イラクに関する記事

年 月 日
出   典
標       題
要             旨
2024.05.03
 09:05
Reuter 通信

(Yahoo)

イラク武装勢力、イスラエルをミサイル攻撃 テルアビブ標的=関係筋 <2406-050307>
 イラクの親イラン勢力を統括する「イラクのイスラム抵抗運動」の関係筋が2日、イラク領内から複数のCMでイスラエルの目標を攻撃したことを明らかにした。 関係筋は、イスラエルのテルアビブを初めて狙ったものとしている。
イラクのイスラム抵抗運動は、2023年10月7日にイスラエルとイスラム組織ハマスの戦争が起きて以降、イラクとシリアに駐留する米軍やイスラエルの標的に対して、ロケット弾やUAVによる攻撃を多数行ったと主張している。
 イスラエルはイラクの武装勢力が主張する攻撃について公にコメントしていない。
2024.04.22
 10:49
AFP=時事

 (Yahoo)

シリア駐留米軍基地にロケット弾攻撃 イラク北部から発射 <2405-042207>
 イラク治安部隊が、21日夜に同国北部からシリアに駐留する米軍主導の有志連合軍の軍事基地に向けてロケット弾が発射されたと明らかにした。
 治安部隊は声明で、同日21:50頃、「武装勢力がシリア領内にある多国籍軍の基地を数発のロケット弾で攻撃した」とし、イラク軍が同国北部ニナワ州で大規模捜索を行ったところ、攻撃に使用された車両を発見したとしている。 有志連合軍に対する本格的な攻撃は数週間ぶりである。
 英国を拠点とするシリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)は、米軍が駐留しているシリア北東部ハラブアルジル基地に、イラク領内から数発のロケット弾が発射されたと述べた。
 攻撃したのは、親イランの民兵諸派連合のイラクのイスラム抵抗運動との見方を示した。
2024.04.22
 08:44
Reuters 通信

 (Yahoo)

シリア米軍基地にイラクからロケット弾発射、親イラン派が攻撃か <2405-042204>
 イラクの治安当局関係者がReutersに、同国から21日にシリア北東部にある米軍基地に向けて少なくとも5発のロケット弾が発射されたことを明らかにした。
 前日にはイラクのスダニ首相が米国訪問から帰国したばかりで、米軍への攻撃は、イラクでイランの支援を受ける組織が2月上旬に攻撃を停止して以降初めてである。
 複数の関係者によると、シリアと国境を接する町でロケット発射装置が設置された小型トラックが炎上し、発射されていないロケット弾の爆発によるもので、この際に戦闘機が上空を飛行していたという。 関係者の1人は「トラックが米軍機に爆撃されたかどうかは調査しなければ確認できない」と述べた。 治安部隊が地域に配置され、別の車両を使って逃走した複数の人物の捜索を開始したという。
 治安情報当局は、イラク軍がシリア国境付近で犯人の広範な捜索を開始したとし、犯罪者に裁きを受けさせると表明した。 関係者によると、トラックは押収され、初期段階の調査では空爆によって破壊されたことが判明したという。
 20日未明にはイラクの軍事基地で大きな爆発があり、イラクの治安組織の人民動員隊 (
PMF) の戦闘員1人が死亡していた。
2024.04.20
 10:12
毎日新聞

(Yahoo)

イラク軍事施設で爆発か シーア派民兵組織の弾薬庫 米報道 <2405-042008>
 CNNによると、20日にイラクの首都バグダッド南部にある軍事施設で爆発があった。 死傷者の有無などは分かっていない。
 イラクの治安当局者がCNNに語ったところによると、この施設は親イランのシーア派民兵組織の人民動員隊 (PMF) が弾薬庫として利用していたという。
2024.04.20
 03:00
RBC Ukraine Powerful explosion occurred at military base in Iraq - Reuters <2405-042004>
 Reuters通信によると、バグダッド近郊でイラク人民動員軍 (
PMF) の基地で激しい爆発が起きた。 爆発は非常に強力で、事件は19日遅くに発生したとされている。 Reuters通信はPMFの情報筋2人の話として、攻撃で死傷者はなかったが、物的損害をもたらしたと指摘したと報じている。 しかし、AFP通信は、イラク内務省の情報筋の話として、爆発で1人が死亡し、8人が負傷したと報じている。
 さらにPMFの代表は、攻撃はバグダッドの南50kmにあるイスカンダリヤ市近くのカルフォルス基地にあるPMF本部を攻撃目標にしたと語った。
 PMFは、しばしばイランの代理人と結びつけられているが、名目上はイラク軍の支配下にある民兵の連合体であると報じられた。 2023年の冬にPMFは声明で、バグダッドの作戦副責任者であるサーディ(別名アブ・タクワ)が、殺害されたと発表した。
2024.03.15
 12:52
Reuters 通信

(Yahoo)

トルコとイラクが安保会議、クルド労働党対策など協議 <2404-031512>
 イラク外務省が、トルコとイラクの政府高官が14日、バグダッドで安全保障会合を開き、非合法武装組織クルド労働党 (PKK) への対策などについて協議したと発表した。
 トルコ政府がイラク北部の山岳地帯を拠点とするPKKへの対策を強化し、国境を超えて作戦を展開するため両国の関係はここ数年揺れ動いている。
 イラクは、トルコが同国の主権を侵害していると批判しているのに対し、トルコは自国を守るためと主張しPKKに対して新たな越境作戦を展開する可能性があると警告している。
2024.02.08
 20:30
朝日新聞

(Yahoo)

米軍が殺害の親イラン組織司令官、シリアの作戦責任者か <2403-020816>
 米中央軍が7日、イラクで親イラン武装組織Kata'ib Hizballahの司令官を攻撃して殺害したと発表した。 複数の欧米メディアによると、7日19:30頃に首都バグダッドで自動車がUAVの攻撃を受けた。
 AP通信はKata'ib Hizballahの上級司令官ら3人が殺害されたと報じた。 同通信などによるとこの司令官はアルサアディ氏で、シリアにおけるKata'ib Hizballahの作戦の責任者を務めていたという。
2024.02.08
 07:22
毎日新聞

(Yahoo)

米軍、イラク首都で「神の党旅団」幹部殺害 米兵死亡に再びの報復 <2403-020804>
 米中央軍は7日、ヨルダンで米兵3人が死亡したUAV攻撃の報復として、親イラン武装組織Kata'ib Hizballahの幹部をイラクで殺害したと発表した。
 中央軍は、この幹部がイラクやシリアの駐留米軍に対する攻撃計画に直接関与していたと説明している。 米軍による報復は3日に続いて2回目となる。
2024.02.03
 07:14
朝日新聞

(Yahoo)

米軍、イラクとシリアの親イラン組織施設を攻撃 3米兵死亡への報復 <2403-020302>
 米中央軍が2日、米兵3人が死亡したヨルダンの米軍基地攻撃への報復として、イラクとシリアでイランの革命防衛軍Quds部隊や関連する民兵組織を攻撃したと発表した。
 85以上の目標に対し、125発以上の精密弾を発射したという。
 攻撃対象には、指揮統制拠点、情報活動の施設、ロケットやミサイル、UAVの保管庫などが含まれる。
2024.02.01
 13:28
ロイタ通信

(Yahoo)

イラクの親イラン勢力、両国から攻撃停止迫られた=関係筋 <2403-020111>
 イラクの親イラン勢力Kata'ib Hizballahは2023年10月以降、米軍に対し多数の攻撃を主導してきたが、イラン政府やイラク与党からの圧力で攻撃停止に至ったことが、関係筋の話で分かった。
 ただ、米政府はヨルダン北東部の米軍基地で米兵3名を殺害した28日のUAV攻撃について、Kata'ib Hizballahが実行したと見ている。
2024.01.25
 01:42
ロイタ通信

(Yahoo)

米軍の攻撃は「無責任なエスカレーション」、イラクが非難 <2402-012502>
 イラクのスダニ首相の報道官が24日、イラクでのイランの支援を受ける武装勢力の関連施設に対し前日に行われた米軍の攻撃は「イラクの安全保障と安定を損なうという明確な決意」を示すものだと述べた。
 オースティン米国防長官は23日、米軍はイラクでカタイブ・ヒズボラ(神の党旅団)など親イラン武装組織が使用する3施設に対し、必要かつ適切な攻撃を行ったと明らかにした。 イラクの空軍基地が週末に攻撃され、駐留米軍兵士が負傷したことを受けた対応という。
 スダニ首相の報道官は「この容認できない行為は、長年の協力を台無しにし、イラクの主権をあからさまに侵害し、無責任なエスカレーションを助長するものだ」とし、米国に対するこれまでにない厳しい批判を展開した。
2024.01.24
 09:06
時事通信

(Yahoo)

米軍、イラクで空爆 親イラン組織拠点に報復 <2402-012404>
 米軍がイラクで23日、20日に駐留米軍の拠点が攻撃を受けたことに対する報復として、親イラン武装組織のカタイブ・ヒズボラなど3拠点を空爆したと発表した。
 米軍の発表では、空爆の目標となったのはミサイルなどの武器庫や無人機の訓練場などで、オースティン国防長官は声明で「われわれは米国民とその施設を守るため、さらなる措置を取る用意がある」と追加攻撃を示唆した。
2024.01.16
 07:49
時事通信

(Yahoo)

革命防衛隊、イラクとシリア攻撃 イスラエル機関の「拠点破壊」 イラン <2402-011605>
 イラン革命防衛軍 (
IRGC) が16日、隣国イラクとシリア領内をBMで攻撃したと明らかにした。 イラクでは北部クルド人自治区アルビル近郊の「イランに対する諜報活動とテロ計画の拠点」を攻撃目標にし、イスラエルの対外情報機関モサドの拠点を破壊したと主張した。
 イラクのメディアによると空爆は15日深夜に行われ、民間人4人が死亡した。 イラン外務省報道官は16日、テロに対抗して主権と安全を守る軍事行動だと正当化するのに対し、イラク政府とクルド自治政府は「主権侵害」と反発し、駐イラン大使の召還を決めた。
 IRGCは、上級軍事顧問が2023年12月にシリアでイスラエルからのミサイル攻撃で死亡し、イランは「イスラエルは犯罪の代償を必ず払う」(ライシ大統領)と報復を宣言していた。
 アルビルには米軍部隊も駐留しているが、米軍関連施設への被害は確認されていない。 AFP通信によると、米国務省報道官は「無謀な攻撃」と非難した。
2024.01.09
 05:04
ロイタ通信

(Yahoo)

米、イラク駐留部隊の撤収計画ない=国防総省 <2402-010901>
 米国防総省のライダー報道官が8日、米国はイラクに駐留する2,500名の部隊を撤収する計画はないと述べた。
2024.01.06
 07:44
時事通信

(Yahoo)

イラク首相、駐留米部隊「撤収させる」 親イラン部隊の司令官殺害で <2402-010603>
 イラクのスダニ首相が5日、テロ組織掃討のため同国に展開する米軍主導の国際部隊について「駐留継続の理由がなくなったため、終了を求める断固とした立場を確認する」と述べ、撤収させる決意を表明した上で、駐留終了の段取りを決める話し合いを近く開始すると明らかにした。
 イラクでは4日、親イラン民兵組織からイラク軍に編入された部隊の司令官が、米軍のUAV攻撃で殺害された。 米政府は自衛目的だと説明したが、親イラン政党の支持を受けるスダニ政権は「目に余る攻撃だ」と非難していた。
2024.01.06
 04:38
ロイタ通信

(Yahoo)

イラク、米主導の駐留連合軍の撤収手続き着手=首相府 <2402-010602>
 イラク首相府が5日、イラクに駐留する米軍主導の有志連合軍を撤収させるための手続きに着手すると表明した。 スダニ首相は声明で「有志連合軍が駐留する正当性がなくなったため、駐留を終わらせるという確固たる立場を強調する」とした。
 政府当局者によると、同委員会には軍事連合の代表も含まれる。
 イラクに2,500名の部隊を駐留させている米国防総省は、イラク首相府の発表についてコメントを控えている。
2024.01.06
 03:03
ロイタ通信

(Yahoo)

武装ドローンがイラク北部の米軍基地を攻撃 <2402-010601>
 イラク北部クルディスタン地域(クルド人自治区)の対テロ部隊が5日、武装UAVが米軍および国際軍が駐留するイラクのハリール空軍基地を攻撃したと発表した。
 イラクのイスラム抵抗運動と呼ばれるグループは、ドローンでハリール空軍基地を攻撃したと発表した。
 一方、イラク警察が3日に
GLCMを発見したことについて米軍が謝意を表明した。 米当局によると、このミサイルはイラク国内の米軍を狙ったものという。
2023.12.09
 07:35
ロイタ通信

(Yahoo)

バグダッドの米大使館に迫撃砲7発、死傷者なし <2401-120902>
 米軍当局者によると、イラクのバグダッドにある米大使館の敷地内に8日未明、7発の迫撃砲弾が着弾した。 高官によると、被害は非常に軽微で負傷者はいなかったが、着弾しなかったさらに多くの迫弾が発射された可能性もあるという。
 米大使館が攻撃されたのは1年ぶりで、10月中旬以降、米軍が駐留する軍事基地が頻繁に攻撃を受ける中、今回は目標の範囲が広がったとみられる。
2023.12.04
 08:52
ロイタ通信

(Yahoo)

米軍、イラクで親イラン武装勢力を空爆 駐留部隊への攻撃阻止 <2401-120408>
 複数のイラク治安筋が、北部キルクーク近郊駐留米軍に向けて爆発物を発射する準備をしていた親イラン武装勢力構成員5人が米軍の空爆で死亡したことを明らかにした。
 米軍当局者はキルクーク近郊のUAV発射場を攻撃目標に、差し迫った脅威に対する自衛攻撃を3日に実施したと確認した。
 イランと緊密な関係にある複数のイラク民兵諸派を傘下に持つイラクのイスラム抵抗運動は声明で、構成員5人が死亡したと明らかにし、米軍への報復を表明した。
2023.10.25
 11:21
ロイタ通信

(Yahoo)

クルド自治区の石油会社、契約合意なら生産再開へ=イラク首相 <2311-102513>
 イラクのスダニ首相が24日、北部クルディスタン地域(クルド人自治区)で操業している外国の石油会社が、石油生産コストと契約について合意すれば1ヵ月以内に生産を再開すると伝えてきたと明らかにした。
 国際商工会議所 (ICC) は3月に、2014年から2018年にかけての無許可輸送に対する損害賠償トルコがイラクに支払うよう裁定を下した。 これを受け、同地域からパイプラインを通じたトルコへの原油輸送は停止されている。
2023.10.04 Stars & Stripes Turkey strikes Kurdish militants in Iraq again after warning of retaliation for a bombing in Ankara <2311-100417>
 トルコが10月4日、イラクにあるクルド人武装勢力拠点を空爆した。
 この攻撃は、トルコの外相が今週アンカラで起きた自爆攻撃への報復としてイラクとシリアのPKK拠点を攻撃すると述べた数時間後に行われた。
2023.09.16
 21:48
日経新聞 トルコ軍、イラク北部を空爆 武装組織の施設破壊 <2310-091608>
 トルコ軍が16日、イラク北部で武装組織クルド労働者党 (
PKK) に対して13日と15日に空爆を行ったと発表した。 軍は洞窟や倉庫など31ヵ所的を破壊し多数のテロリストが無力化されたと強調した。
 PKKは1984年に反政府武装闘争を開始したクルド人の独立を求めてきた武装組織で、トルコのほか、米国とEUがテロ組織に指定している。
2023.07.22
 07:09
時事通信

(Yahoo)

コーラン焼却、男性の素顔 イラク難民、逮捕歴 将来スウェーデンで議員に? <2308-072205>
 ストックホルムで6月にコーランを破って火をつけ、イスラム社会を中心に国際的な批判の的となった男性はスウェーデンで暮らすイラク難民のモミカ氏で、ISISと戦うキリスト教系の武装組織と関係があったとされ、逮捕歴もある。
 モミカ氏は警察に今年2月に抗議活動の開催許可を求めていたが、1月にデンマークで起きたコーラン焼却事件の影響で、当局はこれを拒否したのに対し、裁判所が決定を覆したためデモに至った。
2023.07.21
 02:41
ロイタ通信

(Yahoo)

欧米、イラクのスウェーデン大使館攻撃を非難 <2308-072104>
 米国務省のミラー報道官が20日、イラクの首都バグダッドでデモ隊がスウェーデン大使館に放火したことを不法な暴力行為と強く非難し、イラクの治安部隊がデモ隊による公館侵入を阻止しなかったことは「容認できない」と批判した。
 EUも、バグダッドでスウェーデン大使館が襲撃されたことを非難するとともに、速やかなイラクとスウェーデンの関係正常化を望むとした。
 イラク首相府は声明で、バグダッドのスウェーデン大使館に火がつけられたことを強く非難。こうした行為は治安違反だとし、外交使節団を保護すると表明し、同時に「スウェーデン政府に対し、コーランが焼却される事件が再発すれば、外交関係を断絶する必要に迫られると通告した」とし、駐イラクのスウェーデン大使に国外退去を求めた。
2023.07.21
 00:47
ロイタ通信

(Yahoo)

イラク、スウェーデンに聖典焼却再発なら断交と警告 大使に国外退去要請 <2308-072102>
 スウェーデンのTT通信社が19日にスウェーデン警察が20日にストックホルムのイラク大使館前で集会を開催する許可を出したと報道した。 申請者はコーランとイラク国旗を燃やす意思を示していたことで、イラクではイスラム教シーア派指導者サドル師の支持者がTelegramなどでデモを呼び掛け、20日早朝にバグダッドのスウェーデン大使館に数百人の抗議者らが突入し火をつける事態が発生した。
 ストックホルムでの集会は開始されたものの、コーランが燃やされることなく、集会は終了した。
 イラクが20日、ストックホルムにあるイラク大使館前で集会を開催する許可が出され、コーランを燃やすとみられるデモが再び行われる可能性があることに抗議し、駐イラクのスウェーデン大使に国外退去を求めた。
 イラク政府の声明によると、政府はスウェーデン駐在の臨時代理大使を召還すると共に、イラク国営通信はスウェーデンの通信機器大手Ericsson社のイラク国内での就労許可が停止されたと報じた。
2023.07.20
 18:29
ロイタ通信

(Yahoo)

在イラク大使館襲撃は容認できず、職員は無事=スウェーデン外相 <2308-072007>
 スウェーデンのビルストロム外相が20日、イラクの首都バグダッドのスウェーデン大使館襲撃を受けて声明を発表し、職員らは無事だったと明らかにした。 イラク政府はウィーン条約に基づいて大使館を保護しなければならないが、責任を果たさなかったと非難した。
 「今回の事件は全く容認できない。政府は襲撃を強く非難する」とし「失望を伝えるためにイラク高官と連絡を取っている」と述べた。
2022.11.20
 17:46
時事通信

(Yahoo)

シリア北部で対テロ報復空爆 トルコが「新たな作戦」 <2212-112006>
 トルコ国防省が20日、クルド人勢力が活動するシリアイラク北部新たな空爆作戦を19日から20日にかけて行ったと発表した。 イスタンブールで13日に起きたテロ事件の報復で、トルコへの越境テロ攻撃を防ぐのが狙いと説明している。
 アカル国防相は声明で、空爆で「テロリストの基地」を標的にしたと述べ、成功裏に行われたと強調した。 クルド人を主力とするシリア民主軍(SDF)は、シリア北部の複数の地域が空爆を受けたと述べた。
2022.09.29
 01:34
日経新聞 イラン革命防衛隊、イラク北部を攻撃 9人死亡 <2210-092901>
 イラン革命防衛軍が28日、イラク北部のクルド人自治区にある反イラン武装勢力の拠点ミサイルやUAVで攻撃した。 ロイタ通信によると少なくとも9人が死亡し32人が負傷した。 死者はさらに増える可能性がある。
 イランでは22歳のクルド人女性が風紀警察に拘束され、その後、急死したことを受けて抗議デモが全土に拡大しているが、イランメディアによると、革命防衛軍は暴動に役割を果たした拠点を攻撃したと主張している。
2022.08.30
 05:34
ロイタ通信

(Yahoo)

イラクでサドル師派と親イラン派が衝突、少なくとも10人死亡 <2209-083003>
 バグダッドで29日にシーア派の指導者サドル師の支持者と、対立する親イラン勢力が衝突し、少なくとも10人が死亡した。
 サドル師はこの日、政治活動から引退する意思を表明し、ツイッターで「私はここに最終的な撤退を発表する」と発表して改革を求めるサドル師の声に耳を貸さない同じシーア派の政治指導者を批判していた。
 この数時間後、議会前ですでに数週間にわたる座り込みを続けていたサドル師の支持者らがデモを展開し、首相府の建物を襲撃する事態に発展した。
2022.08.03 Jane's Defence Weekly Thales to supply Iraq's ADC with air-surveillance radars <2210-080304>
 イラクが7月24日に開かれた新たな防空司令部の建設開始式典で、Lockheed Martin社製TPS-77と共にThales社製レーダを装備すると発表した。
 式典会場に掲示されたポスタにはThales社のGM400及びGM200レーダが写っていた。
 TPS-77の捕捉距離が300kmであるのに対しGM400は400kmである。
2022.07.21
 04:44
朝日新聞

(Yahoo)

「対テロ」作戦でトルコが越境砲撃、観光客9人犠牲 イラク猛反発 <2208-072103>
 イラク北部ザホ近郊のリゾート地に20日、トルコ軍による砲撃があり、イラクの地元当局によると、観光客ら少なくとも9人が死亡、20人以上が負傷した。
 現場はトルコ国境に近いクルド人自治区にあり、周辺ではトルコがテロ組織とみなすクルディスタン労働者党 (
PKK) に対する掃討作戦として、トルコ軍が越境攻撃を繰り返している。
2022.07.06 Jane's Defence Weekly Iraq announces - but does not show - first KAI T-50 jet trainer take off <2209-070605>
 イラクが2013年12月に韓国KAI社に$360Mで発注したT-50練習/軽攻撃機24機の1機が6月22日に初飛行した。
 1号機は2017年に納入されていたが支払いのトラブルで2021年8月時点では使われていなかった。
2022.05.31 Stars & Stripes 5 missiles hit Iraqi base hosting US troops; no casualties <2206-053110>
 イラクの治安当局者2名が、米軍が駐留しているイラク西部Anbar県のAin al-Asadイラク軍基地が5月30日に、少なくとも5発のGradロケット弾攻撃を受けたと述べた。
2022.05.02
 12:55
ロイタ通信

(Yahoo)

イラク北部の製油所にミサイル、タンク一時炎上 <2206-050207>
 イラク治安部隊によると、北部のクルド人自治区クルディスタン地域のアルビル市で1日に石油精製施設がミサイル攻撃を受けた。 攻撃で主要タンクの一つが火災を起こしたが鎮火したとしている。 クルディスタン地域のテロ対策当局は1日にアルビルのKAR製油所の付近にミサイル6発が着弾したと発表した。 ミサイルは北部ニネベ州から発射されたとしていた。 治安部隊は、ミサイル攻撃後にニネベ平原で発射機とミサイル4発を発見し、ミサイルを無力化したと述べた。  アルビルの製油所周辺には4月6日にもミサイル3発が撃ち込まれており、3月にはイランがアルビルにBM攻撃を行った。
Arbil の位置 (Google Map)】
2022.03.13
 20:13
時事通信

(Yahoo)

ミサイル攻撃認める イラン革命防衛隊 <2204-031304>
 イラン革命防衛隊が13日に声明を出し、イラクにあるイスラエルの戦略拠点をミサイルで攻撃したと認めた。
2022.03.13
 11:59
時事通信

(Yahoo)

イラク北部に弾道ミサイル 東方から12発、死傷者なし <2204-031303>
 ロイタ通信が、イラク北部クルド人自治区の主要都市アルビルで13日、BMによる攻撃があったと報じた。 死傷者はいなかったという。 ロイタなどによると、地元当局者はイラク国外の東方から12発のBMが発射され、着弾したと明らかにした。
 アルビルには駐留米軍の基地があるが、米政府関連施設に被害はなかったという。 アルビルでは、イランが過去に駐留米軍基地を狙った攻撃を行ったことがある。
2022.01.21 AFP=時事

(Yahoo)

IS、イラク軍基地を夜襲 兵士11人死亡 <2202-012112>
 イラク東部ディヤラ州で、軍の基地ISISの夜襲を受け、兵士11人が死亡したことを、同州に駐留する軍幹部が21日に明らかにした。
Diyala州の位置 (Google Map)】
2022.01.14 ロイタ通信

(Yahoo)

イラクの米大使館に向けロケット弾、女性と子ども負傷 <2202-011402>
 イラク軍が13日、バグダッドの米大使館に向けてロケット弾が発射され、1発が学校に落下して女性1人と子供1人が負傷したことを明らかにした。
 イラク軍当局者はロイタに対し、2~3発カチューシャ・ロケット弾が大使館に向けて発射され、少なくとも2発は大使館の
C-RAMシステムによって撃墜されたと述べた。
 イラクでは1月に入り、米国の軍事拠点や公館を目標にした攻撃が相次いでいるが、これまでのところ米側に負傷者は出ていない。 米国は一連の攻撃について、一部はイラン系民兵組織が関与しているとみている。
2022.01.03 Stars & Stripes Coalition: 2 armed drones shot down at Baghdad airport <2202-010305>
 2020年に米軍がイランのソレイマニ将軍を殺害した記念日1月3日に、爆装した固定翼自爆UAV 2機バクダッド空港に飛来したが、米主導連合軍の
C-RAMシステムで撃墜された。
2021.12.09 時事通信

(Yahoo)

米軍、イラク戦闘任務終了 助言・訓練に集中 <2201-120908>
 イラクのアラジ国家安全保障顧問が9日、イラクに駐留する米軍主導の有志連合部隊戦闘任務が終了したことを明らかにした。 米軍は今後もイラクに残りイラク軍への助言と訓練のみに注力する。
 バイデン米大統領は7月のカディミ・イラク首相との会談で、年末までに駐留米軍が戦闘任務終了することで合意し、2,500名が駐留している米軍の主要任務は既にイラク軍への支援や訓練に移っていたため、戦闘任務が終わっても大規模な削減にはならないとみられる。
2021.12.06 ロイタ通信

(Yahoo)

IS がイラク北部で攻撃、5人死亡・6人負傷=治安筋 <2201-120604>
 複数のクルド自治政府治安筋が5日、ISISイラク北部のカラ・サレム村付近で攻撃を行い、治安部隊Peshmergaの兵士4名と民間人1人が死亡、6人が負傷したことを明らかにした。
 Peshmergaのある大佐は、ISISの戦闘員が一撃離脱戦法を用いて夜間に攻撃を行っているとしたうえで、さらなる攻撃を防ぐため増援部隊が派遣されたと述べた。 イラク軍関係者によると、国軍の治安部隊Peshmergaを支援するため動員されている。
2021.12.01 産経新聞

(Yahoo)

イラク、民兵勢力の反発激化も 国会総選挙結果発表 <2201-120106>
 イラクで11月30日、10月に行われた国会議員総選挙の最終結果が発表され、イランと連携する反米の民兵組織に直属する勢力の議席大幅減が確定した。 選管の発表によると、反米・反イランシーア派の有力指導者サドル師の政治組織が2018年の前回選から19議席増の73議席を獲得し、最大勢力を維持した一方、前回選で48議席と躍進した親イラン民兵組織直系の征服連合は17議席と低迷し、37議席を獲得したスンニ派政党に第2勢力の座を譲った。 親イラン勢力の国内浸透を嫌う有権者が増えたことが一因とみられる。
 民兵組織は集計が不正操作されたとして結果を認めず反発を強めている。 イラク駐留米軍の戦闘部隊は今年末までに撤収する予定で、治安の不安定化を懸念する声も出ている。
2021.11.19 CNN

(Yahoo)

ベラルーシ当局、国境の移民キャンプを撤去 イラク人移民は帰国開始 <2112-111901>
 ベラルーシの国境警備隊が18日、ポーランドとの国境に設置された検問所にある移民キャンプを撤去し、移民全員を倉庫を改造した仮設の事務センターに移送した。 この仮設キャンプにはここ数週間、多数の移民が集結していたが、数ヵ月にわたって事態が膠着状態に陥り、地域の緊張を高めていた事態が終結に向かうことになった。  その一方でイラク政府は18日、ベラルーシからの出国を希望した自国民を帰国させ始めた。 イラク運輸省は声明でベラルーシの国境からミンスクへと移送されたイラク人400人以上イラク航空機で送還されたと発表。 またベラルーシ政府によると、中東地域の出身者を主とする移民7,000人が依然として同国に滞在しており、うち2,000人はブルズギ近郊の国境地帯に滞在しているという。
2021.11.17 Jane's Defence Weekly KAI announces Iraqki T-50 deal <2201-111717>
 KAI社が11月8日、イラク国防省とT-50IQ高等練習機の維持整備、弾薬の管理、パイロットの訓練で$360Mの契約を行ったと発表した。
 イラクは2013年12月にT-50IQ 24機を発注し、2017年から配備しているが、イラク国防相は8月にTVで、T-50IQは財政上の問題から全く飛行していないと述べていた。
2021.11.08 時事通信

(Yahoo)

親イラン組織の犯行か イラク首相暗殺未遂 <2112-110806>
 ロイタ通信が8日治安当局者らの話として、イラクで7日未明に発生したカディミ首相に対する暗殺未遂で、イランが支援するシーア派民兵組織が関与していたと報じた。 攻撃に使われたUAVや爆発物はイラン製だったという。
 バグダッド中心部にあるカディミ首相の自宅が3機のUAVで攻撃され、うち2機は迎撃されたが残る1機が爆発した。 カディミ首相は無事だった。
2021.11.07 時事通信

(Yahoo)

イラク首相自宅に無人機攻撃 数人負傷、カディミ氏は無事 <2112-110702>
 イラクの首都バグダッド中心部の制限区域にあるカディミ首相の自宅が7日に爆発物を積んだUAVの攻撃を受けた。 首相殺害を狙ったとみられ、地元メディアによれば警備要員数人が負傷したが、カディミ氏は無事だった。
 イラクでは10月の総選挙で親イラン政党連合が低迷したため選挙の不正を訴えるデモ隊の行動が激化し、治安当局との衝突で死傷者が出ており、政府に反発する勢力の犯行である可能性が高い。
2021.07.26 共同通信

(Yahoo)

イラクで戦闘任務終了へ 年内に米軍、IS掃討 <2108-072607>
 米政府が26日、イラク駐留米軍年内に戦闘任務を終え、イラク軍などの訓練や助言に専念する見通しを明らかにした。 バイデン大統領とイラクのカディミ首相による26日の会談で合意する。
 米軍はアフガニスタンからの撤退も進めており、バイデン政権は長期化した米軍の国外駐留に終止符を打つことをアピールしたい考えで、10月のイラク議会選をにらんで米軍駐留に反対する世論を踏まえ戦闘任務終了を成果にしたいカディミ氏と思惑が一致した。
2021.07.08 ロイタ通信

(Yahoo)

バグダッドの米大使館にロケット弾攻撃=イラク治安筋 <2108-070803>
 イラクの治安当局者がロイタに、バグダッドの「グリーンゾーン」内にある米大使館に8日未明に2発のロケット弾が発射されたことを明らかにした。 グリーンゾーン内には政府の建物や外国公館などがあり、米大使館からはサイレンが鳴り響いたという。
 グリーンゾーン内で勤務する治安当局者によると、1発は大使館のロケット防衛システムによって着弾を回避した。 複数の当局筋によれば2発目はグリーンゾーンの境界付近に着弾した。
2021.07.08 時事通信

(Yahoo)

米軍基地へ再びロケット弾 兵士2人軽傷 イラク <2108-070802>
 米軍などが駐留するイラク西部のアサド基地へ7日、ロケット弾14発が発射された。 基地やその周辺に着弾し、ロイタ通信によると、米兵2人が脳震盪などの軽傷を負った。
 同基地は5日にもロケット弾で攻撃されたばかりで、6日にはクルド自治区にあるアルビルでも駐留米軍がUAVで攻撃を受けた。 負傷者は出なかったが、いずれも親イラン派民兵組織の犯行とみられる。
2021.07.05 時事通信

(Yahoo)

イラク米軍基地にロケット弾 親イラン派の攻撃か <2108-070506>
 バグダッド西方にあるアサド基地に向けて5日、ロケット弾が発射され3発が基地周辺に着弾したが、被害は調査中という。 基地には過激派掃討を担う米軍主体の有志連合部隊が駐留している。
 バイデン米政権が6月下旬にシリアとイラクの国境地帯にある親イラン派民兵組織の施設3ヵ所を空爆し、報復を宣言していた民兵側の攻撃の可能性が高い。
2021.06.29 CNN

(Yahoo)

シリア駐留米軍にロケット攻撃、前日にはイラン支援の武装勢力に空爆 <2107-062901>
 米主導のシリア駐留部隊の報道官が、28日にシリア東部にある米軍基地にロケット弾が着弾米軍が反撃したことを明らかにした。 一部のロケットは米軍部隊のすぐそばに着弾したが、初期報告によれば負傷者は出ていない。
 事情に詳しい米国防当局者によると、ロケット弾はシリア東部デリゾール近郊の近接地域で活動するイランの支援を受ける武装勢力が発射した可能性が高いが、発射源は確認できておらず、現時点では何発が発射されたのか不明だという。
 米国は前日にイランの支援を受ける武装勢力に対して空爆を実施していた。
2021.06.22 AP 通信

(Yahoo)

英空母クイーン・エリザベス 地中海東部で初の実戦経験 <2107-062203>
 英海軍が6月18日から、地中海東部を航行中の空母Queen Elizabeth艦載機による、イラク国内のISIS残党に対する掃討作戦を実施している。 アフガニスタンからの撤退で手一杯の米国に代わって、イラク国内での作戦を遂行している英海軍にとって、地上軍部隊の航空支援を行うのはほぼ20年ぶりで、Queen Elizabethにとって初の実戦参加となる。
 Queen Elizabethの存在はまた、F-35Bに対するロシアの関心を呼んだようで、空と海からの監視対象になっているという。
 Queen Elizabethは向こう2~3週間地中海東部で作戦を続行した後に、スエズ運河経由でインド、日本、韓国、シンガポールを訪問する。
2021.02.19 NHK NATO イラクの治安部隊に訓練を行っている要員を大幅増 <2103-021903>
 NATOが18日にオンライン形式で国防相会議を開き中東の治安情勢などを協議し、イラクでの治安の不安定化を受けて、現地の治安部隊に訓練を行っている要員を大幅に増やすことを決めた。 その結果、イラクで現地の治安部隊に訓練を行っているNATOの部隊を、現在の500名から4,000名へと大幅に増員される。
 また会議ではアフガニスタンに展開する米軍を含む国際部隊の撤退時期も協議した。 アフガニスタンでは昨年タリバンと米国が和平合意を結び、5月1日までに米軍がアフガニスタンから完全に撤退することにしているが、米国はタリバンが合意を守っていないとしていて、撤退を延期すべきかどうかが焦点になっている。
2021.01.07 共同通信

(Yahoo)

イラクがトランプ氏逮捕状 イラン司令官殺害で <2102-010702>
 イラクの国営通信が、バグダッドの裁判所が7日に昨年1月にイラン革命防衛軍のソレイマニ司令官とイラクの親イラン組織創設者の殺害に関与したとしてトランプ米大統領の逮捕状を出したと報じた。
 対米批判の象徴的な逮捕状で、執行される可能性はほとんどない。
2020.06.26 ロイタ通信

(Yahoo)

イラク治安部隊、バグダッド南部の親イラン武装組織の拠点を襲撃 <2007-062602>
 イラクの治安部隊が25日遅く、バグダッド南部にあるイランが支援するシーア派武装組織「カタイブ・ヒズボラ」の拠点を襲撃し10人以上を拘束した。 米当局は以前から、同組織がイラク内の米軍駐留基地などにロケット弾を発射していると指摘していた。
 ただ、今回の襲撃について関係者の話は錯綜しており、拘束人数をPMF関係者は19人、政府当局者は23人としている。
2019.05.20 News Week

(Yahoo)

「イランは終わりだ!」バグダッドの米大使館付近へのロケット砲攻撃にトランプ激怒 <1906-052005>
 イラクの首都バグダッドにある米大使館付近ロケット砲が撃ち込まれた5月19日、一報が報じられた直後にトランプ米大統領はツイートでイランに不吉な最後通牒を突き付けた。
 米国と戦う気なら、イランは正式に終わりだ」と、トランプはツイートし、二度と米国を脅迫するな!と激昂した。
2019.05.20 時事通信

(Yahoo)

米大使館近くにロケット砲=「イランの脅威」警戒中-イラク <1906-052002>
 イラク軍によると、首都バグダッド中心部で政府庁舎や米国大使館など在外公館が集まる制限区域グリーンゾーン内に19日、何者かがロケット砲を撃ち込んだ。
 米大使館への被害や死傷者はなかった。
2019.05.15 ロイタ通信

(Yahoo)

米、イラク駐在の一部政府職員に退避令 イランの脅威懸念で <1906-051505>
 米国務省が15日、イラクに駐在する政府職員の一部に退避命令を出した。 特定の脅威があるかどうかは不明だが、イラン政府が支援する勢力からの脅威を念頭とした措置と見られる。
 バグダッドの大使館とクルド人自治区の首都アルビルの領事館で緊急任務に就いていない職員に出国するよう命じたもので、何人の職員が出国するかは不明である。 国務省は、大使館と領事館での通常のビザ業務は一時停止するとしている。
2019.05.15 ロイタ通信

(Yahoo)

米軍、イラク駐留部隊への「差し迫った脅威」の可能性警告 <1906-051503>
 米軍が14日、イランの支援を受ける勢力によるイラク駐留部隊への差し迫った脅威の可能性にあらためて懸念を示し、イラク駐留米軍は警戒態勢を強めていると明らかにした。
 これより先、イラクとシリアでISISの掃討に当たる米主導有志国連合の英指揮官は、イラン傘下の武装勢力による脅威は高まっていないと発言していた。
2019.01.13 Stars & Stripes National Security Council asked for military options to strike Iran, report says <1902-011306>
 Wall Street Journalが1月13日、イラクでイランが支援する武装勢力がバグダードの米大使館など外国公館が集中する地区に迫撃砲弾3発を撃ち込んだのを受け、米国家安全保障会議 (
NSC) がイランを攻撃する軍事的な選択肢を諮問した。
 これを受けて国防総省は計画を立案したが、これを大統領が承知しているかは不明という。
2018.03.07 Jane's Defense Weekly Iraqi foreign minister confirms interest in S-400 <1804-030704>
 イラク外相が2月27日、イラクがS-400の購入に関心を持っていることを明らかにした。 イラクがS-400に関心を示していることは2月8日に駐シ リアのロシア大使がInterfaxに述べていたが、イラクの駐露大使が否定していた。
 S-400の導入についてはカタールとサウジアラビアも関心を持っている。
2015.04.01 Jane's Defence Weekly Analysis: Iraq's Shia militantias roll out heavy rockets for IS offensive <1505-040115>
 イランの支援を受けているイラクのシーア派民兵が、イランのものとは別のロケット弾を使用している。 これらはズン グリとした形状で、射程よりも弾頭の大きさを重視していると見られる。
Al-Qahr
 明らかに高圧油送管と見られる弾体で、弾頭先端は平らでそこから信管が突出している。 全長は3m以下のようで射程は5km、弾頭重量は250kgという。
Abanil (右図)
 Al-Qahr と同様のロケット弾で、全長は更に短く、先端は円錐形をしている。
2015.03.18 NHKニュース モスル奪還へシーア派民兵参加 断固拒否 <1504-031801>
 昨年6月にモスルが
ISIL に制圧された際に住民らと共に逃れて以降、クルド人自治区に滞在している、モスルがあるニナワ県 の知事が、16日に NHK のインタビューに応じ、モスル市内には現在4,000人もの ISIL の戦闘員がいるとして上で、イラク軍が準備を進めているモスル の奪還作戦について、モスルはイラク最大のスンニ派の都市であり、シーア派の民兵組織が参加することは断固拒否 すると述べました。
 同じスンニ派地域のティクリットで現在進められている軍事作戦で、シーア派の民兵が政府軍を大幅に上回る2万人規模で投入されたのをきっかけに宗派間 の対立が再燃しており、スンニ派が多数を占める都市での軍事作戦の難しさが浮き彫りになっている。
2015.03.15 Yahoo 時事通信記事

「『イスラム国』塩素使用=劣勢で捨て身戦略に―クルド指導者」

<1504-031501>
 イラク北部クルド自治政府が14日、クルド軍に対する1月の爆弾テロで、
ISIL塩素ガスを使用 した証拠が得られたと明らかにした。
 現場に残っていた土壌や衣服を集めて分析したところ、爆弾には一定量の塩素が含まれていた。
2015.03.14 Yahoo 時事通信記事

「対『イスラム国』でクルド台頭=4勢力せめぎ合う―シリア内戦4年」

<1504-031401>
 シリアでアサド政権に対する大規模抗議デモが発生してから15日で4年になるが、政権と反体制派に
ISIL を加えた三 つどもえの構図で21万人以上の死者が出た内戦は、新たにクルド人勢力が台頭して四勢力がせめぎ合う展開となっている。
 クルド軍は現在、シリア北部ラッカを首都とする ISIL と北東部の支配圏をめぐり激しい争いを繰り広げる。 クルド人勢力は従来、シリアで拡大する内戦と距離を置い てきたが、ISIL に基盤を脅かされ、全面参戦に転じた。 北東部ではキリスト教徒のアッシリア人が ISIL に迫害されてい るが、クルド人はその守り手としても存在感を高めている。
【註】
 ISIL との戦いが終結すると、イラクではシーア派、スンニ派に加えてクルドが、経済的、軍事的に強い勢力を持つようになり、クルド念願の独立の方向に向かう可能性が 大きくなった。
 そうなると当然、トルコやシリア、イランのクルドもこれに呼応すると見られ、30年以上にわたりクルドとの戦いを繰り広げてきたトルコを巻き込んだ、中東における新た な不安定要因となる危険がある。
2015.03.11 Yahoo 時事通信記事

「ティクリート北方の町制圧=対『イスラム国』でイラク軍」

<1504-031101>
 ロイタ通信によると、イラク軍が10日、
ISIL が占拠していたティクリート北方の町 アラムを制圧した。 今後、早ければ11日にもティクリートへの進撃に踏み切る可能性があるという。 町長はロイタに対し、町は現在イラク軍部隊な どの完全な支配下にあると語った。
 ただ、ティクリートで本格的な市街戦に入れば、シーア派を敵視するスンニ派地元住民との間で緊張が高まることも予想され、慎重な対応を迫られている。
2015.03.09 日経新聞

インターネット

イラク軍の要衝奪還が難航 対『イスラム国』、宗派対立再燃も <1504-030902>
 
ISIL が支配するティクリートの奪還に向けイラク軍が2日始めた作戦が難航している。 さら に北にあるモスルを奪い返す一歩と位置づける作戦は、油田に火を放つなど ISIL の激しい抵抗にあい攻略のめどは立たない。 この作戦にはイラン革 命防衛隊の精鋭コッズが作戦を支援しているとみられるが、米国主導の有志連合は加わっていない
 一方、この作戦がイラク国内の宗派対立が再燃する懸念も出ていることから、アーネスト米大統領報道官が4日、この作戦が宗派的な報復の口実になっ てはならないと警告した。 ティクリートはスンニ派住民が多い。
2015.03.05 Yahoo 時事通信記事

「イラクに派兵せず=モスル奪還作戦、後方支援のみ―トルコ首相」

<1504-030502>
 トルコ紙が5日、ダウトオール首相モスルを
ISIL から奪還する作戦 について、直接的な戦闘には参加しないと述べ、地上部隊は派遣せず後方支援に徹する意向であることを明らかにしたと報じた。
2015.03.03 Yahoo 産経新聞記事

「イスラム国 イラク軍がティクリートの一部地域を奪還 英 BBC 報道」

<1504-030303>
 BBC放送が2日、
ISIL が昨年6月以来支配しているティクリート郊外で、一部地区をイラク軍が奪 還したと伝えた。
 治安当局者の話として報じたところによると、3万名規模とされるイラク軍は2日、ティクリート市の北、西、南の三方 向に分かれ、同国空軍の支援を受けて攻撃を開始した。 作戦には、シーア派民兵スンニ派部族 などのほか、イラン革命防衛隊の精鋭コッズ部隊のソレイマニ司令官が参加したが、空爆を主導している 米軍は今回の作戦の支援をしていない
2015.03.02 Defense News Iranian general again in Iraq for Tikrit offensive <1504-030206>
 ツイッター上に3月2日、
ISIL と戦うシーア派民兵を指揮するイラン Quds軍司令官 Soleimani将軍の写真が載った。
 Soleimani将軍と指揮下部隊は、今までも度々イラク北部でシーア派民兵を訓練し、ISIL との戦闘を支えているのが目撃されている。
2015.02.28 産経新聞

インターネット

憎しみのキリスト教徒参戦 対『イスラム国』 欧米から義勇兵続々 <1503-022801>
 欧米などから多数の若者が
ISIL に戦闘員として流れ込む一方、ISIL と戦うために組織されたキリスト教徒の民兵組織 にも、少なくない欧米人が参加している実態が明らかになっている。 ロイタ通信などが17日までにメンバーとのインタビューで相次い で伝えており、最前線は憎しみが増幅する危険な宗教戦争の様相を呈しつつある。
 報道によると、義勇兵として欧米人のキリスト教徒が参加しているのは、イラク北部ニナワ州で結成された民兵組織 Dwekh Nawsha で、組織名 はアッシリア人のキリスト教徒が今も使う古代アラム語で自己犠牲を意味する。
2015.02.20 Yahoo 毎日新聞記事

「イラク クルド人部隊とシーア派民兵 モスル近郊弾圧支配」

<1503-022005>
 
ISIL が支配するイラク第二の都市モスル近郊で、奪還作戦を進めているクルド人治安部隊ペシ ュメルガシーア派民兵が、ISIL から解放した地域でそれぞれ住民を弾圧していることがイラク国会議員への 取材などで分かった。
 モスルを県都とするイラク北部ニナワ県では、北からペシュメルガ、南からイランの支援を受けているとされるシーア派民兵がイラク軍とともに奪還作戦を行っている が、ペシュメルガは自らが解放した地域でアラブ人を追放し、政府軍を含めた他の部隊が入ることを拒否ており、 シーア派民兵スンニ派住民を弾圧しているという。
2015.02.16 Yahoo ロイタ通信記事

「アングル:イスラム国と戦うキリスト教徒、欧米から『義勇兵』も」

<1503-021602>
 イラクとシリアには海外から数千人に上る戦闘員が流れ込んいて、その多くは
ISIL に参加するためだが、一方で キリスト教の義勇兵として両国に入る欧米人も少なからずいる。
 彼らは、自国政府が ISIL との戦闘に及び腰であることに不満を募らせている。 2006年に駐留米軍の一員としてイラクに派遣されていた元米陸軍兵士 (28) もその1人 で、最近イラクに戻った。
2015.01.23 東京新聞

インターネット

米長官『イスラム国拡大止まる』 長い取り組み訴え <1502-01301>
 ケリー米国務長官が22日の
IS 対策の有志国閣僚級会合後、ここ数ヵ月、イラクにおける IS の勢力 拡大は止まっており、一部では縮小していると述べ、昨年8月からの空爆を軸とする軍事行動が効果を挙げているとの認識を示した。
2015.01.21 Jane's Defence Weekly USMC response force now in five Mid-East states <1503-012103>
 米海兵隊の1月6日付けのブリーフィング資料によると、海兵隊に新たに編成された即応部隊が、既に 中東5ヵ国に派遣されている。
 部隊は中央軍の緊急対応海兵隊空地部隊 (
SPMAGTF-CR-CC) と呼ばれる2,700名 規模の部隊で、歩兵1個大隊を基幹に、AV-8B 1個飛行隊MV-22 1個隊、KC-130T 1個飛行隊、及 び情報部隊からなる。
 そのうち150名が駐イラク大使館、20名がクルド自治区の首都 Irbil 駐在領事館、100名が駐イエメン大使館の警備に当たっている。 更に戦闘救難飛行 隊 (TRAP) がイラクとヨルダンに配置されている。
2015.01.15 Yahoo 時事通信記事

「対『イスラム国』で空母派遣=緊張高まる恐れも―仏」

<1502-011501>
 オランド仏大統領が14日、空母 Charles de Gaulle の艦上で行った軍への新年あいさつで、
IS に対する空爆に同艦を参加させる意向を表明した。
 仏軍は2014年9月に米国などが実施するイラクでの空爆に加わり、今月13日に作戦の継続を決めたばかりである。