- 研究員-


藤井写真

 - 藤井賢二(ふじい けんじ)-
  
生年月日/出身1955年 島根県生まれ 
学歴広島大学文学部卒業
兵庫教育大大学院修士課程修了
主要職歴兵庫県の公立高校教諭として地歴公民科を担当し2014年まで勤務
2009年から島根県竹島問題研究会委員に起用され
2012年から島根県竹島問題研究顧問。

著書等
「韓国の海洋認識-李承晩ライン問題を中心に-」(『韓国研究センター年報』11 九州大学韓国研究センター 2011年)
「日韓漁業問題と日本の朝鮮統治」(『歴史としての日韓国交正常化』 法政大学出版局 2011年)
「山陰の漁業者と韓国」(『第3期「竹島問題に関する調査研究」最終報告書』 島根県総務課 2015年)
「戦前の竹島・欝陵島間海域におけるサバ延縄漁業試験について」(『島嶼研究ジャーナル』5-2 2016年)
「日本統治期初期の朝鮮水産開発構想−庵原文一を中心に−」(『帝国日本の漁業と漁業政策』北斗書房 2016年)などがある。
研究員一覧に戻る