- 研究員-


浜谷写真
 - 浜谷英博(はまや ひでひろ)-
   
1949年北海道稚内市生まれ
1993年国士舘大学大学院政治学研究科博士課程を経て,同大学教授
その間,慶應義塾大学法学部訪問助教授,早稲田大学社会科学研究所客員研究員,
武蔵工業大学(現東京都市大学)講師等を歴任
1997年松阪(後に,三重中京)大学教授
2004年同大学図書館長
2010年三重中京大学大学院研究科長
2013年三重中京大学大学院研究科長・特任教授を経て,名誉教授
専攻は憲法,比較憲法,防衛法。特に日米防衛法制の比較研究が専門。
現在,防衛法学会副理事長。



【主な著書】

 ・『米国戦争権限法の研究』(単,成文堂)
 ・『要説 国民保護法』(単,内外出版)
 ・『日本の安全保障法制』(共,内外出版)
 ・『平和・安全保障と法』(共,内外出版)
 ・『日本国憲法25講』(共,八千代出版)
 ・『エレメンタリ憲法』(共,成文堂)
 ・『有事法制』(共,PHP研究所)
 ・『我が国防衛法制の半世紀』(共,内外出版)
 ・『早わかり国民保護法』(共,PHP研究所)
 ・『岐路に立つ日本の安全―安全保障・危機管理政策の実際と展望』(共,北星堂書店)
 ・『災害と住民保護』(編・共,三和書籍)
 ・『国家の危機管理』(共,海竜社)
 ・他に憲法一般や防衛法制に関する論文多数

【主な活動】
 国会における活動として,PKO協力法,周辺事態安全確保法,テロ対策特措法,有事法制,
国民保護法制等々に関する衆議院・参議院の特別委員会や参院予算委員会などで公述人や参考人を務めた。
 また比較憲法学会の創設メンバーとして,常任理事を務めた。
 なお,国民保護法の制定に伴って,各地方自治体(名古屋市,津市,松阪市など)の国民保護協議会委員を歴任。

 現在も三重県の同委員を務めている他,現在も各地の国民保護フォーラム等で基調講演やパネリストを務めている。
 また三重テレビ放送のコメンテーター(毎週木曜日)およびインターネット動画番組「AWニュース」でもコメンテーターを務めている。
                                                     (2018年1月現在)

研究員一覧に戻る