などを取り締まる際に抵抗する相手の動きを制止するための制圧方法や、小型船への立ち入り検査の際の効果的なやりとりなどをカメラ越しに実践し、通訳を交えての指導が行われた。
 海上保安庁は、東南アジアなどの周辺国に対し、海上警備などの知識や技能伝え支援する部門を2017年に発足させ、各国に職員を派遣していたが、COVID-19の感染拡大により昨年からはオンラインでの研修を続けている。
2021.07.14 時事通信

(Yahoo)

英空母で100人コロナ感染 海自と訓練、日本にも寄港予定 <2108-071404>
 BBCが14日、空母Queen Elizabethで乗組員約100名がCOVID-19に感染したと報じた。 報道によると、感染拡大は定期検査の一環で発覚したもので、艦内ではマスク着用や社会的距離の確保などの対策が取られているため今後の作戦に支障はないという。
 Queen Elizabeth
CSGには3,700名が乗艦しており、英政府は乗組員全員がワクチンを接種したと発表していた。
2021.07.14 時事通信

(Yahoo)

中国公船4隻が領海侵入 沖縄・尖閣沖 <2108-071403>
 第11管区海上保安本部によると、尖閣諸島沖で14日に中国海警局艦海警 4隻が日本の領海に侵入し航行した。 4隻は10:20~10:25ごろに大正島南などの領海に侵入した。
 尖閣諸島沖での中国艦の領海侵入は10~12日以来で、今年24回目になる。
2021.07.14 Taiwan News US destroyer, Chinese spy ship prowl off east coast of Taiwan <2108-071402>
 7月14日に台湾東海岸沖
PLA海軍のType 815情報収集艦煙台と米海軍駆逐艦Pinckneyが遊弋している。
 PLAの情報収集艦は13日に花蓮県沖合40nmを北から南へ航行し、14日07:00には台東県沖合43nmに達した。 Type 815情報収集艦台湾東海岸沖航行近年頻繁に行われている。
 一方駆逐艦Pinckneyは14日04:00にバシー海峡を抜けて太平洋に入り、05:00に蘭嶼沖合44nmに達した。
2021.07.14 読売新聞

(Yahoo)

日米豪印が最先端技術に関する初会合、科学技術相「データこそが付加価値の源泉」 <2108-071401>
 日米豪印4ヵ国の連携枠組みQuadの最先端技術に関する初会合が13日開かれ、データ共有や人材交流などの協力を進める方針を確認した。 会合は米国の呼びかけで行われ、各国の科学担当の閣僚級らがオンラインで参加した。
 来週にも作業部会を開き、最先端技術の開発を加速させる中国への対抗を視野に、この分野での国際ルール作りを進める。
2021.07.13 時事通信

(Yahoo)

中ロの連携強化注視 爆撃機、連続共同飛行 防衛白書 <2108-071304>
 2021年版防衛白書は、中国とロシアの爆撃機が2年連続日本海や東シナ海を長距離共同飛行したことを挙げ、両国の軍事面での連携強化の動きを注視している。
 白書では中露関係の深化がうかがわれる動きとして、2019年7月と20年12月に中国のH-6とロシアのTu-95が島根県の竹島周辺で合流し、日本海、東シナ海方面に共同飛行した事例を飛行経路図とともに説明している。
2021.07.13 時事通信

(Yahoo)

気候変動、安全保障に影響 自衛隊も再エネ利用 防衛白書 <2108-071303>
 2021年版防衛白書は、気候変動が安全保障環境に与える影響を記述した。 白書では各国で気候変動安全保障上の課題と捉える動きが広がっていると指摘し、気候変動による複合的な影響に起因する水、食料、土地などの不足は、資源をめぐる争いを誘発・悪化させる恐れがあるなどと懸念している。
 また異常気象の増大は大規模災害の増加や感染症の拡大をもたらすと考えられるとも記述し危機感をにじませている。
2021.07.13 共同通信

(Yahoo)

英空母と海自護衛艦が訓練 アフリカ沖、海賊対処想定 <2108-071302>
 岸防衛相が13日、護衛艦せとぎりとP-3Cがソマリア沖のアデン湾で、11、12日に英空母Queen Elizabethと共同訓練を実施したと発表した。
 Queen Elizabeth
CSGは、インド太平洋に向けて長期航海中で、共同訓練には空母に同行している米、オランダ両国の艦艇も加わった。
2021.07.13 毎日新聞

(Yahoo)

「防衛白書」に台湾情勢初明記 「緊張感持って注視必要」 <2108-071301>
 政府が13日午前の閣議で、2021年版防衛白書を了承した。 中国軍機による台湾南西空域への進入など、中国が台湾周辺活動を活発化させていることを挙げ、台湾情勢の安定は、わが国の安全保障にとって重要と初めて明記し、台湾への支援を鮮明にする米国と中国の対立が一層顕在化する可能性があると指摘して、緊張感を持って注視していくことが必要と警戒感を示した。
 また米中の対立が深まっていることを踏まえ、米中関係に関する項目を新設し、台湾問題や香港問題、新疆ウイグル自治区を巡る人権問題などにより政治や経済、軍事分野で米中において相互に牽制する動きがより一層表面化していると分析している。
2021.07.12 Defense News US Army triggers competition for future long-range assault aircraft <2108-071208>
 米陸軍が6月6日に
FLRAARfPをTextronの子会社であるBell社とSikorsky-Boeingチームの2社に発簡した。 RfPの内容は公表されていない。
 陸軍は3Q/2022年までにこのうちの1社を選定する。 FY21予算では試作機の納入を2Q/FY25開始としていたが、FY22予算では3Q/FY25開始で1年間としている。
2021.07.12 Defense News House appropriators fund Hawaii missile defense radar, but cut dollars for Guam <2108-071207>
 米議会はMDAのFY22要求を審査しているが、下院歳出委員会はMDAからグアムのBMDとして出された$78.3Mから$15.9Mを不適切として削除した。
 代わってMDAが要求から削除したハワイ設置ミサイル警戒レーダ (
HDR-H) には$75Mを割り当てた。
2021.07.12 Defense News Japanese defense firms prosper amid futuristic tech orders, export drives <2108-071206>
 日本では安全保障環境が厳しさを増すのに伴い、国内防衛企業の発展が進められており、今年の
世界トップ100社MHI(註:32位)、KHI(註:51位)、スバル(註:85位)の3社が名を連ねている。 特に前年には番外であったKHIが復帰している。 特にMHIは42%も落ち込んだのに32位(註:前年は21位)を維持している。
2021.07.12 テレ朝 News

(Yahoo)

米駆逐艦 南シナ海で「航行の自由」作戦 中国反発 <2108-071205>
 米第7艦隊が12日、駆逐艦Benfoldが南シナ海パラセル諸島付近で国際法に基づいて航行の自由作戦を実施したと発表した。
 これに対し、
PLA南部戦区は、パラセル諸島は中国固有の領土だと主張したうえで挑発行為を直ちに停止せよと反発し、すべての結果は米側が負わなければならないと牽制した。
2021.07.12 宮崎ニュース

(Yahoo)

ステルス戦闘機 F35B 新田原基地に配備へ 宮崎県 <2108-071204>
 国は航空自衛隊新田原基地に、約20機のF-35Bを配備する方針で、近く周辺の自治体や県に計画が示される見通しあることがわかった。 関係者によると、新田原基地には1個飛行隊約20機が配備されるが、当面は令和6年度に6機7年度に2機が配備される計画である。
 国は、中期防衛力整備計画で5年度までにF-35Bを18機購入する計画を示していて、新田原基地については有力な候補地であることは間違いないと説明していた。
2021.07.12 時事通信

(Yahoo)

親 EU 政党が勝利 モルドバ総選挙 <2108-071203>
 東欧のモルドバで11日行われた総選挙で、中央選管の12日までの集計結果によると、親EUのサンドゥ大統領与党「行動と連帯(PAS)」が得票率52%超で過半数を獲得し勝利した。 親露派政党連合の得票率は27%にとどまった。
 サンドゥ大統領は昨年11月の大統領選で親露派のドドン大統領を破り当選し、今年4月に権力基盤の強化を狙い議会を解散していた。
2021.07.12 時事通信

(Yahoo)

中国公船、150日連続侵入に懸念 加藤官房長官 <2108-071202>
 加藤官房長官が12日の記者会見で、中国海警局艦尖閣諸島周辺の接続水域150日連続で侵入したことを明らかにし、極めて深刻な事態と考えていると懸念を示した。
 その上で「中国側に対しては、現場海域において常に相手勢力を上回る海上保安庁巡視船を配備し、警告を繰り返し行うなど、警備に万全を期している」と強調した。
2021.07.12 ロイタ通信

(Yahoo)

中国のフィリピン軍攻撃、米国に条約上の防衛義務=米国務長官 <2108-071201>
 ブリンケン米国務長官が11日、南シナ海での中国の権利主張を退けた仲裁裁判所の判断から5年を迎えるのに際し声明を出し、中国が南シナ海でフィリピン軍を攻撃すれば、米国のフィリピン防衛義務を定めた1951年の米比相互防衛条約が適用されることになると改めて警告した。
 ブリンケン長官は、トランプ前政権が昨年7月に示した中国の海洋権益に関する主張を否定する米政府の方針を確認し、「われわれはまた、南シナ海でのフィリピン軍部隊や公船、航空機への武力攻撃は、米比相互防衛条約第四条の下で、米国の相互防衛義務の適用につながると確認する」とした。
2021.07.11 時事通信

(Yahoo)

親 EU 対親ロシア激突 モルドバで総選挙 <2108-071101>
 東欧モルドバで11日に総選挙が行われた。 昨年11月の大統領選親露派のドドン前大統領破った親EUのサンドゥ現大統領が4月に親EU派の基盤強化を狙い議会を解散していた。
 同国東部の自称独立国家沿ドニエストル共和国からロシア軍撤収を要求するサンドゥ大統領とロシアの関係は緊迫している。
2021.07.09 産経新聞

(Yahoo)

露ミサイル演習 空域制限情報がキャンセルに <2108-070902>
 岸防衛相が9日の記者会見で、ロシア政府が日本海の大和堆を含む海空域で実施すると通告してきたミサイル演習に関し、7日から9日にかけて発出されていたNOTAMがキャンセルされたことを明らかにした。
 政府はすでに演習が終了した可能性を含め情報収集を続けているが、岸防衛相は「訓練実施の有無など、詳細については日本の情報収集能力を明らかにする恐れがあり控える」と述べた。
2021.07.09 共同通信

(Yahoo)

海自、英空母と初訓練へ 「グローバル課題に対応」 <2108-070901>
 岸防衛相が9日の閣議後記者会見で、海上自衛隊が英海軍空母Quee Elizabeth
CSGとソマリア沖アデン湾で海賊対処を想定した共同訓練を実施すると発表した。  訓練日時や参加部隊の具体的内容は明らかにしていない。
 日本政府関係者によると、海自からはアデン湾の海賊対処行動に派遣している護衛艦とP-3Cが参加する。
2021.07.08 Defense News Maneuver warfare in space: The strategic imperative for nuclear thermal propulsion <2108-070808>

= 中国のASATに対抗するために熱核推進ロケットが有効とする記事 =
 
2021.07.08 Jane's 360 IRGC Ground Forces receive new weapons <2108-070807>
 イラン革命防衛軍 (IRGC) が7月7日に、
TBM、UAV、ATGMなどの最新兵器を公表した。 その中に舶用コンテナに擬した発射機Fateh-100シリーズのTBMを2発ずつ搭載したものが少なくとも3基あった。 似たシステムは2020年にも公表されたがその際にはミサイルではなくロケット弾であった。
 またIRGCが3月に公表した地下基地発射型と同型と思われる大型ミサイル6発を搭載した同様発射機も少なくとも2基映っていた。
【註】
 発射機を汎用船舶コンテナに組み込み隠蔽する手法は、かねてからロシアが各種行っている。
【関連記事:1111-100009 (JMR 2011.10)】
2021.07.08 日経新聞 中国、スリランカ「支配」を強化 高速道18年間保有へ <2108-070806>
 中国が主導するインフラ整備計画を巡り、同国によるスリランカの支配が強まってきた。 中国国有企業の中国港湾工程(CHEC)がスリランカで高架式の高速道を建設し18年間保有することになったもので、競争入札の過程が不透明なため親中のラジャパクサ政権の意向が働いた可能性がある。
 中国港湾工程は中国交通建設(CCCC)の子会社で、5月にはコロンボ郊外での延長17kmの高速道路の建設案件をスリランカ政府から受注した。 中国港湾工程は建設した高速道路を所有し、元本を回収して利益をあげ、18年後にはスリランカ政府に引き渡す建設・運営・譲渡(BOT)方式を採用する。 結果として中国港湾工程はスリランカで高速道路を所有する初めての外国企業になる。
2021.07.08 AP

(Yahoo)

米軍機に露戦闘機スクランブル 一触即発の情勢続く黒海付近 <2108-070805>
 ロシアとNATO軍との一触即発の情勢が続く黒海で、ロシア軍戦闘機米軍の哨戒機接近飛行する画像が7月7日にロシア国防省から公開された。
 ロシア国防省によると、米海軍のP-8が黒海のロシア領空に接近したため、ロシアのSu-30SMが緊急発進したという。 米軍機はロシア領空を侵犯していなかったという。
2021.07.08 産経新聞

(Yahoo)

米国の次期台湾事務所長にオードカーク国務次官補代理 初の女性 <2108-070804>
 米国の対台湾窓口機関である米国在台協会 (AIT) が6日、次期台北事務所長オードカーク国務次官補代理が就任すると発表した。 今月中旬に任期満了で離任する所長の後任として夏に着任する予定という。
 バイデン政権は依然として次期駐中国大使を指名しておらず、大使職は前大使が昨年10月に離任して以降空席となっている。 バイデン政権としては中国大使よりも先に台北事務所長を任命することで、台湾重視の立場を改めて打ち出す狙いもあるとみられる。
2021.07.08 ロイタ通信

(Yahoo)

バグダッドの米大使館にロケット弾攻撃=イラク治安筋 <2108-070803>
 イラクの治安当局者がロイタに、バグダッドの「グリーンゾーン」内にある米大使館に8日未明に2発のロケット弾が発射されたことを明らかにした。 グリーンゾーン内には政府の建物や外国公館などがあり、米大使館からはサイレンが鳴り響いたという。
 グリーンゾーン内で勤務する治安当局者によると、1発は大使館のロケット防衛システムによって着弾を回避した。 複数の当局筋によれば2発目はグリーンゾーンの境界付近に着弾した。
2021.07.08 時事通信

(Yahoo)

米軍基地へ再びロケット弾 兵士2人軽傷 イラク <2108-070802>
 米軍などが駐留するイラク西部のアサド基地へ7日、ロケット弾14発が発射された。 基地やその周辺に着弾し、ロイタ通信によると、米兵2人が脳震盪などの軽傷を負った。
 同基地は5日にもロケット弾で攻撃されたばかりで、6日にはクルド自治区にあるアルビルでも駐留米軍がUAVで攻撃を受けた。 負傷者は出なかったが、いずれも親イラン派民兵組織の犯行とみられる。
2021.07.08 FNN プライム

(Yahoo)

アメリカ・共和党にサイバー攻撃 ロシアのハッカー集団が関与か <2108-070801>
 米メディアによると、共和党全国委員会のシステムが先週サイバー攻撃を受け、ロシア情報当局に近いハッカー集団の関与が疑われている。 委員会は情報が盗まれた形跡はないとしている。
 一方、バイデン大統領は6日、2日に米企業などが受けたサイバ攻撃について、「われわれの対応能力に自信がある」と述べ、被害は最小限に食い止められたと強調した。
 これに対しロシア大統領報道官は、まったく関係ないとロシアの関与を強く否定した。
2021.07.07 DARPA HP Blackjack program successfully deploys two Mandrake 2 satellites <2108-070706>
 米DARPAが6月30日、SpaceX社のTransporter2を用いて2基のMandrake 2衛星、AbleとBakerを打ち上げ軌道に乗せた。
 Mandrake 2はDARPAが計画しているBlack Jackのリスク軽減として衛星間レーザ通信の検証を行う小型、低価格、低電力衛星で、取り纏めをLockheed Martin社、光学衛星間通信 (
OISL) 装置をSA Photonics社、打ち上げをSpaceX社のSmallSat Rideshare計画で行い、Marveric Space Systems社が試験評価と運用を担当する。
【関連記事:2009-060101 (2020.06.01)】
2021.07.07 時事通信

(Yahoo)

外為法違反事件「厳正に対処」 加藤官房長官 <2108-070705>
 加藤官房長官が7日、軍用UAVに転用可能なモーター中国に輸出しようとしたとして、東京都の精密機器メーカーなどが外為法違反容疑で書類送検されたことについて、安全保障にかかる貿易管理制度の周知徹底を図っていくとしたうえで、不正な事案に対し厳正に対処し、再発防止を図っていきたいと述べた。
2021.07.07 共同通信

(Yahoo)

サイバー安保、抑止力向上へ 政府、今後3年の戦略案 <2108-070704>
 政府は7日、官房長官を本部長とするサイバーセキュリティ戦略本部の会合を開き、今後3年間の次期サイバーセキュリティ戦略案を策定した。 中国やロシアなどによるサイバ攻撃を念頭に、安全保障上のサイバ抑止力向上を図るのが柱としている。
 今後意見公募を実施した上で、9月にも新戦略として正式に閣議決定する。
2021.07.07 AFP=時事

(Yahoo)

ロシア、エストニア領事を逮捕 「機密文書」受領で <2108-070703>
 ロシア連邦保安局 (FSB) が6日、機密文書を受け取ったとして、エストニアの駐サンクトペテルブルク領事を逮捕したと発表した。 FSBによると、領事はロシア国民から機密文書を受け取っている現場を押さえられ、外交官の地位と相容れない活動や、ロシアに対して公然と敵対的な活動をしたとして逮捕された。 FSBは「国際法の規則に則り、この外交官に対して措置が講じられる」と説明したが、これ以上の詳細は明らかにしていない。
 エストニア外務省報道官はAFPに対し、FSBは領事の身柄を1時間半にわたり拘束し、機密資料横領の罪で訴追したとしているが、領事に掛けられた容疑は完全に根拠のないもので、逮捕はロシア当局による挑発だと語った。
2021.07.07 ロイタ通信

(Yahoo)

イランが金属ウラン濃縮へ、IAEA に通告 米「交渉の窓口なお開放」 <2108-070702>
 国際原子力機関 (IAEA) が6日、イランから金属ウランの濃縮に関する計画の通告を受けたと明らかにした。 イランは今年に入り少量の金属ウラン生産を開始しているが、濃縮には至っていなかった。
 金属の生産は2015年の核合意に違反する。 今回の計画では、ウラン235を20%まで濃縮した酸化ウランを燃料製造工場に輸送し、そこで四フッ化ウラン、さらに金属ウランに転換した後、燃料の製造に使用するという。
2021.07.07 読売新聞

(Yahoo)

ロシア軍艦7隻、沖縄本島と宮古島の間を北上し日本海に…ハワイ近海で大規模演習後 <2108-070701>
 防衛省が6日、ロシア海軍の巡洋艦やミサイル観測支援艦など7隻が4日14:00頃に沖縄本島の南東150kmの海域で北上するのを海上自衛隊が発見したため監視を続けたところ、7隻は対馬海峡を通過して日本海に向かった。 ロシア軍艦による同海域の通過を防衛省が発表するのは昨年12月以来である。
 同省などによると、ロシア海軍は6月にハワイ近海で大規模な演習を実施し、7月7~9日には日本海の大和堆周辺でミサイル発射演習を予定するなど、軍事活動を活発化させている。
2021.07.06 Inside Defense Space Force to reveal missile warning force design later this year <2108-070605>
 米宇宙軍作戦部長アルマーニョ中将がMitchell Institute Space Advantage Research Centerの催しで先週、今年後半宇宙軍最初の部隊となる複数の軌道を周回する衛星によるミサイル早期警戒部隊編成を明らかにすると述べた。
2021.07.06 Defense News Raytheon wins $2B contract for new nuclear cruise missile <2108-070604>
 米空軍が7月1日、AGM-86B
ALCM後継となるLRSOWEMDを$2BでRaytheon社に発注したと発表した。
 LRSOWはB-52やB-21に装備する射程が1,500哩を超え核弾頭のALCMで、2027年にFRPが開始される計画で、1,000発以上の発注が見込まれている。
2021.07.06 時事通信

(Yahoo)

台湾独立支持せず 4ヵ国首脳会議の年内開催確認 米高官 <2108-070603>
 米国家安全保障会議 (NSC) でインド太平洋政策を統括するキャンベル調整官が6日にシンクタンクでの講演で、台湾との「強力で非公式な関係」を支持するも独立は支持しないと明言し歴代米政権が踏襲してきた「一つの中国」政策は変更しないという立場を確認した。
 一方でキャンベル調整官は、COVID-19など感染症対策で台湾が国際的役割を果たすよう望むとも語った。
 ロイタ通信によるとキャンベル調整官はまた、バイデン大統領が年内に、Quad首脳会議を主催すると改めて表明し、同会議でCOVID-19ワクチンやインフラ投資への断固たる関与が実現すると語った。
2021.07.06 日経新聞 防衛費、大幅増要求へ 南西防衛・サイバー強化 <2108-070602>
 令和4年度の予算概算要求に防衛省は防衛関係費を大幅増額する方針で、予算編成は防衛予算をどこまで増やすかが一つの焦点となる。
 3年度予算の防衛費のGDP比は0.95%だったが、米国は3%超、英国やフランス、ドイツも1%を超えている。 2年度の国防費の伸び率でも日本は1%程度で、米国の5.4%や中国の6.6%などと比べて低い。 COVID-19感染拡大で3年度の当初見通しのGDPは前年度比で減少したため、3年度予算の概算要求で防衛省が示した5兆4,898億円は同年度のGDP比で0.98%に達する
 令和4年度概算要求で要求額を1,000億円増やすだけでGDP比1%を超えることになる。
2021.07.06 産経新聞

(Yahoo)

中独仏3首脳がオンライン会談 EU、米国と一線画す <2108-070601>
 フランス大統領府が5日、フランス、ドイツ、中国の3首脳がオンライン会談したと発表した。 仏独両国には、米国とは一線を画したEU独自の対中外交を示す狙いがある。 独仏首脳は、EUと中国が昨年末に結んだ投資協定を踏まえ、中国が欧州企業の市場参入に道を開くよう期待を示した。
 仏大統領府の声明によると、3首脳は地球温暖化対策、COVID-19ワクチンのアフリカへの分配、さらにイラン、ミャンマー情勢について話し合った。
 中国の人権問題をめぐっては、独仏首脳は懸念を示し、新疆ウイグル自治区の強制労働問題で習主席に改善を要求した。
2021.07.05 時事通信

(Yahoo)

イラク米軍基地にロケット弾 親イラン派の攻撃か <2108-070506>
 バグダッド西方にあるアサド基地に向けて5日、ロケット弾が発射され3発が基地周辺に着弾したが、被害は調査中という。 基地には過激派掃討を担う米軍主体の有志連合部隊が駐留している。
 バイデン米政権が6月下旬にシリアとイラクの国境地帯にある親イラン派民兵組織の施設3ヵ所を空爆し、報復を宣言していた民兵側の攻撃の可能性が高い。
2021.07.05 産経新聞

(Yahoo)

露、大和堆周辺海域でミサイル演習通告 <2108-070505>
 政府関係者5日、ロシア政府が日本の排他的経済水域 (EEZ) にある大和堆を含む日本海で7日から9日にかけて毎日ミサイル射撃を行うと日本政府側に通告したことを明らかにした。 国際法では他国のEEZ内での軍事演習を明確に禁じていないが、政府は新たな演習についても情報収集を行い、ロシア側の意図について慎重に分析を進める。
 国連海洋法条約ではEEZの海洋資源を保護するための法令に基づく法執行を沿岸国に認める一方で、軍事演習などに明確な規制はないが、同条約は他国のEEZ内での行動については「妥当な考慮」を払うことなどを求めている。
2021.07.05 中央日報

(Yahoo)

中国海軍、今年4隻目の駆逐艦就役…戦力強化 <2108-070504>
 中国海軍関連のウェブサイトによると、中国今年になって4隻目のType 052D駆逐艦開封を就役させた。
 中国は上半期Type 052D駆逐艦蘇州淮南南寧を就役させ、Type 055駆逐艦拉薩大連Type 075上陸強襲艦海南Type 091V SSBN長征18も就役させている。
2021.07.05 時事通信

(Yahoo)

空自がフィリピンと訓練 初の2国間、首都近郊で <2108-070503>
 マニラ近郊で5日に比空軍と航空自衛隊が共同訓練を行った。 訓練は8日までの4日間、クラーク空軍基地で実施する。 人道支援と災害救助に関する内容で、空自は戦術輸送機C-130Hで孤立地域への物資投下などを行う。
 両者が2国間で訓練するのは初めてで、駐マニラ日本大使館は声明で「両国の防衛協力において重要な一里塚になる」と位置づけた。
2021.07.05 ロイタ通信

(Yahoo)

ロシアも黒海で軍事演習、敵船爆撃訓練を実施 <2108-070502>
 ロシアが3日、黒海において戦闘機や爆撃機による敵艦船爆撃を想定した演習で行ったと発表した。 ロシア黒海艦隊によると演習には艦隊航空部隊と南部軍管区の航空機が参加した。
 ロシアは黒海でNATOの演習を巡り西側諸国と対立しており、先月にはクリミア半島沖で「領海侵犯」した英駆逐艦を追いやるため、警告のための砲撃と爆撃を行ったと発表した。
2021.07.05 時事通信

(Yahoo)

円滑化協定、年内最終合意に期待 日豪の防衛協力強化 山上大使 <2108-070501>
 山上駐豪大使が5日付のAustralian紙に掲載されたインタビュー記事で、自衛隊と豪軍相互の国に滞在している間の法的地位などを規定する「円滑化協定」について、年内の最終合意に期待を表明した。 協定は日豪の防衛協力の強化を示し中国を牽制する狙いがあり、昨年11月の日豪首脳会談で大枠合意したが、豪州が廃止した死刑制度をめぐる調整が残っている。
 山上大使は、協定を通じて自衛隊が豪州を訪れる頻度が増えて滞在が長期化する一方、豪州側も日本での演習が増えると予想し、不測の事態が起きれば緊密に協力する必要があるとして、日豪間で相互運用性を高めることが重要だと強調した。
2021.07.04 朝日新聞

(Yahoo)

イスラエルがまたガザ空爆 続く応酬、交渉の難航背景か <2108-070405>
 イスラエル軍が3日夜、ガザ地区のハマス拠点を空爆したと発表した。 2日連続で、6月にイスラエルのべネット新政権が発足して以来、4回目の空爆となった。
 イスラエル軍は、ガザ地区から発火装置を積んだ風船が放たれたことへの報復措置だとしている。 地元消防によると、イスラエル南部では風船によるとみられる火災が発生したが被害は限定的である。
 6月中旬以降、風船による攻撃と空爆の応酬が断続的に続く背景には、長期的な停戦をめぐる協議が難航している事情がある。
2021.07.04 NHK ロシア プーチン大統領 「国家安全保障戦略」を6年ぶりに改訂 <2108-070404>
 プーチン露大統領が2日、国家安全保障戦略と呼ばれる安全保障政策の指針となる文書を2015年12月以来6年ぶりに改訂した。
 NATOの軍事力増強がロシアの脅威になっていると強調する一方、中国やインドとの関係強化を重視する方針を示した。 またサイバ空間における戦略も重視していくとしている。
2021.07.04 WoW! Korea

(Yahoo)

SLBM 水中発射成功…世界で8番目の技術保有国に=韓国軍 <2108-070403>
 韓国YTNが軍関係者を引用して4日、昨年末のSLBM地上発射成功に続き水中発射に成功したと報じた。 これにより、韓国は世界で8番目の技術保有国になる。
 今回成功した韓国のSLBMは玄武-2Bを改造したもので、最大射程距離は500kmほどである。
2021.07.04 共同通信

(Yahoo)

イスラエル貨物船に攻撃 乗組員けがなし <2108-070402>
 レバノンのTVが3日、インド洋北部イスラエルの貨物船攻撃を受け火災が発生したと報じた。 UAVやミサイルが使われたとみられる。 船はリベリア船籍でイスラエル人が所有し、サウジアラビアのジッダからアUAEに向かう途中だった。
 イスラエルのメディアによると攻撃されたのは同日で乗組員にけがはなかった。 イスラエル治安当局はイランが関与した可能性があるとみて調査している。
 アラビア海や紅海などでは、イスラエルとイランの船への攻撃が相次いでいる。
2021.07.04 日経新聞 防衛省、サイバー人材増強 NTTなど民間も採用 <2108-070401>
 防衛省サイバ戦能力を強化する方針で、関連費を4年度予算の概算要求に計上する。 平成30年度末時点で計430名だったサイバ部隊は段階的に増員して3年度末に800名と3年前の2倍にし、5年度には千数百名規模に拡大する。
 また2022年に自衛隊サイバー防衛隊を創設して陸海空の機能を集約しサイバ防衛全体を統括する体制にする。 さらに将来の担い手にするため、3年度には陸上自衛隊高等工科学校にサイバ専修コースを設けた。
 高度化するサイバ攻撃に備えるため7月1日付でNTTとラックの2社から1名ずつサイバーセキュリティ統括アドバイザーとして採用した。 企業に籍をおいたまま非常勤で週2~3日、防衛省で勤務する。
2021.07.03 AFP=時事

(Yahoo)

無人機の編隊で空に鳥や党旗 中国共産党創立100年のショー <2108-070304>
 中国共産党創立100年の節目となった1日に、広東省深圳市で開かれたショーでは、UAVの編隊飛行によって空に鳥や中国共産党の党旗などが描かれた。
2021.07.03 BBC News

(Yahoo)

アフガニスタンのバグラム空軍基地、最後の外国部隊が撤収 <2108-070303>
 米政府は2日、アフガニスタンの首都カブール北郊にあるBagram空軍基地から、米軍やNATO駐留部隊撤収が完了したと発表した。
 Bagram空軍基地は2001年10月に始まったアフガニスタン空爆以来、反政府勢力のタリバンやアルカイダに対する米軍などの最大の作戦拠点だった。
2021.07.03 時事通信

(Yahoo)

対ウクライナ国境を封鎖 ベラルーシ大統領が指示 <2108-070302>
 ベラルーシのルカシェンコ大統領が2日に独立記念の行事で演説し、ウクライナから大量の武器が流入していると主張し、ウクライナとの国境の完全封鎖を指示したと明らかにした。
 大統領は政権転覆を企てていたテロ組織を摘発したとも述べ、米国やドイツ、ウクライナなどが調整役として関与していたと説明したが、武器流入の主張も含めて真偽は不明で、危機をあおり、自らの統治を正当化する思惑もありそうである。
2021.07.03 朝日新聞

(Yahoo)

次期戦闘機、エンジンはロールスロイス?日英共同開発へ <2108-070301>
 複数の日本政府関係者によると、F-2後継となる次期戦闘機の開発について、政府はエンジンを英国と共同開発する方向で最終調整に入った。 日本はIHI社、英国はRolls-Roys社の参加を見込んでおり、将来の輸出も視野に入れた防衛協力を進める狙いもある。
 6月に英国で開かれた主要7ヵ国 (G7) 首脳会議の際に開かれた菅、ジョンソン両首相の会談でエンジンの共同開発についてのやりとりがあった。 同月下旬には防衛省の担当者が訪英し、エンジン部分を含めた協力について英側と協議し、両国で最終調整を行っている。
2021.07.02 産経新聞

(Yahoo)

島嶼国めぐり対中暗闘 インフラ整備阻止、情報戦がカギ <2108-070202>
 菅首相が2日の太平洋・島サミットで、太平洋島嶼国に対するインフラ整備支援に向けた意欲を改めて強調した。 政府は表向き中国に対抗する意図を否定するが、太平洋島嶼国への進出を強める中国系企業に対する警戒感を強めている。
 特に安全保障に直結するインフラ分野では、米国などと連携して中国の影響力をそぎたい考えで、島サミットはこうした取り組みを進めるうえで重要な会議となった。
2021.07.02 朝日新聞

(Yahoo)

イスラエル、またガザを空爆 発火装置積んだ風船に報復 <2108-070201>
 イスラエル軍は2日、ガザ地区から発火装置を積んだ風船が放たれたことへの報復措置として、ハマスの武器製造場所を空爆したと発表した。
 イスラエル南部では1日、風船によるとみられる4件の火事が起きた。 いずれもけが人は確認されていない模様だが、イスラエル軍は「ガザ地区のテロ行為に強く反発する」と声明を出した。
 5月にイスラエルとハマスなどガザ地区の武装勢力が停戦して以来、イスラエル軍がガザ地区の空爆を発表するのは3度目である。