- 研究員-



 - 米田富太郎(よねだ とみたろう)-
  
1942年東京生まれ
学習院大学法学部卒業
慶應義塾大学大学院法学研究科修士課程公法学(国際法)修了
慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程公法学(国際法)単位取得
昭和女子大学講師、放送大学講師、中央学院大学社会システム研究所客員教授を経て、
現在、横浜市立大学大学院博士課程在籍
この間、明治学院大学非常勤講師、早稲田大学非常勤講師、国際宇宙法模擬裁判所裁判官等を歴任
国際航空宇宙法専攻安全保障



『研究業績』
・「文明の転換期における国際法的事象の解読」(『比較文明』No.7、1991年)
・「国際協力のための法制度」(『SPACE』No.2 Vol.6、1991年)
・「人工衛星破片に起因する損害賠償責任」(共著)(『韓国航空宇宙法学会誌』No.7、1995年8月)
・「第2章省察:国際法学とは何か」(龍澤邦彦監修『国際関係法』(丸善プラネット、1996年)
・「宇宙活動の商業政策化批判、特に方法論として」(『韓国航空宇宙法学会誌』No.8、1996年8月)
・「宇宙開発・利用秩序問題の簡潔なる宇宙法学的基礎理解」(『CSP Japan』、1997年3月)
・“Military and/or Scientific Activity in Space Law System”,The Korean Journalof Air and Space Law, 11, 1999.2
・「オートノミー模索の時代」(『原典宇宙法』、丸善プラネット、1999年)
・“High-Technology Dilemma for National Defense and the Future of Air Force”,Proceeding of the 9th International Aero Space Symposium 2000
・「試論 ハイテク化された軍隊の宇宙における活動と国際武力紛争法規」(『法と行政』No.10 Vol.2、2000年1月)
・「書評 龍澤邦彦『宇宙法システム』」(『防衛学研究』No26、2001年6月)
・「日本における“定住外国人”の公務就任権問題に関する国際法」(『法と行政』7-2-379)
・「国際連合憲章第2条4項の“戦争から武力”への「拡張」が提起する問題」(『社会システム研究所紀要』No.3、2003年、pp.229-244)
・「国民国家の軍隊の技術追究と現代技術の逆説性」(『社会システム研究所紀要』No.1Vol.1、2003年)
・「「現代国家」における地方自治体の「自治」に関する「思考の更新」」(『社会システ ム研究所紀要』No.6 Vol.2、2005年)
・「自治体と国際環境保護条約義務の履行」(『社会システム研究所紀要』No.5 Vol.2、2005年)
・「宇宙条約」改定についてのJuridico-Politicalな検討」(藤田勝利、工藤聡一編『航空宇宙法の新展開』(八千代出版、2005年)
・『川と地域再生: 利根川と最上川流域の町の再生』(共著)(丸善プラネット、2007年)
研究員一覧に戻る