安全保障に関する最近の報道

= 本資料はあくまでも記事紹介のダイジェストです。 引用等をされる方は必ず原典で 本文をご確認下さい。

年 月 日
出   典
標       題
要             旨
2018.04.21 聯合ニュース 北朝鮮 核実験と ICBM 発射の中止を決定=党中央委総会 <1805-042101>
 朝鮮中央通信が21日、北朝鮮が20日に朝鮮労働党中央委員会総会を開き、北東部、豊渓里の核実験場の閉鎖を決めたと 報じた。 同通信によると、総会では21日から核実験とICBMの発射実験を中止するとの内容を含む決定書を採択した。
 金正恩党委員長は核兵器の実用化などが既に検証されたと述べた上で、われわれは、いかなる核実験、IRBM/ICBM発射 試験も必要なくなったと述べたという。
2018.04.20 Jane's 360 India withdraws from FGFA project, leaving Russia to go it alone <1805-042003>
 インドが政府筋が20日、ロシアと11年間にわたり進めてきた第五世代戦闘機 (
FGFA) 計画から撤 退したことを明らかにした。 インドは政府高官をロシアに派遣し、このことをロシア側に伝えた。
 FGFAはロシアのSu-57 (T-50 PakFa) を元にした計画であった。
2018.04.20 ロイタ通信

(Yahoo)

空自 F2 後継機、米社が F22 と F35 両機ベースの開発案打診 <1805-042002>
 Lockheed Martin社がF-2戦闘機の後継に、F-22とF-35を土台にした機体を開発するを日本 政府に非公式に打診してきた。 Lockheed Martin社は米政府と議会の認可を得た上で、夏までに正式提案する。
 一方で日本側には30年前に米国とF-2を共同開発したときの苦い経験がある。 当初は国内開発を目指したがF-16を土台に日米で開発することが決まり、仕事量の4割を 米国に保証することとなった。 米国は戦闘能力を左右する基本ソフトのソースコードも日本に供与しなかった。
2018.04.20 産経新聞

(Yahoo)

ロシアとシリア 化学兵器使用現場を「清浄」 証拠隠滅と米政府が非難 <1805-042001>
 米国務省報道官が19日、シリアのアサド政権軍による化学兵器使用疑惑に関し、ロシアとシリアが化学兵器が使われた とみられる東グータ地区ドゥーマの現場一帯の清浄作業を行い、証拠を隠滅していると非難した。
 同報道官はまた、ロシアがアサド政権に協力て化学兵器禁止機関 (
OPCW) の現地調査を阻止し遅 らせていることを示す「確度の高い情報を得ている」と強調し、同情報によれば「現地の人々はロシアとシリアから化学兵器攻撃はなかったと口裏を合わせるよう圧 力をかけられているとも指摘した。
2018.04.19 NNA

(Yahoo)

日マ政府、防衛装備品・技術移転協定に署名 <1805-041902>
 日本とマレーシア両政府が18日、マレーシアのクアラルンプールで防衛装備品および技術移転に関する協定に署名し発 効した。 協定は、宮川駐マレーシア大使とマレーシア国防省のラヒム次官の間で交わされた。 マレーシアは、日本の偵察機、レーダ、衛星、通信機器などに関心を抱い ているという。
 協定は防衛装備品と技術の移転に関する法的枠組みを設定するもので、この協定により、移転される防衛装備品および技術の第三国移転や目的外使用などに対しても適正 な管理が確保されるという。
2018.04.19 産経新聞

(Yahoo)

シリア攻撃、比大統領は露支持 <1805-041901>
 フィリピン大統領報道官が17日、ドゥテルテ大統領が米英仏のシリア攻撃をめぐり、アサド政権によ る化学兵器使用疑惑を否定しているロシアを支持していくと、ロシア側に伝えたことを明らかにした。
2018.04.18 Stars & Stripes USS Milius to boost 7th Fleet's destroyer numbers in late May <1805-041810>
 米海軍の駆逐艦Miliusが20日に横須賀に向けSan Diegoを出航する。 横須賀には5月下旬に到着し第7艦隊に配属 される。 第7艦隊は昨年起きた2件の駆逐艦の衝突事故で2隻が不足している。
 Miliusは昨年日本に派遣される計画であったが、海軍は7月にAegis Baselinae 9への改修のため遅れると発表していた。 第7艦隊では駆 逐艦BarryBenfold2隻が既にAegis Baselinae 9を実装している。
【註】
 Aegis Baselinae 9はAegis Weapon Systemの最新型でAegis BMD 5が実装されSM-3 Block ⅡAの射撃ができる。
2018.04.18 Jane's 360 DSA 2018: Malaysia's Deftech showcases Aludra Camar surveillance UAV <1805-041809>
 マレーシアのDeftech社がクアラルンプールで開かれたDSA 2018展に、マレーシア工科大学の協力で開発しているAludra Camar 偵察/マッピング用UAVの1/2模型を出品した。 既に2017年7月に初飛行しており、2019年までには完成するとい う。
 Aludra Camarは翼端長4m、重量40kgで、上昇限度5,000ft、航続距離80km、最大巡航速度80km/h 、滞空能力6時間の性能を持つ。
2018.04.18 C4ISR net Dynetics wins $38 million contract for Gremlins drone program <1805-041808>
 C-130から安価で再使用可能な複数のUAVを発進させ空中で回収することを目指す米DARPAのGremlines計画は、$38.6Mかけて21ヶ月間行われる Phase 3にDynetics社が単独選定された。
 18日に公表されたところによると、同社は空中給油と似たやり方でUAVの発進と回収を行う。 同社によると 4機のUAVを30分以内に回収するのが目標であるという。 同社は航続距離が600哩以上のUAVを設計していると言う。
2018.04.18 Defense News Mysterious Iranian missile on display in Army Day parade <1805-041807>
 イランが18日に行った陸軍記念日の閲兵式で、未だ公開されたことのない
ALCMを登場させた。  CSISのミサイル専門家は、このALCMはEOまたはTV方式のシーカーを持つと見ている。
 式典でローハニ大統領は、イランは他国の支援なしで必要な兵器を製造できると断言したが、式典には低空目標やUAV対処用のSAMであるKamin-2の発展型 も登場した。
2018.04.18 Defense News Air Force awards nearly $1 billion contract for a hypersonic cruise missile <1805-041806>
 米空軍が18日、空軍が計画している2件の超高速兵器開発の1件目である超高速CMの開発に Lockheed Martin社を選定したと発表した。 この計画は超高速、通常弾頭の
ALCMを開発するもので、計画の総額は $928Mと見込まれている。 同社はかつてX-51A Waveriderを担当した実績がある。
 もう1件であるTBGはDARPAと協同で進めており、2022~2023年に試作する計画である。
【関連記事:1805-031405 (JDW 2018.03.14)】
2018.04.18 産経新聞 欧州委が交渉開始を勧告 西バルカン2国の EU 加盟めぐり <1805-041805>
 EU欧州委員会が17日、加盟候補国である東欧のアルバニアとマケドニアの加盟交渉開始を勧告したと発表した。
 両国など西バルカン諸国ではロシアなどの影響力拡大が懸念されており、加盟の展望を示すことでEUにつなぎとめる狙いがある。
2018.04.18 NHK 北方領土などで軍事演習開始 ロシア 兵士2500人以上参加 <1805-041804>
 ロシア軍が18日、北方領土の択捉島や国後島などで2,500名以上が参加する 大規模な演習を始めたと発表した。
 ロシア軍の東部軍管区の発表によると、演習が始まったのは北方領土の択捉島や国後島なども含まれるロシア極東のクリル諸島の演習場で、兵員2,500名以上と 戦車や迫撃砲などの陸上部隊のほか、海軍からは太平洋艦隊の艦艇も参加し、実弾射撃など実戦的な訓練を行うという。
2018.04.18 産経新聞

(Yahoo)

米軍撤収後、合同部隊派遣も トランプ政権、中東・湾岸諸国に協力要請 <1805-041803>
 Wall Street Journalが16日、トランプ政権がシリアでのISIS掃討作戦の終結後、米軍部隊の撤収と入れ替えに 中東湾岸諸国合同軍部隊を派遣させることを計画していると報じた。
 同紙によるとボルトン国家安全保障問題担当大統領補佐官が、エジプトの情報機関の総合情報庁 (GIS) 長官代行と電話で会談した際、エジプト が部隊派遣に協力できるか打診した。 またトランプ政権は、サウジアラビアカタールUAE に対しても、シリア情勢の安定化に向けて数十億ドルを拠出するよう要請するとともに、部隊派遣も求めているとしている。
2018.04.18 産経新聞

(Yahoo)

米国の海上偵察用無人機「ガーディアン」が国内初飛行へ 5月に長崎の海上で <1805-041802>
 長崎県壱岐市の白川市長が17日に都内で会見し、米GA-ASI社製の洋上哨戒用UAV Gurdian壱岐空港を離着陸する 飛行試験を5月に3週間の予定で行うと明らかにした。 2009年に開発されたGurdianは全長11m、翼端長20~24mで、機体後部のプロペラを回し、 最長40時間まで飛び続けることができる。
【註】
 Gurdianは米空軍などが装備しているMQ-9 Reaperの洋上哨戒型で上昇限度50,000ft、滞空能力30時間の性能を持つ。
2018.04.18 朝日新聞 「飛来」誤認でした…「ミサイル撃墜」報道、シリア訂正 <1805-041801>
 シリア国営通信が17日、アサド政権軍が中部ホムス県の上空に飛来したミサイルを撃墜した という同日の自らの報道について、実際は誤った警報で防空システムが作動したものだったと訂正した。
 国営メディアなどは、飛来したミサイルは同県のShayrat空軍基地を狙ったものだと報じたが、実際にはミサイルは飛んでこなかったという。
2018.04.17 Inside Defense Pentagon tech chief sets sights on ambitious developments, including space-based lasers <1805-041708>
 米国防総省で科学技術を担当するGriffin国防次官が17日に下院軍事委員会で、米国が2020年代 までにBMD用として宇宙配備型レーザ兵器 (
SBL) の開発を目指していることを明らかにした。
2018.04.17 Jane's 360 Pakistan test-fires enhanced version of Babur cruise missile <1805-041707>
 パキスタン軍のメディア部門であるISPRが14日、Babur-1B CMの発射試験に成功したと報じた。 Babur-1Bの射程は明 らかにされていないが、この日の試験では
TELから発射されたBabur-1BはTERCOM DSMACで誘導され、700km離れた標的に命中したという。
 Babur-1Bの発射試験はBabur-3 SLCMの発射試験成功の2週間後に行われた。
【 Babur-3 関連記事:1805-040305 (360 2018.04.03)】
2018.04.17 中央日報

(Yahoo)

中国空軍、第4世代ステルス機「J-10C」実戦配備 <1805-041706>
 中国空軍が公式「微博(ウェイボー)」を通じて16日、J-10Cが戦闘警戒任務についたと発表した。
 J-10Cは多用途戦闘機J-10の最新型で、昨年7月の中国建軍節軍事パレードで初めて公開された。 中近距離での高い制空力と打撃精密度を備え、一部ス テルス機能を備えている。
【 J-10C のステルス性関連記事:1805-040405 (DN 2018.04.04)】
2018.04.17 Focus 台湾

(Yahoo)

国産高等練習機、6月にも組み立てへ 2020年初飛行目指す/台湾 <1805-041705>
 台湾の漢翔航空工業 (
AIDC) 社が2020年の初飛行にを目指して開発している新型 高等練習機の組み立てを今年6月にも開始する。 同社は昨年4月、国防部から66機を686億台湾元(2,500億円)受注した。
 同社は国産戦闘機「経国号」の開発と製造を手掛けたほか、練習機の製造のほか-F16の改修も担当している。
【註】
 XT-5 Blue MagpieはF-CK-1A/-1B国産戦闘機を元にした超音速高等練習機で、1984年以来装備しているAT-3及び1970年代にライセンス生産されたF-5E/F戦闘練習機の後継 になる。
【関連記事:1704-021508 (JDW 2017.02.15)】
2018.04.17 時事通信

(Yahoo)

「基地上空でミサイル迎撃」=シリア国営メディア <1805-041704>
 シリア国営メディアが17日、中部ホムス県の上空で16日夜に防空システムが作動し、複数のミサイル を迎撃したと報じた。 同県にあるShayrat空軍基地が狙われたとしているが、詳細は不明である。
 シャイラト基地は昨年4月にアサド政権がイドリブ県で化学兵器による攻撃を行った際の拠点とされ、米軍が同月にCMを撃ち込んでいる。
2018.04.17 産経新聞

(Yahoo)

大規模サイバー攻撃計画か 露系ハッカー集団、コンピューターのルーター標的に <1805-041703>
 米国土安全保障省 (
DHS) とFBI、英サイバ安全保障センタが16日、ロシア政府傘下のハッカー集団が世界各国の政 府機関や企業、重要インフラに対する大規模なサイバ攻撃を仕掛けようとしているとして警報を共同発令した。 DHSな どによると、ハッカ集団は全世界にある数百万台規模の家庭用や業務用のルータをウイルスに感染させ、これらのルータに接続されているパソコ ンやスマートフォンに対して将来、一斉にサイバー攻撃をかける態勢を構築しているという。
 同省は、露政府系ハッカ集団が約2年前からルータにウイルスを送り込み続けていたことが判明したとしている。
2018.04.17 東京新聞 ロシアの記者死亡で臆測 OSCEが捜査呼び掛け <1805-041702>
 ロシア中部エカテリンブルクで地元男性記者のボロディン氏が自宅アパートの5階から転落死 した。 ロシアメディアによると12日に意識不明の状態で見つかり、15日に病院で死亡した。
 しかしながらこの事件ほ巡ってはボロディン氏がロシアで禁止されている民間軍事企業がシリアにロシア人義勇兵を派遣 しているとする告発記事を書くなど政権に批判な論調で知られていたことから臆測を呼んでいる。
 ロシアでは政権に批判的な記者が殺害される事件が頻発しており、欧州安保協力機構 (
OSCE) は16日にロシア対し、綿密に捜査するよう呼び掛けた。
2018.04.17 NHK 日本開発の飛行艇「US-2」インドで製造に向け合意 <1805-041701>
 日本とインドの政府間でUS-2のインドへの輸出について協議が続くなか、インド側が要求していた製 造技術の移転へ向けたインドと日本のメーカの合意が成立し、今後両国政府の協議が大きく進展する可能性が出 ている。 インド側は一定数の機体をインド国内で生産することを条件に挙げ、技術移転を求めてきた。
 こうした中、インドの有力財閥Mahindra傘下企業Mahindra Defence社が先週、インド南部で開かれた兵器の国際見本市で、新明和工業と機体の製造や組み立 てなどで協力することで合意し
MoUを締結したことを明らかにした。
2018.04.16 東京新聞 シリア化学兵器使用疑惑390件 14年以降、英指摘 <1805-041601>
 ハーグに本部を置く化学兵器禁止機関 (
OPCW) が16日、シリア東グータ地区ドゥーマでの化学兵 器使用問題で執行理事会を開催した。
 各国代表のツイッタなどによると、英代表はシリアで禁止化学物質の使用が疑われた事案が2014年以降390件あったと指摘し、これに対処できず その後の野蛮な化学兵器使用を招いたと訴えた。
2018.04.15 Jane's 360 MdCN missile makes operational debut in allied strikes on Syrian CW sites <1805-041501>
 仏海軍の
MdCN LACMが13~14日に行われたシリアの化学兵器施設に対する攻撃で実戦デビュー した。 MdCNは地中海上のFREMMフリゲート艦から発射された。
2018.04.14 Defense News Coalition launched 105 weapons against Syria, with none intercepted, DoD says <1805-041413>
 米英仏の3ヵ国が14日にシリアの化学兵器関連施設3箇所に対して105発のCMで攻撃を行った。 内訳は以下の通りである。
Barzah 研究センタを破壊、最も堅固に防護された施設
  米: Tomahawk 57発、JASSM-ER 19発
Him Shinshar 化学兵器施設を破壊
  米: Tomahawk 9発
  英: Storm Shadow 8発
  仏: SCALP 2発、艦船発射CM(註:MdCN) 3発
Him Shinshar 化学兵器貯蔵所に損傷
  仏: SCALP 7発
【註】
 英国のStorm ShadowとフランスのSCALPは両国が共同開発したCMのそれぞれの名称で、MdCNはSCALPを潜水艦の魚雷発射管から発射できるように形状等を改造したもので、 かつてはSCALP Navalと呼ばれていた。
2018.04.14 Jane's 360 Naval missile barrage anchors Syrian attack <1805-041412>
 シリアの化学兵器使用に対抗した米英仏によるシリア攻撃が14日に行われたが、米国防総省報道官によると攻撃は主として海軍が行い、 105発発射したうち少なくとも69発3箇所の化学兵器関連施設に向けられた。
 紅海では巡洋艦Montereyが30発のTomahawkを発射した。
2018.04.14 Jane's 360 US, UK, and French forces launch 105 missiles at Syrian targets <1805-041411>
 米英仏の3ヵ国はシリア攻撃にTomahawkJASSM-ERMdCN(註:フランス向けScalpで、旧称は Scalp Naval)、Scalpなど105発を発射した。
 このうち米軍が発射したのはTomahawk 57発、AGM-58B JASSM-ER 19発の合わせて76発であった。
2018.04.14 時事通信

(Yahoo)

攻撃「精密、圧倒的」=シリア防空システム効果なし―米軍高官 <1805-041410>
 米国防総省と米軍の高官が14日、米英仏によるシリア攻撃は精密、圧倒的、効果的だったと強調した。
 また、アサド政権40発のSAMで応戦を試みたが、ほとんど効果がなくロ シアの防空システムが稼働したことを示す情報はないと語った。
2018.04.14 NHK 「ミサイル103発中71発をシリアが迎撃」ロシア軍 <1805-041409>
 ロシア軍参謀本部のルツコイ作戦総局長が、攻撃は日本時間の14日09:42から11:10まで1時間半にわたって続き、Tomahawkを含む 103発が発射されたことを明らかにした。
 これに対しシリア軍は71発を迎撃することに成功したとした。 またこれまでのところ、市民やシリア軍の兵士らが死亡する被害は確認されてい ないという。
2018.04.14 時事通信

(Yahoo)

アサド政権のサリン使用示唆=米政府、シリア攻撃を正当化 <1805-041408>
 米政府が13日のシリア攻撃発表に合わせ、同国での化学兵器使用に関する分析結果を公表した。
 ダマスカス近郊の東グータ地区ドゥーマで多数が死傷した7日の攻撃について、サリンが使われたことを示唆している。
2018.04.14 Aflo

(Yahoo)

米英仏シリア攻撃 仏国防相、巡航ミサイル発射映像を公開 <1805-041407>
 シリア軍に対し米英と共同で軍事攻撃を実施したパルリ仏国防相が14日、地中海沖の仏海軍フリゲート艦からシリアに向 けてCMが発射される映像を公開した。
2018.04.14 産経新聞

(Yahoo)

シリア攻撃 英空軍4機が空爆 軍施設に巡航ミサイル「明確なメッセージ」 <1805-041406>
 英国防省が、Tonado 4機が14日にシリア中部ホムスの西24kmにある軍施設をCMで攻撃したこと を明らかにした。
2018.04.14 時事通信

(Yahoo)

「ミサイル13発撃墜」=アサド政権、攻撃は「うそ隠し」―シリア <1805-041405>
 シリア国営メディアが14日、米英仏によりダマスカス近郊の航空基地や科学研究センタなどが攻撃を受けたと報じた。  シリア側の防空システムが作動し、ミサイル13発を撃ち落としたと主張している。
 シリア側は、3ヵ国が攻撃を行ったのは化学兵器使用が疑われる首都近郊の東グータ地区で14日から化学兵器禁止機関 (
OPCW) の 現地調査が始まる前に「うそを隠すことが狙いだ」と批判した。
2018.04.14 時事通信

(Yahoo)

米大統領、再びシリア撤収表明 <1805-041404>
 トランプ米大統領が13日のTV演説で、米国はシリアにおける長期的役割を求めていないと強調し、米軍部隊を早期に撤収 させる意向を示した。
 ト大統領は、この地域の運命は地域の人々の手に懸かっていると述べ、ISIS壊滅後の治安維持は中東諸国に任せる考えを表明した。
【註】
 前日の12日にトランプ大統領はトルコのエルドアン大統領と会見している。
【関連記事た:1805-041208 (ロイタ 2018.04.12)】
 米軍のシリアからの撤退はクルド制圧のためトルコが行っているシリア侵攻を黙認し、クルド地域に駐留する米軍の撤退で、トルコ軍の更なる侵攻を許容することも意味 する。
2018.04.14 毎日新聞

(Yahoo)

米英仏 シリア攻撃「正義の力」 化学兵器施設標的 <1805-041403>
 米英仏3ヵ国が13日、ダマスカス近郊での化学兵器使用疑惑を受け、シリアのアサド政権への空爆を 実施した。 トランプ米大統領はホワイトハウスで演説し、シリアの化学兵器関連施設を標的にした精密攻撃を命令したと発表した。
 国防総省の発表によるとシリアへの攻撃は現地時間14日午前4時に開始された。 攻撃目標はダマスカスの化学兵器研究開発拠点、中部ホムスの 貯蔵施設、ホムスの化学兵器作戦の司令部の3ヵ所で、シリア国内に駐留するロシア軍に対し攻撃前の対象の通知はなか ったという。
 記者会見したダンフォード統合参謀本部議長は「攻撃目標は破壊された」と述べた。
 ロイタ通信は米当局者の話としてTomahawkによる攻撃が実施されたと報じ、CNN TVはシリア領空外からのスタンドオフ攻撃 も用いられたと伝えている。 これに対し国営シリア・アラブ通信は速報で、わが国の防空システムが侵略に対抗し、ミサイルを撃ち落としたと報じた。
2018.04.14 NHK 自衛隊機のスクランブル 20%余減少も中国機の活動範囲広がる <1805-041402>
 防衛省によると、航空自衛隊の戦闘機が昨年度に行った緊急発進904回で、過去最高となっ た前の年度に比べ264回、率にして23%減った。 国や地域別で最も多かったのは中国機に対するもので、 500回と全体の55%を占め、次いでロシア機が390回、全体の43%であった。
 中国機は過去最高だった前の年度に比べると351回、41%減ったが、昨年8月に爆撃機6機が紀伊半島の沖合まで飛行した のが初めて確認されたほか、12月には戦闘機が初めて対馬海峡の上空を通過しており、防衛省は中国機の活動範囲はこれまでより 広がっているとして警戒と監視を続けている。
2018.04.14 ロイタ通信

(Yahoo)

米国、シリア政権が化学兵器使用した証拠入手=国務省 <1805-041401>
 米国務省が13日、シリア政府軍が4月7日にシリアの東グータ地区ドゥーマ 化学兵器を使用した疑いが出ていることについて、シリア政権が攻撃を実施した信頼性の高い証拠を米政府が入手したことを明らかにした。  現在、どのような化学物質の組み合わせが使用されたのか調査しているとしている。
 その上で、化学兵器禁止機関 (
OPCW) の調査団が情報を収集するために14日にシリア入りすることを明らかにした。
2018.04.13 Marine Times Thousands of US troops and Marines arrive in Jordan <1805-041304>
 シリア政府軍がDoumaで化学兵器を使用したことにより緊張が高まるなか、米陸軍第26海兵遠征隊3,600名近くがヨルダンとの共同演習 "Eager Lion" に参加するためヨルダンに入る。
 数千名の海兵隊員のほかAV-8B Harrier、MV-22 Osprey、攻撃ヘリを搭載したSan Antonio級強襲揚陸艦New Yorkは12日、イタリアの Augusta湾を出航した。
2018.04.13 Jane's 360 RAF deploys Sentinel to Cyprus <1805-041303>
 英空軍のSentinel R1偵察機が12日午前、シリア攻撃に参加するため英LincolshireのWaddington空軍基地を離陸し、キ プロスのAkrotiri英空軍基地に向かった。
2018.04.13 Jane's 360 Russian MoD corroborates improved performance of Syrian air defences <1805-041302>
 露国防省が、9日未明にイスラエルのF-15 2機レバノン上空からミサイル8発をシリア軍 Tiyas航空基地に向けて発射したが、そのうちの5発シリア軍防空部隊が撃墜したと発表した。
 ロシアはシリアにPantsyr-S1 40両を追加供与したと報じられている。
2018.04.13 産経新聞

(Yahoo)

海保、尖閣航空要員を増強 新型2機60人増、哨戒強化 <1805-041301>
 尖閣諸島周辺の哨戒強化に向け、海上保安庁が平成30年度に新型ジェット機2機の配備に合わ せ、航空要員を過去最大規模の60名増員し交代クルーを配置して運用する方針を固めた。 2012年9月の尖閣国有化後、航空面で初めての大型補強 となる。
 尖閣周辺の上空からの警戒監視はこれまで、那覇航空基地配備のFalcon 900 2機が中心だったが、今年度に夜間の監視活動能力などを強化したFalcon 2000LXS 2機を配備して、Falcon 900 2機のうち1機を退役させる。
2018.04.12 Inside Defense Navy's sixth-gen fighter AOA delayed about a year <1805-041211>
 米海軍が昨年11月に、2016年5月に開始した第六世代戦闘機FA-XX選択肢の分析 (
AOA) の完了時期をFY19へ1年延期していたが、12日に下院軍事委員会の小委員会で海軍高官が文書で行った証言で明らかにさ れた。
2018.04.12 Jane's 360 Boeing makes investment in UK's Reaction Engines <1805-041210>
 Boeing社のHorizonX部門が、英Oxfordshine社が開発している
SABREエンジンで中心となっているReaction Engine社へ投資したことを発表 した。
 SABREエンジンはジェットとロケットを組み合わせジェット推進ではMach 5、超高速飛行と宇宙空間では ロケットモードでMach 25を実現するもので、Reaction Engine社は超軽量熱交換器を担当している。
2018.04.12 ロイタ通信

(Yahoo)

シリア政府軍、反体制派拠点ドゥーマを完全掌握=ロシア通信社 <1805-041209>
 ロシアの複数の通信社がロシア軍関係者の話として12日、シリア政府軍反体制派の最後の拠点であるドゥーマを完全に掌握したと報じた。
【関連記事:1803-022803 (S&S 2018.02.28)】
2018.04.12 ロイタ通信

(Yahoo)

米・トルコ大統領、シリア問題を協議=ホワイトハウス <1805-041208>
 米国のトランプ大統領とトルコのエルドアン大統領が11日にシリア問題について 協議した。
 両大統領はシリアにおける現在の危機について協議し、現況に関して引き続き緊密な連絡を取ることで合意したというが詳細には触れていない。
2018.04.12 時事通信

(Yahoo)

中国、史上最大の海上閲兵=習氏「世界一流海軍」要求 <1805-041207>
 中国海軍が12日、海南島沖の南シナ海で空母遼寧を含む48隻の艦艇による史上最大規 模の観艦式を行った。 観艦式には、76機の戦闘機と10,000名が参加した。
 習国家主席は駆逐艦長沙」艦上で閲兵し、新時代の党の強軍思想を貫徹し、世界一流の海軍建 設に努力しなければならないと演説した。
2018.04.12 ロイタ通信

(Yahoo)

米空母打撃群が南シナ海で軍事訓練、中国の大規模演習に対抗か <1805-041206>
 米空母Theodore Rooseveltとその
CSGが10日、南シナ海で演習を行い、F/A-18 20機 が20分間、離着陸訓練を行った。 米軍は定期的な演習だとしており、その後フィリピンへと向かった。
 南シナ海での米空母の航行は、中国が同海域で3月末に大規模な軍事演習を実施した後に行われた。 中国の演習について一部の専門家は、増強する中国海軍力をこのよ うに大規模に誇示することは異例だと指摘していた。
2018.04.12 産経新聞 迎撃ミサイル「SM3 ブロック2」年内再実験へ 日米開発 「特定部品に問題」と分析 <1805-041205>
 米MDAのグリーブス局長が上院歳出委員会小委員会の公聴会で11日、1月に行ったSM-3 Block ⅡAの迎撃失敗について、 特定の部品に問題があったとの分析を明らかにした上で、今年12月末までに再試験を実施すると証言した。
 グリーブス局長は、異常があった箇所は10回の試験のうち9回では正常に働いてきたと述べ、設計上の問題との認識を示した。
2018.04.12 時事通信

(Yahoo)

シリア政権軍、基地から退去=米ミサイルを警戒 <1805-041204>
 在英のシリア人権監視団が11日、アサド政権軍が支配地域にあるすべての主要な空港や軍基地から退去したと明らかに した。
 人権監視団のラフマン代表は、退去は軍参謀本部の命令に基づくと説明し、国防省や軍の主要関連施設では2日前に全員が退避したと語った。
2018.04.12 ロイタ通信

(Yahoo)

英首相、シリア攻撃開始に備え潜水艦の移動を命令=報道 <1805-041203>
 Daily Telegraph紙が、メイ英首相が英国の潜水艦を12日夜にも開始される可能性のあるシリアに対する軍事行動に備え 、ミサイルの射程圏内に移動させるよう命令したと報じた。
 同紙は、化学兵器が使用された疑いが出ているシリアに対する米国とフランスの軍事行動への英国の参加についてメイ首相はまだ最終的に決定していないものの、迅速に 対応できるようにしたいとしていると報じている。
2018.04.12 産経新聞 防衛省 OB ら標的、中国ハッカー集団関与か 情報流出の恐れ <1805-041202>
 昨年11月下旬から今年3月中旬にかけて、防衛省OBや海洋政策に携わる関係者らに向けて、内閣府や防衛省の職員を装ったウイ ルスメールが相次いで送信されていたことが、日本最大級のサイバ攻撃監視センタを有するセキュリティ企業「ラック」の調査で判明した。 数百件のメールが確 認されており、中国のハッカー集団が関与しているとみられることも判明している。
 添付ファイルを開封するとウイルスに感染し、パソコン内の情報が抜き取られる仕組みで、受信者の一部がファイルを開封したという情報もあり、安全保障に関わる機密 情報が流出した恐れもある。
 受信者に開封させるために、メールの本文には実在する名称を使用するなどの巧妙な手口も判明しており、昨年11月下旬に防衛省OBに届いたメ ールでは、防衛省の現職職員の名前が表記され、「防衛省北関東防衛局等から提供された情報を随時お知らせいたします」などと書かれていた。
2018.04.12 ロイタ通信

(Yahoo)

サウジ、フーシ派のミサイル迎撃 首都上空などで <1805-041201>
 サウジアラビア空軍が11日、イエメンで活動する武装組織フーシ派が首都リヤドなどに向け発射した BM 3発を迎撃した。 国営メディアやサウジ主導の連合軍によると、ミサイルは首都や南部2都市の上空で迎撃された。
 フーシ派は、リヤドの国防省のほか、ナジュラーンにある国営石油会社、サウジアラムコの物流施設を狙ったと明らかにした。
2018.04.11 Stars & Stripes Britain sends warships to Asia to monitor North Korean trade <1805-041111>
 英海軍のフリゲート艦Southerlandが11日に横須賀に入港した。 Southerlandは英海軍が 今年日本に派遣する3隻のうちの1隻で、北朝鮮に対する国連の制裁を監視するほか、海上自衛隊やアジア太平洋 地域の海軍との共同訓練も実施する。
 Southerlandと合わせて強襲揚陸艦Albionも国連制裁の監視にあたり、今年後半にはフリゲート艦Argyll も加わる。
2018.04.11 C4ISR net With the rise of hypersonics, the Missile Defense Agency wants more sensors <1805-041110>
 米MDA長官のグリーブス中将が上院歳出委員会小委員会で11日、MDAは$4Bの予算を新多層配備センサにするか東海岸にGBIサイトを建設するかとの 質問に対し、迷うことなく新多層配備センサで必要であると答えた。
 グリーブス中将は中国やロシアの超高速兵器の脅威を挙げ、現有の地上配備センサのギャップを埋めるため宇宙配備の多層センサが必要であると 強調した。
2018.04.11 Inside Defense MDA director says F-35 missile defense capability 'six to seven years' out <1805-041109>
 米MDA長官のグリーブス中将が上院歳出委員会小委員会で11日、F-35にBMD能力を付与するには少なくとも 6年は必要であると述べた。
 グリーブス中将はBMDでのF-35の活用を過去数ヶ月以上にわたり空軍と検討していることを明らかにした。
2018.04.11 Inside Defense Coast Guard leaving door open to buying six heavy icebreakers <1805-041108>
 米沿岸警備隊が3月上旬に大型砕氷艦3隻の詳細設計と建造に関する
RfPを発簡した。
 現在の計画では大型砕氷艦3隻の建造に続いて中型砕氷艦3隻も建造することになっているが、沿岸警備隊は大型艦6隻に計画を 拡大する望みを捨てていない。
2018.04.11 日経新聞 対シリア臨戦態勢 米、攻撃へ英仏と調整 <1805-041107>
 トランプ米政権がシリアのアサド政権による化学兵器使用疑惑を受け、軍事行動に向けた環 境整備を急いでいる。 シリアへの攻撃を射程に入れる駆逐艦を地中海に集結させ、広範な拠点への攻撃を想定した作戦も検討しており、英仏との共同軍 事行動の調整も進める。 既に米軍は地中海に展開する駆逐艦Donald CookPorterの2隻がシリア にTomahawkを撃ち込める態勢を整え、数日内には空母Harry S. Trumanも同海域に向かう。
 トランプ大統領は一両日中にも軍事行動の是非を判断する構えを示しており、AP通信によると米英仏各国は早ければ今週末にも軍事行動に踏み 切る可能性があるという。
2018.04.11 時事通信

(Yahoo)

シリア攻撃、英は参加に慎重=メイ首相、化学兵器使用の証拠必要―タイムズ紙 <1805-041106>
 英Times紙が11日、メイ首相はアサド政権に対して米国が検討中の軍事行動について、英国が加わるには同政権の関与を 裏付けるさらなる証拠が必要だと、攻撃参加に慎重な立場を米側に伝えたと報じた。 メイ首相は、アサド政権がサリンを使用したとして米国が 昨年4月に実施した軍事行動の効果に疑問を呈したという。
 英政府内ではジョンソン外相が、化学兵器使用は罰せられるべきだと主張し、米仏と共同歩調を取る必要性を訴えている。
2018.04.11 時事通信

(Yahoo)

仏、軍事攻撃近く判断=シリア対応で米英と連携 <1805-041105>
 マクロン仏大統領が10日、シリアで化学兵器使用の疑惑があるアサド政権への軍事対応について「米 英と連携して近く判断する」と述べた。 マ大統領はこれまでも、化 学兵器使用には軍事攻撃で対応すると主張してきた。
 仏メディアによると、プーチン露大統領が昨年5月にフランスを訪れた際、化学兵器使用は即刻、反撃の対象になると直接警告したという。
2018.04.11 ロイタ通信

(Yahoo)

米国のミサイル、シリアに発射なら撃墜=ロシアの駐レバノン大使 <1805-041104>
 ヒズボラ系のアルマナルTVが10日夜、駐レバノン露大使がシリアに向けて発射された米国のいかなるミサイルも撃ち墜 とすと述べたしたで、発射位置も攻撃の対象になるとの発言が放送した。
2018.04.11 日経新聞 米台の防衛産業会議、台湾で初開催へ トランプ政権が了承か <1805-041103>
 台湾の経済団体台湾国防産業発展協会が11日、米台の防衛関連企業が交流する台米国防産業フォーラムを5月10日に 高雄で開くと発表した。 毎年秋に米国で開く米台国防工業会議の関連イベントで、台湾開催 は初めてで、トランプ政権が開催を了承したとみられる。
 米国では3月にあらゆるレベルの高官の往来を促進する台湾旅行法が成立しており、米国の軍事関連の高官が出席するかが焦点となる。
2018.04.11 日経新聞 中比首脳が会談 ドゥテルテ氏、軍事協力強化を提案 <1805-041102>
 博鰲アジアフォーラムに参加するため中国を訪問中のドゥテルテ比大統領が10日に習近平国家主席と会談した。
 比大統領府によるとド大統領は、両国は軍事・防衛面での協力を強化できると提案し、中国側が新たに38億ペソ(78億円)の経済支援を供与す ることを明らかにしたとい う。
2018.04.11 時事通信

(Yahoo)

英、北東アジアに揚陸艦派遣=対北朝鮮「同盟国を支援」 <1805-041101>
 英国防省が11日、揚陸艦Albionを北東アジアに派遣したと発表した。 核開発を進める北朝鮮 への対応などで同盟国を支援することが目的という。
 ウィリアムソン国防相は声明で、北朝鮮が言行を一致させるまで、同盟国と緊密に連携しながら圧力をかけていくと述べた。
2018.04.10 Jane's 360 Caspian Flotilla rebasing likely to improve deployability in support of Russian security interests in the Middle East <1805-041006>
 ショイグ露国防相が4月2日、カスピ海小艦隊をAstrakhanから不凍港であるKaspiyskに移動させ、人員 も増強したと発表した。
Astrakhan の位置Kaspiysk の位置 (Google Map)】
 カスピ海小艦隊はCMを装備するコルベット艦10隻のほか砲艇6隻、揚陸艦艇8隻、掃海艇7隻で構成され、ロシア軍の南部軍管区に隷属している。
2018.04.10 Inscide Defense MDA exploring Aegis BMD for boost-phase intercept <1805-041005>
 米MDAが、北朝鮮が発射する長距離BMAegis BMDシステムを使ってブースト 段階で迎撃する検討を行っている。
 このためMDAはFY19に新計画 "Aegis Launch During Boost" を開始する。
【註】
 MDAはかつて、ICBMの迎撃も可能な能力を持つSM-3 Block ⅡB計画を持っていたが、FY14予算でGBI<を14基追加する代わりに計画を中止していた。
【関連記事:1306-041701 (JDW 2013.04.17)】
2018.04.10 Military Times Reports of US destroyer being harassed by Russian jets in Syrian waters are false, US Navy says <1805-041004>
 米海軍の駆逐艦Donald CookがキプロスのLarnacaを9日に出航しシリア領海近くに向かっていたところ ロシア軍戦闘機の妨害を受けたという。 ただ米海軍によるとDonald Cookは妨害機の影響を受けず航行を続けた。
 Donald Cookは2016年4月にもバルト海でロシア軍Su-24の異常接近を受けたことがある。
2018.04.10 東京新聞 中国、南沙諸島に電波妨害装置 米国防当局「軍事目的」と警戒 <1805-041003>
 Wall Street Journal電子版が複数の米国防当局者の話として9日、中国が南シナ海のスプラトリー諸島に造成した人工 島に、電波妨害装置を配備したと報じた。 これに対し中国国防省は10日、南沙諸島は中国国有の領土だと主張した上で「必要な国土防衛施設を設 置するのは主権国家の当然の権利だ」と強調し、装置の設置を正当化する談話を発表した。 国防当局者は「中国は航海の安全や救難活動のために建設していると主張して いる。
 しかしながら妨害装置は軍事目的にのみ使用されるもので、米国は中国による軍事拠点化の加速に警戒感を示している。
2018.04.10 ロイタ通信

(Yahoo)

バヌアツ、中国による軍事拠点構築に向け協議したとの報道を否定 <1805-041002>
 オーストラリアのFairFax Mediaが匿名筋の話として10日、中国が南太平洋のバヌアツに恒久的な軍事拠点を構築する意 向を示し予備協議を開始したと報じたことに対し、バヌアツのレゲンバヌ外相は豪放送協会 (ABC) に対し10日に、「バヌアツ政府では誰も、中国 の軍事拠点をわが国に置くことについて話したことはない」と否定した。
2018.04.10 時事通信

(Yahoo)

中国、南太平洋に軍事拠点=バヌアツと暫定協議―豪紙 <1805-041001>
 オーストラリアのSydney Morning Herald紙が10日、中国が南太平洋の島国バヌアツに軍事拠点を構築する計画をめぐり 、両国が暫定的な協議を開始したと報じた。 報道によると、当初は中国海軍の艦船が定期的に寄港して燃料などを補給 する拠点とし、その後、軍事的な役割を強化する。 軍事基地が建設されれば、中国にとってジブチに次ぐ、二つ目の海外基地 になる。 正式な提案はバヌアツ側に示されていないが、両国は暫定的な協議を行った。
 バヌアツには中国から多額のインフラ開発資金が流入しており、中国のこうした動きについて、豪州は米国やニュージーランドとともに懸念を持 ちながら注視しているという。
2018.04.09 Jane's 360 Singapore’s Wigetworks readies production-spec Airfish 8 WIG craft <1805-040906>
 シンガポールのWigetworks社が2018年末までに量産型Airfish 8 (AF8)
WIG機の設計を完了 する。 同社は2機のAF8を試作している。
 AF8は全長17m、全高3.5m、翼端長15m、MTOW 5,550kgで、燃料を含む搭載能力1,150kg、速力120kt、巡航速度80~90kt 、航続距離300nmの性能を持つ。
 全備状態でも喫水は0.5mでしかなく、高度1~3mをWIG効果を利用して飛翔するが、障害物の飛越などに際しては 7mまで上昇可能である。
2018.04.09 日経新聞 シンガポール、対中接近鮮明に 一帯一路で協力強化 <1805-040905>
 シンガポールが中国と8日に一帯一路に関して協力を拡大する覚書を結び、中国と関係強化を はかる姿勢を鮮明にしている。
 シンガポールにとって、アジア域内のインフラ需要を取り込んでいくことは今後の経済成長に不可欠な要素となる。 その意味で中国と関係を深めることは経済的に実利 が大きいが、米中間でバランスを保ってきた外交や安全保障のスタンスを維持することも同時に大きな課題となる。 とりわけシンガポールは今年、ASEANの議長国を務めて おり、南シナ海問題でどう中国と向き合うかが問われている。
2018.04.09 時事通信

(Yahoo)

イスラエル軍機がシリア基地攻撃=レバノン領空からミサイル、14人死亡 <1805-040904>
 シリア国営メディアが9日、中部ホムス郊外にある軍用基地に同日未明にイス ラエル軍のF-15がミサイル攻撃を行ったと報じた。 ミサイルはレバノン領空から発射されたとしている。
 また、Interfax通信によると、ロシア国防省はシリア軍により5発が迎撃されたが基地西側に3発が着弾した。
2018.04.09 時事通信

(Yahoo)

シリア軍基地にミサイル攻撃=国営メディア―米国は関与否定 <1805-040903>
 シリア国営メディアが9日、中部ホムス郊外にある軍基地にミサイル数発が撃ち込まれたと伝え た。 同メディアは「米国による攻撃とみられる」とし、数発を迎撃したと報じている。 米国防総省はこの報道について、米軍は現時点でシリアで空爆を行っていないと述 べ、関与を否定した。
 その上で、化学兵器を使用した者の責任を問うため、状況を引き続き注視しながら、外交努力を支援すると語った。
2018.04.09 産経新聞 ミサイル攻撃「排除せず」 シリア巡り米政府高官 <1805-040902>
 シリアで化学兵器によるとみられる攻撃により多数の死者が出たことに対し、国土安全保障・テロ対策担当のボサート米大統領補佐官が8日にABC TVの番組で、対抗措置として何も排除しないと述べ、シリアへのミサイル攻撃も含めて検討しているとの考えを示した。  同補佐官は化学攻撃 を詳しく調べている段階だと述べた。
 トランプ政権は昨年4月にも、アサド政権軍がサリンを使用したとしてCMでシリア軍施設を攻撃している。
2018.04.09 時事通信

(Yahoo)

政権側の化学兵器使用に「証拠」=仏、確認されればシリア空爆も―EU <1805-040901>
 EUが8日、ダマスカスの東グータ地区での反体制派に対する空爆について声明を出し、アサド政権側が化学兵器を使用し たことを示す証拠があることを明らかにした。 またアサド政権を支援しているロシアとイランに向けて影響力を行使してこれ以上の攻撃を防ぐよ う求めた。
 ルドリアン仏外相もマクロン大統領の表明通り、フランスは化学兵器との戦いで責任を果たすと述べた。マクロン大統領は2月、シリアでの 化学兵器の使用が確認されれば空爆で応じると再度警告している。
2018.04.08 China Defense Here it is, the first artist's impression of the H-20 long-range strategic bomber project from a semi-official source <1805-040807>
 Aerospace Knowledge誌の5月号の表紙で、半公式情報源から得たH-20長距離戦略爆撃機の完成予想図が初めて公開された。
2018.04.08 時事通信

(Yahoo)

シリアは「大きな代償」払う=トランプ米大統領、化学兵器攻撃を非難 <1805-040806>
 トランプ米大統領が8日、シリアでの化学兵器攻撃情報について、アサド大統領を「けだもの」とののしり 高い代償を払うとツイッターで非難し、報復も辞さない考えを示唆した。 またアサド政権を支援するロシアとプーチン大統領と イランも批判した。
 攻撃があった首都ダマスカス近郊の東グータ地区は政権軍に囲まれて外部と遮断されていると述べ、攻撃の検証や負傷者救援のため、直ちに開放するよう要求した。
2018.04.08 時事通信

(Yahoo)

米、シリアの化学兵器情報注視=ロシアにアサド支援停止要求 <1805-040805>
 米国務省報道官が7日の声明で、ダマスカスの東グータ地区での化学兵器使用情報について注視していると述べた。 事 実と確認されれば国際社会による速やかな対応が必要だと警告した。
 またアサド政権が過去に国民に対して化学兵器を使用したことは議論の余地がないとしたうえで、同政権の後ろ盾であるロシアも責任を負っていると強調し、 ロシアに対して、アサド政権への支援を直ちに中止するよう要求した。
2018.04.08 時事通信

(Yahoo)

東グータで化学兵器攻撃か=シリア政権側猛攻、死者90人超―反体制派が撤退で合意 <1805-040804>
 在英のシリア人権監視団によると、ダマスカス近郊の東グータ地区で7、8両日、唯一抵抗を続ける反体制派 イスラム軍に対するアサド政権と後ろ盾ロシアによる空爆が続き56人が死亡したが、負傷者らを救援するシリア民間防衛隊(ホワイト・ヘルメッツ) は、化学兵器が投下され、40人以上が窒息死したと主張している。 イスラム軍が残る同地区ドゥーマへの空爆は6日に再 開され、人権監視団によれば、8日までに死者は計96人に達した。
 イスラム軍の一部の強硬な勢力が政権側との撤退合意に反対したため、完全制圧を急ぐ政権側が猛攻を加えていたが、激しい攻撃の結果、イスラム軍は8日に拘束中の政権 軍兵士らを解放し、48時間以内にシリア北部へ撤退することで政権側と合意した。
2018.04.08 時事通信

(Yahoo)

イエメンでスーダン兵多数死亡 <1805-040803>
 イエメンでサウジの支援を受けているハディ暫定政権と、対立するフーシ派の双方が7日、イエメン北部で6日未明にサウジアラビア主導の 連合軍の部隊が待ち伏せ攻撃を受けスーダン兵多数が死亡したことを確認した。
2018.04.08 産経新聞 米政府、台湾の潜水艦自主建造計画を支援 米企業の参加認め、商談許可 <1805-040802>
 台湾の国防部が一部台湾メディアの報道を間接的に認める形で7日、蔡政権が進める潜水艦の国内建造計画について、 米政府米企業に対し台湾側との商談を許可したと発表した。
 台湾の潜水艦計画に米国が公式に支援手続きを取るのは初めてで、トランプ政権下で進む米台関係の強化が安全保障面でも示された形で、中国が 反発する可能性が高い。
2018.04.08 讀賣新聞

(Yahoo)

政府、国境離島の私有地調査…安保強化へ保全策 <1805-040801>
 政府が「保全上重要な土地」を指定する制度を作り、土地の保全策を講じる方針で、今年度に日本の領海や排他的経済水域 (
EEZ) の基点となる国境離島私有地を初めて実態調査する。  安全保障上の脅威になり得る土地取引の監視を強め、領海の保全や海洋権益の確保を図る狙いがある。
 調査対象は、全国に525島ある国境離島のうち私有地がある98島で、内閣府が今夏までに有識者会議を設置して「保全上重要な土地」の定義を決 める。 具体的には、海岸沿いの陸地のほか、水源地や空港・港湾、発電施設などの周辺地が対象となる見込みで、この定義に当てはまる私有地を優先的に調査して、不動 産登記の情報から所有者や取得原因などを把握する。
2018.04.06 MDA HP Missile Defense Agency and U.S. Army Test Interoperability of THAAD and PATRIOT Missile Defense Systems <1805-040608>
 米MDAと陸軍が
WSMRで6日、THAADとPatriotによるSRBMを模擬したLynxミサイルの捕捉追随試験 FTX-35を実施し、両者の共同運用を検証することに成功した。
 改善型ソフトウェアであるTHAAD 3.0を実装したTHAADはAN/TPY-2で目標を発見追随し、一方のPatriotも目標の追随を行い、両社はデータリンク でデータを共有した。
2018.04.06 Stars & Stripes Syrian Kurds warn of 'disaster' if US troops exit <1805-040607>
 トランプ大統領がシリアから米軍を撤退させる意向を示したことに対しシリアのクルド当局者が5日、ISISとの戦闘がまだ未完 であると危機感を示した。
 トルコ軍のAfrin侵攻にクルド軍を主力とする
SDFが対応している隙に、ISISは昨年イラクと シリアで劣勢になって以来初めてDeir al-Zour地域の油田地帯を奪還している。
2018.04.06 Stars & Stripes Hawaii delegation calls on military to handle missile warnings <1805-040606>
 ハワイ州で1月13日に弾道弾に関する誤警報が流された問題で、ハワイ州選出の国会議員4名が 軍に対し5日、軍が責任を担当するように要望した。
 1月13日の誤警報はハワイ州危機管理庁 (H-
EMA) の担当者が誤って流したもので、米太平洋軍 (PACOM) 司令部は直ぐにこれを確認したもののH-EMAが訂正したのは38分後であった。
2018.04.06 Defense News Germany, France to move ahead on sixth-generation combat aircraft <1805-040605>
 2040年までにRafale及びTyphoonの後継となる次世代戦闘機独仏で共同開発する計画は、両国国防相が5日にパリで会見 し、4月25~29日に開かれるベルリン航空展で、10ページに及ぶ共通要求書両国が署名することで合意 したことで現実味を帯びてきた。
2018.04.06 Defense News Missile Defense Review expected in May <1805-040604>
 当初2月に公表されると見られていたトランプ政権のMissile Defense Reviewは5月に公表される模様である。
 標題から "Ballistic" の文字が消えて単に "Missile Defense" になったのは、中国とロシアらのCMによる脅威、とりわ け
HGVによる大気圏上層部の脅威や、発展型SRBM脅威のが加わったことによると見られる。
2018.04.06 時事通信

(Yahoo)

装備品調達、高コスト改善を=防衛予算を議論―財政審 <1805-040603>
 財務相の諮問機関である財政制度等審議会が6日の分科会で、2019年度予算編成に向けた防衛分野の 議論に着手した。
 中期防衛力整備計画の見直しを年末に控えていることもあり、財務省は調達改革の取り組みが不十分だとして高コスト体質の改 善を求めた。
2018.04.06 時事通信

(Yahoo)

米軍、シリア駐留方針変わらず/td> <1805-040602>
 マッケンジー米統合参謀本部事務局長が5日、シリアでのISIS掃討作戦を継続する方針に変わりはないと述べた。
 トランプ大統領は米軍の早期撤収に意欲を示していたが、国家安全保障会議 (NSC) の助言を受け入れ、ISIS 全滅までは駐留を続ける方針を決めていた。
2018.04.06 産経新聞

(Yahoo)

ロシアが新型衛星攻撃ミサイルの実験に成功 <1805-040601>
 Washington Times紙と外交専門誌Diplomatが5日、ロシアが3月26日に新型
ASAT発射実験に成功 したと報じた。 米国防総省はロシアが宇宙空間での優位確立に向け開発を進展させたことを示すものだとして警戒を強めている。
 米国防当局者が同紙などに語ったところでは、PL19 Noodleと呼ばれるASATはTELから打ち上げられたが、標的の破壊 は行われなかったとみられる。 ASATの発射実験は今回を含め6回行われ、うち4回は成功したとされる。
2018.04.04 Jane's 360 Boeing awarded further Japanese E-767 AWACS upgrade contract <1805-040407>
 米国防総省が3月29日、航空自衛隊のE-767
AEW&C機のミッションコンピュータの能力向上FMS契約を$64.8MでBoeing社に発注したことを明らかにした。 E-767 4機のミッションコンピュータ能力向上は 4回目で、累計額は$125.7Mに達する。
 今回の契約にはESM装置や衝突予防装置の搭載や、IFF応答機をAN/APX-119からUPX-40に換装 することも含まれている。
2018.04.04 Stars & Stripes Erdogan: Turkey to keep pushing Kurds out of Syria's north <1805-040406>
 ロシア、イランとの3ヵ国首脳会談に臨んでトルコのエルドアン大統領が4日、シリア北部クルド人勢力を一掃する手を休めないと意思表示した。
2018.04.04 Defense News China may be making its fighters more stealthy <1805-040405>
 中国語の軍事雑誌にJ-10C戦闘機の画像が掲載されていたが、J-10Cに搭載されていたWS-10大坑ターボファンエンジン の排気口が他のステルス機と似た鋸歯状に改造されており、後方ステルス性の向上を狙ったと見 られる。
2018.04.04 日経新聞 ロシア、トルコ連携深化 原発でも協力 イランと3者会談、シリア情勢示せぬ出口 <1805-040404>
 トルコで同国初となる原子力発電所の起工式が、建設を担うロシアプーチ ン大統領も出席して3日に開かれた。 プーチン大統領はエネルギから安全保障まで幅広い分野での連携深化をエルドアン大統領と確認した。
 イランのロウハニ大統領も加わった4日の3ヵ国首脳会談ではシリア情勢を協議する。 3ヵ国は シリア和平を推進する「アスタナ・プロセス」を2017年から主導しているが、シリアでは戦闘が収まっていない。
 ロシアやイランが支援するアサド政権は陥落が目前のダマスカス近郊東グータ地区に無差別空爆や砲撃を行っており、トルコはシリア北西部への越境軍事作戦を続けてい て、アサド政権の処遇などを巡る利害の不一致を抱え、長引く内戦の出口を示すのは難しそうである。
2018.04.04 ロイタ通信

(Yahoo)

陸上総隊が本格始動、3自衛隊の統合運用を強化 <1805-040403>
 3月27日に発足した陸上総隊の隊旗授与式が4日に朝霞駐屯地で小野寺防衛相が出席して行われ、初代司令官の小林茂陸 将に隊旗が授与された。
 小野寺防衛相は北朝鮮と中国の脅威に言及した上で、陸海空の全自衛隊の力を発揮させることが総隊に課せられた任務と訓示した。
2018.04.04 時事通信

(Yahoo)

日米印、海洋安保で協力=中国念頭、局長級会合で確認 <1805-040402>
 日米印3ヵ国の外交当局の局長級会合が4日にニューデリーで開かれ、インド洋や南シナ海への進出を強める中国を念頭 に、海洋安全保障などの分野で協力を強化していく方針を確認した。
 日米印の共同声明によると、3ヵ国は対テロや大量破壊兵器の拡散阻止での協力深化も確認した。 また港湾などのインフラ整備を通じ、インド太平洋地域の連結性を 高めていく方針で一致した。
2018.04.04 時事通信

(Yahoo)

トルコとロシア、緊密さ強調=原発建設開始、ミサイル提供「急ぐ」 <1805-040401>
 ロシアのプーチン大統領が3日にトルコを訪問してエルドアン大統領と会談し、緊密な両国関係 をアピールした。
 両首脳は、遅れていた両国の協力事業、南部アックユでの原発建設開始を宣言するとともに、プーチン大統領はS-400供与 をめぐる作業をもっと急ぐと表明した。
2018.04.03 Jane's 360 Pakistan test-fires Babur SLCM <1805-040305>
 パキスタン軍のメディアであるISPRが3月29日、Babur-3 SLCM水中発射試験に成功したと報じ た。 Babur-3は450kmを飛翔して標的に正確に命中したという。
 Babur-3は2016年12月に発射試験に成功した地上発射型CMであるBabur-2の艦載型で、最初の発射試験は2017年9月に報じられていた。
2018.04.03 Jane's 360 South Korean navy receives third LST-2-class tank landing ship <1805-040304>
 韓国海軍が4隻の建造を計画している天王峰級揚陸艦 (LST-2) の三番艦日出峰が2日に 韓国海軍へ引き渡された。 一番艦の天王峰は2014年11月に就役している。
 LST-2は全長126.9m、全幅19.4m、喫水5.4m、基準排水量4,900t、速力23ktで、完全武装兵300名AAV 8両を搭載でき、UH-60Aなどのヘリ2機が離着艦出来る飛行甲板を有する。
2018.04.03 Stars & Stripes Navy confirms plan to deploy F-35Cs to Japan after 2021 <1805-040303>
 在日米海軍の報道官が今週、米海軍2021年以降にF-35CをRonald Reagan
CSG所属の第5艦載航空団 (CAG5) に配備することを明らかにした。
 CAG5は先週、海軍厚木航空基地から海兵隊岩国航空基地へ移駐している。
2018.04.03 Stars & Stripes Ospreys to arrive at Yokota this week, 2 years ahead of schedule <1805-040302>
 米空軍が3日、CV-22 Osprey 5機が今週後半に横田基地に飛来すると発表した。 これらは 特殊部隊飛行隊に属する10機の先遣隊で、2020年配備予定であったのが繰り上 げ配備された。 残りの人員は今後数週間で移動を完了する。
 Ospreyの配備に伴い横田基地は残りの人員は1,100名が増員され11,500名になる。
2018.04.03 Record China 中国当局船、また尖閣周辺の領海侵入=今年7回目―中国紙 <1805-040301>
 中国海警局の3隻が3日午前、尖閣諸島から12nmの領海に相次いで侵入 したため、第11海上保安本部(那覇)の巡視船が領海から出るよう警告した。 同本部によると侵入は午前11時ごろで、巡視船が追跡して繰り返し警告した。中国当局の船に よる領海侵入は今年7回目である。
 政府は首相官邸の危機管理対策室の機能を強化し、中国船に関する情報収集と警戒を強める。
2018.04.02 Military Times US air defense artillery brigade begins new European mission for first time since Cold War <1805-040203>
 サウスカロライナ州兵の米陸軍第678防空砲兵旅団が、冷戦後初の在欧米軍防空砲兵旅団とし てドイツのAnsbach駐屯地に移動し陸軍第10
AMD司令部の隷下に入った。
2018.04.02 Defense News Short-Range Air Defense battalions will grow in both Army’s active force and National Guard <1805-040202>
 新設された米Army Future Commandの元で防空/BMD (
AMD) の検討を行っているMcIntire准 将が、陸軍協会 (AUSA) が先週実施したシンポジウムで、陸軍は今後、連邦軍に10個大隊州兵に8個 大隊のSHORAD部隊を整備する計画であることを明らかにした。
 現在陸軍には州兵に7個大隊のSHORAD部隊しかなく、その全てが首都圏の防空任務に就いている。
2018.04.02 産経新聞 「防空の空白地域」小笠原諸島に移動レーダー配備へ 防衛省、中国空母の監視強化 <1805-040201>
 小野寺防衛相が参院外交防衛委員会で、小笠原諸島など太平洋側の島嶼部防空態勢の面で空白地域となっていること を認め、防空態勢のあり方を検討すると述べた。 防衛省は28年度から小笠原諸島で電波環境などを調べる適地調査に着手しており、当面は固定式レーダを配備するのでは なく移動式レーダを展開させる方針を固め、展開候補地の絞り込みに入っている。
 一方、南西諸島では28年3月に与那国島に陸自沿岸監視隊を配置し、空自の移動式レーダも展開させることにしており、空白は解消されつつある。
2018.04.01 時事通信

(Yahoo)

米韓、軍事演習開始=対話ムードに配慮も <1805-040101>
 米韓両軍が1日、朝鮮半島有事を想定した定例の米韓合同軍事演習を韓国や周辺海域で開始した。 1日からは約4週間にわたる 野外機動訓練 "Fall Eagle" が始まり、米軍11,500名と韓国軍290,000名が参加し、今月中旬からは指揮所演習 "Key Resolve" が約2週間行 われ、米韓両軍計22,000名が加わる。 今年は冬季五輪と時期が重なったため演習開始を延期していた。
 米韓の複数の軍当局者によると、米軍は演習期間中、空母を派遣しない方針で、両軍の参加人員は過去最大規模とされた昨年と同規模だが、演習期間は約 半分に短縮される。 27日の南北、5月末までの米朝首脳会談開催へ調整が進む中、対話ムードに水を差さないよう抑制的な内容になる。
2018.03.31 時事通信

(Yahoo)

サウジへ再びミサイル、1人負傷=イエメンから発射 <1804-033103>
 サウジアラビア軍が国営通信を通じて31日、イエメンのフーシ派がサウジ南部ナジュランに向けて発射した BMを迎撃したと発表した。 住宅地に落ちた破片でインド国籍の1人が負傷したという。
 25日には首都リヤドの上空で同様のミサイルが迎撃され、破片でエジプト人1人が死亡、2人が負傷していた。
2018.03.31 NHK 岩国基地 艦載機移転完了 東アジア最大規模の米軍航空基地に <1804-033102>
 米空母艦載機部隊は、在日米軍の再編計画に基づき、昨年8月以降、段階的に厚木基地から岩国基地に移転を進めてきたが、29日から30日にかけて F/A-18 12機が岩国基地に到着した。 中国四国防衛局によると、31日に米側から艦載機の移転は30日に完了したという連絡が入ったという。
 これで岩国基地は、配備機数が120機とこれまでの二倍になり、数では東アジア最大規模の米軍の航空基地となった。 米軍は今後、厚木基地に ある司令部を岩国基地に移すことにしている。
2018.03.31 毎日新聞

(Yahoo)

防衛省 米海軍への補給17件 17年4~12月 <>1804-033101>
 防衛省が30日、海上自衛隊が昨年4~12月に安全保障関連法に基づき弾道弾の警戒などにあた る米海軍艦船に、食料や燃料を提供した事例が計17件だったと明らかにした。 警戒中の米軍へ の物品提供は、具体的手続きを定めた改正日米物品役務相互提供協定 (
ACSA) が昨年4月に発効した のちに始まった。
 安保関連法に基づく新任務では、自衛隊による米艦や米航空機の防護も昨年2件あった。
2018.03.30 Military Times In private, Trump has mused about Syria pullout for weeks <1804-033002>
 トランプ米大統領が29日に行った演説で、シリアに派遣している米軍を数週間以内に撤退させ ると述べた。 大統領は2月中旬に政権幹部の会合で、ISISに対する勝利宣言をできるだけ早く行って米軍を撤退させたいと述べていた。
 これについて欧州の外交筋は、対ISIS戦で正面で戦ってきたクルド軍がトルコのAfrin侵攻を受けて兵 力を転用したため今月上旬以降戦況が進展していないことを憂慮していると述べている。
【註】
 トランプ政権はトルコのAfrin侵攻の際に米軍をAfrinに派遣してトルコの侵攻を阻止しなかったのに加え、トルコが次に狙うManbjiから米軍部隊を撤退させればトルコの 攻撃を許し、対ISIS戦で貢献したクルドを裏切ることになり、今後の対ISIS及び対アサド政権との戦いに大きな禍根を残すことになる。
2018.03.30 Defense News Russia tests new intercontinental ballistic missile <1804-033001>
 ロシア国防省が30日、Sarmat ICBMの初期発射試験に成功したと発表した。 Sarmatはソ連時代に開発され西側でSatanと呼んでいた 世界最大のICBM Voyevodaの後継で、西側ではSatan 2と呼んでいる。
 Sarmatについてはプーチン大統領が3月上旬に、重量が200tでSatanより強力な弾頭をSatanより数多く 搭載し、極軌道を飛べば地球上のいかなる場所をも攻撃できるとしていた。
【関連記事:1804-030209 (DU 2018.03.02)】
2018.03.29 Stars & Stripes Syrian town expects US to fend off Turkey's threat of attack <1804-032904>
 3月上旬にAfrinを墜としたトルコがManbjiに軍を進めようとしており、そうなればトルコ軍はManbjiでクルド軍と行動している 米軍と直接対峙することになる。
 この事態を回避するためトルコと米国は30日に協議するが、トルコが思いとどまるかは不透明である。
2018.03.29 Jane's 360 EU unveils military mobility plan to accelerate pan-European deployments <1804-032903>
 欧州委員会が28日、11ページからなるNATOを支援する行動計画 "Action Plan on Military Mobility" を公表した。 計画はNATOや欧州防衛庁 (
EDA) と連携して数千万ユーロをかけて輸送インフラを改善しようと いうもので、欧州委員会の輸送担当理事はこの計画がEU加盟国全てを対象とするもので 'Schengen' の軍事版ではないと述べている。
2018.03.29 産経新聞 EU、軍事版「シェンゲン」構築へ 部隊・兵器の域内輸送を迅速化 <1804-032902>
 EUの欧州委員会が28日、NATOと連携してロシアの脅威に備えるため部隊や兵器の域内移動の迅速化に向けた 行動計画を公表した。 欧州諸国の国境検問を廃止し、自由往来を定めた協定になぞらえ、軍事版「シ ェンゲン」と呼ばれる。
 計画の中心は部隊や兵器輸送に関連する道路や橋、鉄道といったインフラ整備と規制及び事務手続きの簡略化するもので、今年半ばまでに必要な 基準をまとめ、優先すべき事業の選定などを行う。 インフラ整備にはEU予算からの拠出も検討する。
【関連記事:1511-102003 (毎日 2015.10.20)】
2018.03.29 聯合ニュース

(Yahoo)

ステルス戦闘機F35A 韓国1号機の引き渡し式=40機配備へ <1804-032901>
 韓国の購入したF-35A一号機の引き渡し式が28日に行われた。 今回の1号機を含め、今年生産 される6機のF-35Aは米アリゾナ州で韓国軍操縦士と整備士の教育訓練に使用される。
 F-35A 40機は来年上半期から順次韓国に導入され、2021年までに配備される。
2018.03.28 Stars & Stripes Poland signs $4.75 billion deal to buy US Patriot air defense systems <1804-032803>
 ポーランドが総額$4.75BにのぼるPatriotの購入契約に署名した。 デューダ大統領によると同国にとって過去30年間最 大の装備購入契約であるという。
 購入するのは発射機16基レーダ及び射統装置4基と言う。
2018.03.28 Defense News South Korea eyes French design for indigenous nuclear sub, sources say <1804-032802>
 複数の韓国海軍筋が、韓国海軍がフランスのBarracuda級5,300t原潜をモデルにした5,000t級原潜の建 造を検討していることを明らかにした。
2018.03.28 産経新聞

(Yahoo)

カナダと外務・防衛次官級協議の開催で一致 <1804-032801>
 河野外相が27日、フリーランド加外相と都内で会談し、外務防衛担当の次官 級協議を早期に開催することで一致した。
 6月に次官級による経済協議も実施し、2国間の安全保障、経済分野における協力を深化させていく方針を確認した。
2018.03.27 Stars & Stripes Navy's F-35C closer to operational status after carrier qualifications <1804-032705>
 艦載型F-35であるF-35Cの艦隊評価が3月17~21日に大西洋上の空母Abraham Lincolnで行われ完了した。
 艦隊評価では昼夜間に於ける拘束着艦140回行われた。
2018.03.27 Stars & Stripes USS Theodore Roosevelt returns to Pacific after Middle East mission <1804-032704>
 ペルシャ湾での4ヶ月に及ぶ作戦を終えた空母Theodore Rooseveltとその
CSG太平洋に戻り 再び第7艦隊と合流する。 Theodore Roosevelt第3艦隊推進計画で第3艦隊が西太平洋 に派遣した空母2隻のうちの1隻Carl Vinsonは1月にサンディエゴを出航している。
 Theodore Roosevelt CSGには巡洋艦Bunker、駆逐艦HalseySampsonPrebleのほか、第17空母航空団が随伴している。
2018.03.27 Defense News Videos raise questions over Saudi missile intercept claims <1804-032703>
 イエメンの武装勢力がサウジアラビアに向けてBMを発射したのに対し、サウジは7発全てを撃墜したと発表しているが、 ネット上の映像を見るとこの発表は疑わしい。 25日夜の映像では、発射されたPatriot 1発が突然コースを変えてリヤド近郊に 墜落爆発している。 その他もリヤドで発射直後に破裂している。
 専門家によるとサウジは1980年代後半に開発されたPAC-2に大きく依存しているという。
【註】
 PAC-3弾はPAC-2弾のようなHE弾頭は搭載していないことから、地上に落下して、あるいは空中で破裂したとなるとPA-2弾の可能性が高い。
2018.03.27 朝日新聞 ロシア軍、択捉島を拠点に迎撃訓練 基地化進む可能性 <1804-032702>
 InterFax通信が、ロシア軍が26日に択捉島の空港を拠点に周辺空域でSu-35が迎撃訓練をし たことを明らかにしたと報じた。 訓練をしたのは、ハバロフスク地方の基地所属の2機で、訓練後に基地に戻った。  択捉島にはソ連時代に戦闘機が常駐していたが、現在常駐する航空部隊はヘリコプタ部隊だけ とみられており、2月に同空港を軍民共用にすると発表して以来、本格的な軍事利用が明らかになるのは初めてで、今後基地化 が進む可能性もある。 基地化が進んで戦闘機が配備されれば、周辺空域のロシアの戦闘力が大幅に向上することになる。
2018.03.27 NHK 陸上自衛隊「陸上総隊」きょう発足 創設以来最大の組織改編 <1804-032701>
 陸上自衛隊が64年前に創設されて以来最大規模となる組織改編を行い、陸上総隊を27日に発足させる。
 陸上総隊は、防衛大臣の指揮下に方面隊の管轄を超えて全国の部隊を一元的に運用する組織で、水陸機動団も直接の指揮下に入る。
2018.03.26 Stars & Stripes Army aims to flight test Precision Strike Missile in 2019 <1804-032604>
 米陸軍が
ATACMSの後継として2027年のIOCを目指して開発している精密打撃ミサイル PSM発射試験を2019年に開始する計画である。
2018.03.26 Defense News Give Taiwan the F-35 to deter China, top senators tell Trump <1804-032603>
 米上院の共和党幹部2名が26日にトランプ大統領に書簡を送り、台湾へF-35またはF-16Vを 売却するよう要求した。
2018.03.26 産経新聞 オスプレイ5機 千葉・木更津に 佐賀難航、暫定配備へ 防衛省 <1804-032602>
 防衛省は今後4年間でOsprey 17機を導入し佐賀空港に配備し、今月27日に相浦駐屯地で発 足する水陸機動団と連携させ、南西諸島防衛の対処力と抑止力を強化する計画であったが、米軍のOsprey事故や、陸自のAH-64Dの民家墜落など で計画通りの佐賀配備が難しい状況となっている。
 このため、今秋までに納入される最初の5機については木更津駐屯地に暫定的に配備する方向となった。 ただ、木 更津は佐賀に比べて南西諸島から遠く、島嶼攻撃など有事の際の対処が遅れる可能性もある。
2018.03.26 時事通信

(Yahoo)

サウジ、首都上空でミサイル迎撃=イエメン武装組織が発射 <1804-032601>
 中東のTV局アルアラビーヤなどが、25日にサウジアラビアの首都リヤドの北東上空でBMが迎撃されたと報じた。
 イエメンのシーア派系武装組織フーシ派のメディアは、指導者の公約を果たすためサウジの標的へミサイルを発射したと報じた。
2018.03.25 Military Times Two Army brigade combat teams will get to test an autonomous robot vehicle this year <1804-032504>
 米陸軍が来週、2個
BCT 10個中隊の実員によるSMETの部隊試験を実施する。
 SMETは装備1,000-lbを搭載して歩兵分隊に随行する自動操縦UGVで、今まで各種試験が行われてきたが部隊試験は初めてである。
 試験は4候補機種のうちの1機種を選定して実施される。
2018.03.25 産経新聞 在韓米国人の大規模退避訓練実施へ ボランティア参加者約100人を米本土まで移送 <1804-032503>
 Stars & Stripes紙が23日、米軍が4月1日から開始される米韓合同軍事演習に合わせて在韓米国人の大規模な国外退避訓練を行うと報じた。  同紙によると、退避訓練は "Focused Passage" と名付けられ、北朝鮮との間で戦争が起きたという想定で、4月16~20日の日程で行われる。
 米軍は毎年春と秋に米軍人の家族と軍属を対象に日本への退避訓練を行っているが、今回は初の試みとしてボランティアの参加者 100名を実際に米本土まで移送する。
2018.03.25 産経新聞 「未来の戦争への演習」 中国空軍が西太平洋と南シナ海で同時訓練 <1804-032502>
 中国空軍報道官が25日、未来の戦争の予行演習で最も直接的な軍事闘争への準備だと称して、H-6KやSu-30などの空軍機が宮 古海峡を通過して西太平洋で演習を実施し、同時にH-6KやSu-35などが南シナ海で
CAPを実施したとの声明を発表した。 時期は明らかにしていないが、防衛省は23日に中国軍の爆撃機など8機が宮古海峡を通過したこ とを確認していた。
 中国国防省は23日、海軍も近く南シナ海で実戦演習を行うと発表しており、空母遼寧も参加する可能性がある。
2018.03.25 毎日新聞

(Yahoo)

日中両政府 「海空連絡」合意へ 衝突回避、地域明示せず <1804-032501>
 複数の日中政府関係者が、両国が5月に東京で予定する安倍首相と李克強首相との会談に合わせて、両国の艦艇や航空機 による偶発的な軍事衝突を避けるための海空連絡メカニズム運用開始で正式合意する調整に入ったことを明らかにし た。
 尖閣諸島を巡る対立を背景に、対象地域をどのように表記するかの調整が難航していたが、地域を明示しない案で折り合うことで合意を優先 する。
2018.03.24 時事通信

(Yahoo)

ベトナム、南シナ海の油田開発中止=中国の圧力で <1804-032402>
 BBC放送が23日、ベトナムが中国と領有権を争う南シナ海の海域で計画していた油田開発の中止 を決めたと報じた。 中国の圧力が理由としており、南シナ海問題をめぐる同国の強硬姿勢に屈した
 ベトナム政府が石油掘削を認めたスペインのレプソルに社対し、ベトナム国営の石油ガス企業が停止を求めたという。
2018.03.24 産経新聞 トランプ氏「2度と署名しない」 歳出法成立も恨み節、国境の壁費用で不満 <1804-032401>
 トランプ米大統領が23日、FY18の歳出法案に署名した。 議会が23日までに可決させた総額$1.3Tの法案は、大統領 の署名で成立する予定だったが、大統領は同日朝にツイッターで、壁建設費などの不法移民対策の費用が法案に十分に反映されていないと批判し、拒否権を行使すると 宣言していた。
 現行のつなぎ予算が23日に期限切れとなるため、大統領が署名を拒否して法案が成立しなければ、24日から政府機関の一部が閉鎖に追い込まれる状況となっていた。  今年1月にはつなぎ予算案が成立せず、約4年ぶりの政府閉鎖が起きていた。
2018.03.23 Inside Defense MDA exploring potential of SM-3 Block IIA against ICBM threat <1804-032306>
 北朝鮮によるミサイル脅威の高まりを受け、米MDAがSM-3 Block ⅡAをICBM迎撃に活用しようとしている。
 MDAはSM-3 Block ⅡAを
GMDの補完用として検討している。
2018.03.23 Stars & Stripes Kurdish rebels withdraw from Iraq's Sinjar <1804-032305>
 イラク北部のSinjarに駐留していたクルド労働者党 (
PKK) の部隊は、トルコのエルド アン大統領が攻撃すると脅しているのを受け23日に撤退した。 トルコは先週PKKのキャンプに対し 空爆を行っている。
 PKKはSinjarに住むヤジディ教徒をISISの虐殺からPeshmergaと協力して護るため、2015年にSinjarに入っていた。
Sinjar の位置 (Google Map)】
2018.03.23 Defense News France tests radar to detect and track ballistic missiles, satellites <1804-032304>
 フランスがDRTLP(註:フランスの防衛研究局)と
OTHレーダをミサイル防衛に使用しようとしている。 また同 レーダは衛星の捕捉追随も視野に入れいているという。
 Oneraが22日、昨年末にミサイルの捕捉追随実証試験用として同レーダの1/8モデルを受注したと発表した。 高さ20mの試作品 は昨年、Biscarrosseミサイル試験場内のHourtinに向け搬送されている。
2018.03.23 産経新聞

(Yahoo)

中国軍機、特異飛行 空自機がスクランブル 沖縄付近で <1804-032303>
 防衛省が23日、同日午前から午後にかけてH-6 4機、Tu-154 偵察機1機、Y-6 ELINT機1機な ど計6機の中国軍機が、沖縄本島と宮古島の間の公海上空を東シナ海方面から宮古海峡上空を通過したと発表した。  中国軍機は太平洋に出た後に反転して中国大陸へ向かった。 またほぼ同時刻に戦闘機とみられる2機も東シナ海方面から沖縄本島と宮古島付 近まで飛行した。
 このルートで中国軍機の飛行が確認されたのは2017年12月20日以来となる。 防衛省は特異な飛行と判断し中国側の意図を分析している。
2018.03.23 ロイタ通信

(Yahoo)

米駆逐艦、南シナ海で中国造成の人工島付近を航行=当局者 <1804-032302>
 米当局者が、米国海軍の駆逐艦Mustin航行の自由作戦として23日、南シナ海で中国が造成した人工島から 12nm内を航行したことをし明らかにした。  この当局者によると、Mustinは南シナ海スプラトリー諸島のMischief礁付近を航行したという。
2018.03.23 時事通信

(Yahoo)

米軍の豪駐留隊員、過去最高に=中国けん制、日本と訓練も <1804-032301>
 オーストラリアのペイン国防相が23日、同国北部に近く巡回駐留する米海兵隊員過去最高の1,587 名になると発表した。 巡回駐留は今年が7回目で、戦略の重心をアジア太平洋に移す当時のオバマ政権が打ち出したリバランス政策の一環でスタートした。
 北部ダーウィンで10月までの半年間、豪州軍に加え、日本、フィリピン、インドネシア、マレーシアなどと軍事訓練を行う。 米海兵隊は 同盟国と軍事訓練を行い、南シナ海の軍事拠点化など海洋進出を活発化させる中国をけん制する。
2018.03.22 Defense News Congress provides $3.3 billion boost for missile defense in FY18 spending bill <1804-032205>
 米国議会FY18国防予算でBMD関連にMDA要求の$9.5Bに$3.3Bを追加 した。 このうち$2Bは昨年12月の補正分であるため、FY18の総支出は$11.5Bになる。
 FY19で議会は、THAADの調達費を$165M増額して$617Mとしたほか、SM-3 Block ⅠBの調達をFY18より$178M多い$632MとしSM-3 Block ⅡAにも$137Mを追加した。 更に イスラエルのIron DomeやArrow 3の開発などの支援に、要求にり$558M多い$706Mを査定した。
2018.03.22 Inside Defense MDA delays EPAA Phase 3 plans from 2018 to 2020 due to construction setbacks <1804-032204>
 米国防総省がポーランドにAegis Ashoreを配置する
EPAA第二段階の時期を、設備建 設の遅れから2018年から2020年に延期する。
2018.03.22 Inside Defense Pentagon eyeing new mission for F-35 Joint Strike Fighter: ballistic missile defense <1804-032203>
 米MDA長官グリーブス中将が上院軍事委員会で22日、国防総省がF-35の新任務としてBMDへの寄与を検討していると述 べた。
 米軍は2,456機整備する計画のF-35に、敵のBM発射探知と追随させる検証を計画しているという。
2018.03.22 日経新聞 モルディブ、非常事態宣言を解除 中印衝突回避へ <1804-032202>
 モルディブヤミーン政権が22日、2月5日に発令した非常事態宣言を解除すると発表した。  一時は政権側を支持する中国と非難するインドの間で緊張が高まっていた。 解除の理由と して治安上の懸念がなくなったことを理由に挙げテイルが、政権側が中国からの支援に期待できなくなったという事情も覗える。
 今回、大統領が宣言解除を決めた背景には、インドや米国からの外圧もあったもようで、最大野党党首のナシード元大統領は、非常事態宣言は根拠がなく憲法違反と非 難し、インドに軍と特使を派遣するよう要請したため、インドはモルディブ周辺に艦船を増派した。
 インド政府筋によると、政権を支持する中国は数隻の艦船をモルディブ近海に派遣し、2月22日ごろに中国艦がインド艦から 50kmまで接近したためインドは、30kmにまで近づけば警報弾を撃つと警告した。 その結果中国艦は400kmまで退いたという。
2018.03.22 NHK 中国 海警局部隊を軍指揮下の武装警察傘下に <1804-032201>
 中国国営新華社通信が21日、中国共産党と国の大規模な機構改革案を発表した。 それによると尖閣諸島の沖合で日 本の領海への侵入を繰り返している中国海警局の部隊は武装警察の傘下に置くとしている。
 武装警察は今年から軍の指揮下に置かれていることから、海警局の部隊が海軍と連携するなどして尖閣諸島周辺での 活動を活発化させる可能性がある。
2018.03.21 Jane's Defence Weekly Russia deploys two frigates to Eastern Mediterranean <1805-032110>
 ダマスカス東部に勢力圏を持つ反政府勢力に米国が干渉しようとしているのを受け、ロシア東地中海における 海軍戦力構築を目指している。
 ロシア海軍のAdmiral EssenPytivyyフリゲート艦2隻が3月12~13日にポスポラス海峡を通過したの を船舶監視組織が確認しているが、Admiral Essen射程2,500kmのKalibr CMを装備している。
 また露国防省は3月15日、黒海艦隊を計画通りセバストポリから地中海に移動させたと発表した。
2018.03.21 Jane's Defence Weekly China to develop J-20 variants, begin research on 'sixth-generation' fighter <1805-032109>
 中国国営英字紙China Dailyが3月13日、第13回全人代でAVIC社の科学技術担当の高官がJ-20戦闘機の新型を開発していることを明らかにした。  新型の詳細は明らかにされていない。
 AVIC社はFC-31の輸出を計画しているが、空軍はJ-20の輸出は認めないと見られるという。
2018.03.21 Jane's Defence Weekly Seouk signs for additional Taurus cruise missieles <1805-032108>
 韓国Taurus KEPD 350K
ALCM 90発を追加発注したことが3月 13日に報じられた。 その半年前にTaurus KEPD 350K初の発射試験がF-15K SLAM Eagleで行われている。
 Taurus KEPD 350Kは2013年11月に170~190発が発注されている。
2018.03.21 Jane's Defence Weekly Japan commissions first Asahi-class destroyer <1805-032107>
 海上自衛隊が3月7日、4隻建造するあさひ型護衛艦 (25DD) の一番艦あさひを就役させ、佐世保を基地とする 第2護衛隊群に配属した。 全長51m、基準排水量5,100tのあさひ
COGLAG推進で、2016年10月に進水した。  二番艦のしらぬいも2017年10月12日に進水している。
 次いで3月12日には、そうりゅう型九番艦せいりゅうも就役し横須賀の第2潜水隊群に配属された。
2018.03.21 Jane's Defence Weekly US Air Force retires Predator UAV <1805-032106>
 米空軍が3月9日、23年間にわたって使用してきたMQ-1 Predator最後の実運用飛行を終えた。
 空軍は過去10年間Predatorを退役させMQ-9 Reaperに引き継ごうとしてきたが、現場からの要望でMQ-1を維持し続けてきた。
2018.03.21 Jane's Defence Weekly Kratos secures clearance to market Mako 'unmanned wingman' internationally <1805-032105>
 米国務省が3月13日、Kratos社製ジェット推進UAVのUTA-22 Makoの輸出を認める決定をした。 同社は今後欧州やアジア太平洋諸国への売り込み を行う。
2018.03.21 Jane's Defence Weekly Russia shows Kinzhal hypersonic missile <1805-032104>
 ロシア国防省が3月10日、MiG-31BMに搭載したKh-47M2 Kinzhal超高速精密誘導ミサイルの発射訓練映像を公表した。  このミサイルは3月1日にプーチン大統領が集会での演説で公表した速度Mach 10射程2,000kmのミサイルで、発射試験 は2017年12月1日に行われている。
 このミサイルは外観と寸法から9K720 Iskanderが使用する9K723弾とよく似ていて、ノーズや制御部分に違いはあっても ロケットモータは同じもののようである。
2018.03.21 Jane's Defence Weekly GlobalEye makes maiden flight <1805-032103>
 Saab社が製造しているGlobalEye
AEW&C機が、ロールアウトから僅か19日の3月14日に初飛行 した。
 この機体はUAE向けで、Bombardie社製Global 6000にSaab社製ErieyeERを搭載している。 ErieyeERはGaN素子を採用 したAESAレーダで、従来のErieyeと同じドーサルプランクに収納されている。
2018.03.21 Jane's Defence Weekly India advancing navy, army 'mission mode projects' <1805-032102>
 インド
DRDOが陸海軍向けに5件の新大型プロジェクトをINR196.93B ($3.03B) で進めている。
 そのうち2件は陸軍向けの中距離SAMPinaka誘導MRLで、残りの3件は海軍向けで国産空母 に装備する長距離SAMSLCMAIP推進装置になっている。
2018.03.21 Jane's Defence Weekly China begins work on sixth Type 055 destroyer at Dalian <1805-032101>
 民間の衛星が2017年12月21日と1月3日に撮影した画像から、中国がType 055駆逐艦六番艦の建造を大連の造船所で開始 したことが明らかになった。 その横にある乾ドックでは3番艦と4番艦の組み立てが最終段階に入っている。
 一方、上海に近い江南造船所では一番艦と二番艦の建造が進められており、2017年11月には五番艦の建造も開始されて いる。
【註】
 Type 055はType 052Dを40%大型化した排水量10,000tの駆逐艦で、VLSのセル数は前部に64、後部に48、合わせて112セルになっている。
【関連記事:1709-071216 (JDW 2017.07.12)】
2018.03.21 Jane's 360 Senior DoD technologist favours kinetic boost-phase intercepts in the near term <1804-032107>
 米国防総省で軍事技術を担当するGriffin第一次官が21日に行われたBooz Allen Hamilton/CSBA Directed Energy Summitで、ブースト段階のミサイル を迎撃するのは当面、
DEWによるよりミサイルによる方が適していると述べた。
2018.03.21 Military Times Need to destroy a bunch of drones? New technologies target them and take them out <1804-032106>
 米陸軍とRaytheon社が
C-UAVとしてHPMHELの試験MFIE を2017年12月にオクラホマ州Ft. Sillの陸軍火力センタで実施した。
 この試験ではHPMで33機HELで12機合わせて45機のUAVを撃墜した。 Raytheon社はHPMと HELの組み合わせが有効と見ている。
2018.03.21 Defense News Laser weapon for KC-135 'still in the infancy stage' <1804-032105>
 米空軍当局者が19日、空軍は戦闘機やガンシップに搭載する
HPM兵器を開発しているが、この兵器を他のKC-135空 中給油機など他の航空機に搭載することも検討していると述べた。
 Lockheed Martin社は空軍との$26.3M契約で、SHiLDを開発している。 SHiLDはポッド搭載で、電源装置、 冷却装置、ビーム制御装置などが組み込まれる。
2018.03.21 Defense News Norway could agree to additional US Marine presence by summer <1804-032104>
 現在ノルウェーにはノースカロライナ州Camp Lejeune駐屯第6海兵連隊第1大隊から300名の海兵隊が派遣され駐留し ているが、ノルウェー国防相は駐留米軍の増強を要望している。
2018.03.21 Defense News France ups weapon study funds for future jet, tank, aircraft carrier <1804-032103>
 フランス将来装備の構想研究費を€2.8 ($3.4B) まで引き上げるという。 この中には大 型兵器の概念設計に€1.8B、現在€730Mである装備品の構想研究を2022年までに€1Bに増額することなどが含まれている。
2018.03.21 Defense News U.S. Army successfully demos laser weapon on Stryker in Europe <1804-032102>
 在欧米陸軍がこの週末にStrykerに搭載したレーザ兵器
MEHELによる 実射試験に成功した。 MEHELは5kWのファイバレーザで、陸軍が2017年春にMFIE計画の一環として行った 試験では12機のUAVを撃墜している。
 在欧米陸軍はレーザと平行したC-UAV計画としてRF兵器であるCMIC計画も進めて いる。
2018.03.21 Jane's 360 South Korean KUS-FS MALE UAV continues flight trials as development draws to a conclusion <1804-032101>
 韓国が開発中のKUS-FS MALE UAVが今年後半に開発を完了する見通しである。
 17日に画像が公開されたKUS-FSは2012年に初飛行したかつてMUAVと呼ばれていた全長11m、翼端長25mのMQ-9 Reaper級MALE UAVで、巡航速度 169kt、航続距離1,852km、滞空能力32時間、実用上昇限度50,000ftの性能を持つ。