非殺傷型 DEW 戦に関する記事

年 月 日
出   典
標       題
要             旨
2018.06.23 東京新聞 東シナ海、米軍機にレーザー照射 中国漁船か、米紙報じる <1807-062302>
 Wall Street Journal紙が22日に米政府当局者の話として、東シナ海と周辺で昨年9月以降に米軍機に対するレーザ照射 20件以上起きたと報じた。 漁船から照射されたとみられ、うち数件は中国の漁船だったという。 当局者は一連のレーザ照射の 全てに中国が関与しているかどうか明言していない。
 使われたのは商業用の低出力レーザだったとみられるが、操縦士が一瞬目がみえなくなったり目を負傷する危険があった。
2018.06.22 産経新聞

(Yahoo)

キューバの米大使館で1人に症状 「音響攻撃」の被害は25人に <1807-062202>
 米国務省報道官が21日、キューバの米国大使館職員らが2016年秋以降、聴覚障害などの体調不 良を訴えた問題で、更に外交官1名に症状が確認されたと発表した。 最後に確認された昨年8月以来初めてで、被害を訴えたのは 25名となった。 米政府は何らかの「音響攻撃」を疑い、キューバ政府に調査を求めているが原因は明らかにな っていない。
 広州の米総領事館でも5月に職員がキューバと同様の症状を訴えている。
2018.05.02 Jane's Defence Weekly US warns pilots of unauthorised high-power laser activity on Djibouti <1806-050207>
 米軍が、ジブチで米軍機に対しレーザの不法照射があったとする
NOTAMを発令した。 NOTAMはFAAのウェブサイト に掲載され、4月14日~6月14日となっている。 レーザの照射地点は中国がジブチに建設した基地の沖合750mとされている。
 この事件に遭遇したパイロットによると照射されたのは青色レーザで、この波長のレーザは中国とロシアが艦載レーザ兵器とし て採用している。