「我々の提言-調査研究実績」
        (26年度以前のものは、SSRI上級研究員が行った郷友総合研究所の調査研究等の実績です。)
18年度
憲法改正に関する提言(2006.5.3)

   提言書(縦書き)「Pdf (別窓)」

  -国防なき憲法を改正し,国軍を創設せよ-
19年度
新たな核脅威下での国家防衛・国民保護に関する提言(2007.5.3)

   提言書(縦書き)「Pdf (別窓)」

  -現実的な核抑止・対処体制を早急に確立せよ-
20年度
  *書籍『日本の核論議はこれだ(2008.4.20)』 出版
書籍 -新たな核脅威下における日本の国防政策への提言-
  序章 日本の核論議
   ・「東京直撃で死者50万人」の衝撃
   ・ 国政の場で核論議を封印してはならない
  第1章 核武装論の問題点
  第2章 当面の現実的政策としての安保体制強化論
  第3章 将来の選択肢としてのNATО型核共有等の模索
  終章  まとめ

 *防衛省改革に対する緊急提言(2008.5.7)

    提言書「Pdf (別窓)」

   防衛省・自衛隊の在るべき姿
姿

 *新防衛大綱策定への提言(2008.12.23) 

    提言書「Pdf (別窓)」

  -新『防衛計画の大綱』はどう描くべきか?-
21年度
  『国防の基本方針』の見直しに関する提言(2010.3.10)

   提言書「Pdf (別窓)」

  -新たな時代における日本防衛の再構築のために-
22年度
  『国家安全保障基本法』の制定に関する提言(2011.4.28)

   提言書「Pdf (別窓)」

  -『国家安全保障基本法』要綱-
基本法


23年度
 わが国の国防体制(国防機構,情報体制等)
24年度
 わが国の予備役制度のあり方について
25年度
書籍『基本から問い直す日本の防衛』 出版
書籍          <本書の主要内容>
 ・「国防の基本方針」に集約された安全保障・防衛の問題
 ・わが国の地政学的地位・特性の再確認
 ・わが国の国際社会における地位の向上、責任役割の増大と限界
 ・わが国の安全保障・防衛上の諸制約 ・わが国をとりまく安全保障環境
 ・わが国に対する脅威の実態 ・現代戦の特性等
 ・時代の変化に応じた新しい安全保障・防衛とは


26年度
書籍『国防なき憲法』 出版
書籍          <本書の主要内容>
  ※日本郷友連盟・偕行社共同プロジェクトによる図書の出版
  第1部 改正が急がれる日本国憲法
 ・いま、なぜ憲法改正が必要なのか(憲法改正を問う理由)
 ・日本国憲法と自衛隊(神学論争との決別)
 ・ 憲法とは何か(憲法の目的)
 ・ 憲法改正の促進
  第2部 憲法改正に関する提言と各国憲法
・10項目の憲法改正提言(民主・独立国家としての「自助自立」の国防体制の構築)
・世界の平和主義憲法の実際(戦争放棄、軍隊不保持等)
・主要国憲法の安全保障・防衛関係記述


HOMEに戻る